サムライブルーの風

【侍青の風】ベルギー戦各選手採点とベルギーの選手の所属クラブの豪華さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のベルギー戦(FIFAランク5位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数)

日本代表(FIFAランク44位)

GK

川島(FCメスの主力・フランス) 6.2、6.4(81/0)+5 -1

1失点で済んだのは川島の何度かの好セーブがあったから。 攻撃ではロングパスを6回試みて、 2回は成功してその後の攻撃につながり、1回はミスキック、 残り3回はマイボールにはならなかったものの 正確なキックにはなっていた。

DF

酒井宏樹(マルセイユの主力・フランス) 6.1、6.6(41/0)+6 -2

この試合では守備で奮闘した。 ベルギーの決定機を、体を張ってブロックしたのは評価大。 それ以外でも、クリアー、カット、ブロックと何度も守備時に顔を出した。 一方、攻撃では難易度の高いショートパスを通したり、 狭い場所でボールキープをしたりした場面もあったが、 簡単にボールを奪われる場面も2回あった。

→酒井高徳(ハンブルガーSVの主力・ドイツ) 6.0、採点無し(40/0)+1 -2

スローインを味方に上手く合わせられず、 リターンパスを受けられなかった…。 マークを外せなかった味方にも原因はあるが、 ちょっと残念なプレーだった。 ただし、乾とのコンビで相手ペナルティエリア深くまで侵入したのは なかなか良いプレーだった。

吉田(サウサンプトンの主力・イングランド) 6.1、6.3(80/10)+6 -3

1失点の場面で相手のドリブルを止めることができなかったのが痛恨だった…。 それ意外の守備は、ほぼノーミスだっただけに残念なプレーだった…。 攻撃では得意のロングパスが今回は少なかったものの 3回試みて2回はその後の攻撃につなげることに成功した。 それ以外では、井手口のFKからのヘディングは惜しかった。 セットプレーからの得点がW杯本番で もっとも得点の可能性が高いと思うので、 こういう場面で決める可能性を高めてもらいたい。

槙野(浦和レッズ) 6.0、6.5(28/3)+6 -2

ブラジル戦とベルギー戦に連続フル出場し、 いよいよセンターバックのレギュラーの座を手に入れたか!? いまいち頼りないイメージがあるが、 この2試合のプレーの質は決して悪くなく、 世界屈指の強豪を相手に、むしろ安定したプレーを見せている。 でも、これまでのベンチ要員だった時の槙野と比べて、 一体何が良くなったのだろう…?

長友(インテルの主力・イタリア) 6.1、5.9(101/3)+1 -2

ルカクのゴールのとき、そのルカクの近くにいたのは長友だった。 長友にしては相手のセンタリングに対し、 中央にしぼって守備をしていたつもりだったのだが、 背後にいたルカクに簡単にゴールされてしまった…。 170㎝の長友と190㎝のルカクでは、 ハイボールの処理で圧倒的に不利になるのは仕方ないことだが、 もう少し抵抗できなかったものだろうか…。

守備的MF

山口蛍(セレッソ大阪) 6.0、6.5(38/2)+4 -2

守備で奮闘を見せた。 DFラインまで下がってボールをカットした場面が2回、 プレスをかけて相手ボールを奪った回数が2回、 それ以外でも何度も守備で貢献した。 しかし、その一方で、攻撃では横パスを奪われ ピンチを招くシーンも2回あった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

攻撃はパスと判断力のスピードの向上と仕掛けとワンタッチとワンツーで。【FCKSA66】

代表の戦い方はシンプルであるべき。代表はより個の力で戦うべき。【FCKSA66】

日本代表 ベルギー代表戦 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:946
  • 累計のページビュー:3547425

(12月05日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss