サムライブルーの風

【侍青の風】ハイチ戦各選手採点とW杯組み合わせで第3シードになれる可能性について

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のハイチ戦(FIFAランク48位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数)

日本代表(FIFAランク40位)

GK

東口(ガンバ大阪) 6.0、6.0(3/0)+1

3失点したものの、どれもGKの責任とは言えない失点だった。 それ以外ではファインセーブが1本あった。 ただし、攻撃の第一歩としての 正確なロングパスはほとんど無かった。

DF

酒井高徳(ハンブルガーSVの主力・ドイツ) 6.3、6.0(39/0)+4 -2

攻守に奮闘したものの、 2失点目の場面で相手をマークし切れなかったのは痛いミスだった…。 ただ、試合終了間際の香川のゴールにつながるミドルシュートは見事だった。 まあ、酒井宏樹や長友のバックアップの立場は変わらずか…。

昌子(鹿島アントラーズ) 6.0、5.9(7/0)+1 -3

攻撃面での貢献がほとんど無かった。 吉田麻也はロングパスで攻撃の起点になるが、 昌子にも、そういうプレーを見せてほしい。 (ちなみに現在は代表から外れているが森重もロングパスは得意だった。) 守備に関しては、今回は反省の多い内容だった…。 3失点目の場面では相手との間合いを空け、 見事なミドルシュートを叩きこまれた…。 その他にもドリブルを仕掛けられ、際どいシュートを打たれてしまった…。 吉田とセンターバックのコンビを組むときは 左寄りでプレーすることが多いが、 今回は右寄りでのプレーで感覚が狂ったのだろうか…? ただ、守備機会はかなり多く、その他の場面では奮闘していた。

槙野(浦和レッズ) 6.0、6.1(26/2)+3 -1

3失点に直接は絡んでいない。 競り合いやカットで好プレーも見せた。 しかし、守備機会の数では昌子の方が多かった。 評価はなかなか難しい…。

長友(インテルの準主力・イタリア) 6.5、5.8(99/3)+4 -2

倉田のゴールをアシストしたセンタリングは見事だった。 それ以外でもオーバーラップからのセンタリングを何本も見せた。 しかし、本業の守備では1失点目のゴールに直結する 中央へのパスを通され、 その後もプレスが甘く相手にシュートを打たれた場面があった。

→車屋(川崎フロンターレ) 6.3、6.1(1/0)+1

記念すべき代表デビュー戦で 3-3の同点につながる貴重なセンタリングを上げた。 それ以外でもオーバーラップからのセンタリングを何度か見せ、 存在感を発揮した。

守備的MF

遠藤航(浦和レッズ) 6.0、6.3(10/0)+6 -4

守備ではかなりボールを奪っていたが 攻撃では縦パスを2本通したりサイドチェンジをしたりと良いプレーもあったが 2回ボールをカットされたり簡単なパスミスをしたりと悪いプレーもあった。 中盤の底というポジションを考えれば もっと安定感を出してもらいたい。

インサイドハーフ

小林祐希(ヘーレンフェーンの主力で今季1点・オランダ) 6.1、5.8(4/1)+2 -5

当落線上の選手ということもあり、 かなりアピールをしようとプレーしていたように見えた。 そのため、一発で決定的なチャンスを作ろうとするスルーパスを 何度か試みていた。 その内、1本は成功したが、3本は失敗していた。 何かと似ていると言われる本田も 8年前の代表デビュー当時は同じようなプレーをしていた。 ここから所属クラブでさらに活躍を見せれば 代表に食い込む可能性はまだあると盲が、 守備ではマークにつき切れず1失点目を招いてしまったのは 中盤の選手としては痛いミスをしてしまった…。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フランス戦(Uー17) 【 そこは原理原則に近い要素。 】【FCKSA66】

【侍青の風】3失点したことよりも2万席も空席があったことの方が悔しい…(ハイチ戦 3-3)【サムライブルーの風】

10/14 <U17WC2017> 日本 vs. ニューカレドニア【POOH - San の蹴球見聞録】

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3529368

(11月19日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss