サムライブルーの風

【侍青の風】交代出場組の輝きとシリア戦の各選手採点(シリア戦 1-1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

得点者 今野 代表通算得点 今野4

W杯最終予選のイラク戦を前に 調整試合としてシリアと対戦した日本だったが、 前半は、まさに調整試合といった、ゆるい展開となった。

香川の負傷交代はあったものの、 来週のイラク戦に先発予定のそれ以外の選手たちの多くは、 自分の今のコンディションを確認するために、 あえて全力プレーを抑えているような印象だった。

調整試合だから、それはそれで間違ってはいないのだが、 サッカーの試合の初観戦に来てもらった会社の先輩に なんとも、申し訳ない展開になっていた。

その先輩は、 「満員のスタジアムにいる雰囲気だけでもおもしろいよ」 と言ってくれたけれど、 「サッカーってやっぱりこんなものか…」 とは思ってほしくなかった。

もっと激しい試合を観てもらいたい。 後半こそは、盛り上がってほしい! ハーフタイムの間、そう願っていた。

そして、後半に入り、本田、井手口、乾といった、 コンディションの確認よりも 自己アピールをすることに必死な選手が投入されると 試合はどんどんヒートアップしていった。

右ウイングの久保と代わって入った本田は、 右サイドではなく中盤の位置に入りゲームメークを行い、 ボランチの位置に入った井手口は 積極的な守備で何度もシリアからボールを奪った。

そして、なによりも乾が切れ切れのプレーを見せ、 鮮やかなトラップからのドリブルや、 意表をついたスルーパスで攻撃をリードしてくれた。

前半のできでは、いくら調整試合とは言え、 来週の最終予選のイラク戦が心配になってしまったが、 後半の積極性を見て、 たとえ、香川が負傷離脱しても、 代わりに本田や乾が輝いてくれるのではと感じた。

得点は今野の1点にとどまったものの、 後半の45分は、非常に興奮できる試合だった。 この日、初のサッカー観戦だった先輩も 「得点は少なかったけど、すごくおもしろかった!」 と言ってくれた。

これがきっかけで、 サッカーファンがまた一人増えてくれれば 言うことはない。

ただ、シリア代表は、最終予選に残っている国とは言え、 代表メンバーの所属クラブは、 シリア、ヨルダン、イラク、UAEなどの中東の国のクラブがほとんどで、 ヨーロッパのクラブに所属している選手は一人もいなかった。 なので、やはり1-1の引分けは、 物足りない結果と言わざるをえないかな…。

そんなわけで、 今回のシリア戦(FIFAランク77位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、 攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数)

日本代表(FIFAランク45位)

GK

川島(メスの主力・フランス) 6.0、6.0(74/0)+-0

失点のシーンはどうしようもなかった。 それ以外では、するどいミドルシュートを1本防いだぐらいで、 活躍の場面はあまりなかった。

DF

酒井宏樹(マルセイユの主力・フランス) 6.1、6.0(35/0)+-0

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

シリア戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。香川真司。今野泰幸。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】【FCKSA66】

なでしこジャパンvsオランダ 親善試合【球マニアのBLOG】

頭の悪いプレーを‘ひたむき’で ごまかしてはいけない【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:960
  • 累計のページビュー:3533731

(11月21日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss