サムライブルーの風

【侍青の風】新国立競技場の五輪後のサッカー用スタジアムへの改築について思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

新国立競技場について、久々に新しいニュースがあった。

2020年の東京五輪のときは 6万8千人収容の陸上競技場として利用され、 東京五輪が終わった後は 陸上トラック部分の上に固定式の客席を作って、 8万人収容の球技専用(サッカー、ラグビー、アメフト用)の スタジアムとして利用されるようになるらしい。

球技専用のスタジアムになることは サッカーファンとしては嬉しい。 ただ、そのスタジアムの観客席の構造が トラック上に作られる新設の1階席以外の席は 陸上競技場のときの位置のままであることに、 個人的にはモヤモヤしたものを感じる。

2階席や3階席を含めた全面改築なら良いけれど 1階席だけを新しくするような中途半端な改築では、 スタジアムのゴール裏の2階席以上は、 ピッチからの距離が遠く試合が見づらいままである…。

試合を横のタッチライン側から観戦することができる メインスタンドやバックスタンドにしたって、 2階席以上のスタンドは、 ピッチとの間に陸上トラックをはさんで作られている 陸上競技場としてのスタンドの位置のままなので、 臨場感や劇場感は決して高いものではない。

サッカーファンに分かりやすい例をあげるとしたら、 7万2千人収容の横浜の日産スタジアムの 2階席から見るピッチを想像していただければと思う。

いくらトラックがあった場所にスタンドを新設したとしても、 2階席以上のスタンドから見えるピッチの様子は 結局は遠く離れた景色にしかならないのだ。

それに加えて、トラックの上に新設されるスタンドだって、 後ろに2階席が(というより陸上競技場時代の1階席?)があるため、 それよりも高い座席を作ることはできないはずなので ゆるい傾斜のスタンドしかできずに、 決して見やすい席にはならないだろう…。

8万人収容のサッカー用のスタジアムと言っても、 6万人収容ではあるが、埼玉スタジアムの方が 結果的には一体感があって、 はるかに盛り上がれるスタジアムだと思う。

そんな新国立競技場で、 これから先、W杯のアジア予選をはじめとする日本代表戦や、 天皇杯決勝、ルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)決勝、 高校選手権決勝などの 日本サッカーの歴史をつむいでいく数々の試合が行われるのは 正直、ワクワクしない…、

「新国立競技場をリニューアルしたら、  サッカー用のスタジアムになる。」 サッカー関係者は全員そう感じて満足していると思われるのは 大間違いである。

今まで、散々、二転三転してきた新国立競技場の計画なので、 今回のニュースで言われていることが 最終決定となるわけではないと思う。

五輪終了後には、客席だけでなく、 建物全体に屋根をかけるという話もまだ可能性はあるらしいので、 世論の意見を聞いた後に、 また何かしらの変更が行われると考えている。

もし、そうならば、 ぜひ最初からサッカー用(ラグビー、アメフトも可)の 球技専用のスタジアムをつくってもらいたい。

現在の設計計画では、陸上トラックが使われるのは、 オリンピックとパラリンピックのたった1か月間だけである。

その1か月間のためだけに、 その後50年近くも行われるサッカーやラグビー、アメフトの試合が 見づらくなってしまうのは、 まったくもって、もったいないことだと思う。 しかも、そんなスタジアムを造るのに、 1500億円以上も使うのは、やはり納得できない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スペイン人系もりだくさん!〜千葉vs徳島(4月29日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

高校野球・大分県代表が勝てないのは【スポーツ えっせい】

2017年春季埼玉県大会2回戦(浦和学院×聖望学園 春日部共栄×越谷西)【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3464387

(07月16日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss