サムライブルーの風

【侍日本の風】東京ラウンド6試合の熱戦と12球団のユニフォームによる応援(イスラエル戦 8-3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

WBC2次ラウンド3試合目のイスラエル戦を観戦するために、 急いで仕事を終え、猛ダッシュで東京ドームに向かい、 なんとか試合開始直後ぐらいにスタジアムに入ることができた。

すると、スタンドは、ほぼ満員に膨れ上がっていた。 勝てば文句無しで決勝ラウンド進出という状況に、 多くの野球ファンたちが東京ドームに結集してくれた!

雰囲気は最高だ。 さあ、満員の観客の前で、輝け侍ジャパン!

まず、輝いたのは先発ピッチャーの千賀だった。 5回をヒット1本の無失点で抑えた。

セカンドラウンドで無失点に抑えた先発投手は千賀が初めてだった。 投げるボールはかなり荒れていたけど、 結果としては、ほぼパーフェクトの出来だった。 これは決勝ラウンドでも期待できる!

そして、6回裏に、 四番の筒香がバックスクリーン近くに飛び込む 文句なしのホームランを打ってくれた。

これまで、イスラエルにお付き合いをして、 0点行進だった日本だが、 この一本で流れが一気に日本のものになった。

「ゴールはケチャップのようなもので、  1点決まればドバドバ出てくる!」 と、サッカーの本田圭佑はかつて言っていたが、 全く同じことが野球にも言えた。 この後、打者一巡以上の猛攻を見せ、 一挙に5点を奪ってくれた。

さらに8回裏には、 ここまで気持ちいいヒットが少なかった青木にも2塁打が出て、 そこから始まった攻撃で、また3点を追加して8-0とし、 一週間以上続いた東京での1次&2次ラウンドを締めくくる 見事な猛攻を見せてくれた。

しかし、9回表に登場した牧田がイスラエル打線に捕まり、 あっという間に3点を奪われてしまった・・・。

「8回裏に3点追加しておいて本当に良かった…」 そう思ってしまうような展開になった…。 さっきまでの楽勝ムードが消えて、 いやな空気がドームに漂った。

この試合だけで考えたら、 もう勝ちは確定してると言ってもよい。

でも、2次ラウンドのオランダ戦とキューバ戦で 安定した投球を見せてくれた牧田がここで打ち込まれるのは、 決勝ラウンドに向けて、かなり不安要素になってしまった…。

でも、まあ、とにかく勝った! 1次ラウンドと合わせて6連勝を決め、 見事、アメリカでの決勝ラウンド進出を決めてくれた。

これで、4年前の山本浩二ジャパンに追いついた。 ここまで、不安というか逆風というか、 もはやバッシングさえ受けていた小久保監督も、 最低限のノルマをクリアーしたと言ってよいだろう。

とりあえずお疲れさま小久保監督。 「小久保監督の小粒ジャパン」と密かに思っていたけど、 この六試合で、打線が爆発し、 投手陣がふんばり、粘り強さも見せてくれた。

飛車角金銀落ちジャパンと言ってきたけど、 中田、坂本、松田、内川、青木などの 前回、前々回のWBC経験者たちは 元々高かった知名度をさらに上げ、 飛車角並みの存在感を感じさせてくれた。

山田哲人、筒香、菊池、秋山などの 野球ファンからすれば当たり前の名選手たちも、 見事に成金と言うかそれ以上の飛躍を見せて、 一般のスポーツファンの心に刻まれた。

あと、打率4割超えの小林という、 今大会最大のサプライズもあった。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

小久保ジャパン、東京ドームラウンドを終了し【スポーツ えっせい】

WBC決勝ラウンドを前に、よりフェアーな判定システムの構築を望む。集合知、人工知能、トラッキングシステム・・・【MLB 戦いの原理を求めて】

WBC決勝ラウンドの平日開催に改善を【プロ野球の魅力を語る】

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:173
  • 累計のページビュー:3493606

(09月14日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss