サムライブルーの風

【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブW杯決勝で、レアルマドリード相手に真剣勝負し、 結果的に2-4で敗れてしまったものの、 一時的には、2点を奪ってリードを奪った鹿島アントラーズ。

その後、C・ロナウドのハットトリックで逆転されてしまったが、 まさに世界最高のチームを相手に、 本当に見事な試合を見せてくれた!

おそらく誰も予想していなかった熱戦だったけど、 「鹿島なら、何かやってくれるのでは…?」 という、わずかな予感はあった。

攻められても攻められても、しぶとく守って、 数少ない決定的なチャンスをものにする。 そして、後半になって相手がバテてきたら、 怒涛の攻撃で相手をねじふせる。

その戦い方で、オセアニア王者、アフリカ王者、南米王者を 次々と蹴散らしてきた。

そんな鹿島なら、レアルマドリードが相手で、 90分間攻められまくっても、 決してあせらず、むしろいつも通りの展開だと感じながら、 虎視眈々と数少ないチャンスをうかがって、 そのチャンスを物にしてくれると思えた。

そして、それが実際に、 レアルマドリード相手にもできていた。

何と言うか…、本当にすごいチームだと改めて痛感させられた…。 本当に興奮&感動させられた。

レアルマドリードVS鹿島アントラーズを放送している日本テレビの 裏番組のNHKの大河ドラマ「真田丸」では、 主人公の真田幸村が、大坂夏の陣で、 江戸幕府を開き、日本を支配していた徳川家康を、 あと一歩まで追いつめていたけれど、 まさに、鹿島アントラーズの奮闘が、 王者・徳川家康に一矢むくいようとする 真田幸村に重なるような戦いぶりだった。

「鹿島アントラーズ、まさに日本(ひのもと)一のチームなり!」 そうつぶやいてしまうような戦いぶりだった。

そして、その鹿島アントラーズの中でも、 王者レアルから2点を奪った柴崎岳は、ひときわ輝いていた。

1点目は、左サイドからの土居のセンタリングを ペナルティエリア内でトラップし、 左に切れ込んでシュートを決めた。

2点目は、ペナルティエリアの外でボールをカットし、 レアルのDF陣3人に囲まれながらも、 ドリブルでかわして左足を振りふきミドルシュートを決めた。

なにこの輝きっぷり! まるで、FCバルセロナのメッシが乗りうつったかのような 切れ切れのプレーだった!

ジーコ、レオナルド、ビスマルク、本山が背負った 栄光の鹿島の背番号10を受け継いだ男が 己の力を世界中に見せつけることに成功した!

そんな鹿島アントラーズの戦いぶりにネットも騒然として、 「鹿島、日本代表よりも間違いなく強い!」 「もう鹿島をまるごと日本代表にすればいいじゃん!」 といったようなコメントが次々とつぶやかれていた。

確かに、今日の鹿島アントラーズの先発は全員日本人で、 そのまま日本代表としても全く問題ない。

個人的にも、今大会の鹿島アントラーズを、 そのまま日本代表として使うアイディアは 非常におもしろいと思ったので、 現在の日本代表の先発イレブンと、 今日の鹿島アントラーズの先発イレブンを ちょっと比較分析してみようと思った。

まずゴールキーパー。

日本代表は、西川(浦和レッズ)。 鹿島は、曽ヶ端。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

玉田復帰について【赤の血潮と、青の魂】

2016:クラブW杯:決勝:鹿島アントラーズvsレアル・マドリード「健闘するも後一歩届かず」【蹴鞠談議2】

CWC 決勝 レアル・マドリード戦 出航【アントラーズ晴れ時々曇り】

鹿島、延長で力尽きるものの大健闘の準優勝【スポーツ えっせい】

2016:クラブW杯:準決勝:鹿島アントラーズvsアトレティコ・ナシオナル「アジア勢初の決勝進出」【蹴鞠談議2】

VARの誤審詳細、ありがとうアトレティコ・ナシオナル、がんばれ鹿島アントラーズ【キキアシワアタマ】

CWC決勝”ホームのようでホームで無し”状態の鹿島に勝機はあるか?【でぷスポ13号館】

色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:3854
  • 累計のページビュー:3428893

(05月23日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss