サムライブルーの風

【リオ五輪の風】今さら、100m走決勝の観戦記、ウサイン=ボルト五輪三連覇!

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンピックのメイン競技の一つである陸上競技。 これまでの北京五輪、ロンドン五輪では 生観戦することができなかった。 しかし、今回、ようやくそれを観ることができる。 いやがおうにも興奮してしまう。

今日、行われる種目は、 走り高跳び、三段跳び、400m走、1500m走、 そして何と言っても男子100m走決勝がある!

やはり、ウサイン=ボルトの人気は圧倒的だった。 ボルトが会場に姿を現すだけでスタンド全体が反応する。

ただ、その一方で、まさにその瞬間に 自分の競技を行おうとする選手が ざわつくスタンドのせいで集中力を高めるのに、 ものすごく難しそうにしていた…。

また、ウサイン=ボルト登場以外にも、 400m走(男子)で世界新記録が更新され、 スタジアムの電光掲示板に 「World Record !」 と表示された瞬間は、スタンド全体がもりあがった。

しかし、まさにその瞬間に3段跳びをしようとしてる選手が、 雰囲気を盛り上げるための手拍子を自分自身で行い、 「一緒に手拍子をしてくれ!」 とスタンドに求めても、 みんな世界新記録の方に意識が行ってしまっていて、 ほとんど誰にも手拍子に参加してもらえず、 一人さびしくジャンプしている姿は、 心の底から気の毒だった…。

陸上競技って、一つのスタジアムで 同時にたくさんの競技が進行するので、 こういう切ないシーンも起こるんだな…。

まあ、それにしても、ウサイン=ボルトの 100m走決勝の注目度はものすごかった。

決勝進出者一人一人が電光掲示板に紹介され、 それぞれスタートラインにやってくる。 アメリカのジャスティン=ガトリンも有名なので 大きな歓声を浴びていたけれど、 やはり、ウサイン=ボルトが紹介されたときの歓声は 比べものにならないくらいに大きかった。

そして、各選手がスタートラインにつき、 クラウチングスタートのための姿勢をとる。 電光掲示板には 「Quiet Please !」(静かにしてください!) という表示までされる。

その他の競技では、こんな表示はされなかっただけに、 いかに100m走決勝がオリンピックにとって 特別なものなのかが分かる。

今日、このスタジアムを訪れた観客のほとんどは、 まさに、この瞬間のために、 高いお金払って来てるんだろうな…。 それとともに、ウサイン=ボルトの 史上初の100m走五輪3連覇達成という伝説を 目撃するために来たと言っても過言ではないんだろうな…。

ボルトが着ているジャマイカのユニフォームは、 定番の黄色がメインのデザインではなく、 メインスタンド側から見える右半身は黄色で、 オレが座っているバックスタンド側から見える左半身は黒色の 2色デザインだった。 オレの席からは黒いユニフォームにしか見えないので、 ジャマイカっぽさが、あまり感じられない…。

しかも、黒基調のユニフォームを着ている選手は ボルトの他にも何人かいたので、 8つのレーンで走る選手のうち、どれがボルトなのだか、 はっきりと分からない…!

そして、ついにレースがスタートした。 各ランナーが一斉にゴールに向かって弾丸のように走り出す! 「どれ? どれがボルトなの!?」 レースがおこなわれる約10秒の間、 ずっとそう思い続けていた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本代表はボールを奪えない!では、それを解決する方法を考えているか?【spoloveブログ】

【リオ五輪の風】今さら、男子サッカー決勝戦の現地観戦記【サムライブルーの風】

【車いすバスケ男子日本代表】2016' リオパラリンピック、イランを下しロンドンに続き日本9位。#AkatsukiFive【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

伝統校の衝撃的「改革」~中央大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

走り出す前にやるべきこと~秋冬のマラソンに向けて~【TeamAOYAMAブログ】

「逆襲」の紫紺の魂~明治大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2016年8月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

パラリンピックはオリンピックじゃないの?【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:98
  • 累計のページビュー:3464484

(07月16日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss