サムライブルーの風

【リオ五輪の風】今さら、バドミントン女子ダブルス決勝観戦記

このエントリーをはてなブックマークに追加

バドミントン女子ダブルス決勝、 本当に大熱戦だった。 デンマークが1点取ると、日本も1点取り返す、 まさにシーソーゲーム! 高さとパワーで押してくるデンマークに対し、 日本は技術とスピードで勝負だ!

第3ゲームで10-9の場面のときに、 デンマークのダブルタッチがあったように見えたが、 審判は1モーションとみなして、デンマークの得点となった。

しかし、リプレー映像で確認すると、 明らかにダブルタッチしている! でも、もちろん一度くだされた判定は覆らない…。

高松ペアには引きづらないでほしい! 切り替えて、次のプレーに集中してほしい!

オレの頭はそう考えていた。 でも、心の方は、まったくそう思うことはできなかった。

本当はこれで2点差がついて、 いい流れのままコートチェンジできていたのに…!

とにかく、デンマーク側に入った、この1点が、 勝敗に影響を与えなければいいけれど…。

大事な次の1点は、日本に入った。 日本が11点目を奪い、コートチェンジになった。 これでかなり気が楽になった。 このリードを守りたい。 このリードを保ちながら得点を重ねれば、金メダルだ!

しかし、コートチェンジ後、流れはデンマークに行ってしまった…。 高松ペアのリードはまたたく間に追いつかれ、 たちまち逆転されてしまった…。 16点ぐらいまでは、デンマークに1点リードされ、 その後に追いつくという展開になった。 点差をつけられるな、ミスをするな、あせるな…!

観客席では、日本もデンマークもすごい応援だ。 これまで観戦してきた卓球やレスリングは 日本の応援団が圧倒的に多かったけれど、 今回は両方の応援団の声量が拮抗している。 応援を弱めた方が負ける…。 そんな雰囲気すらあった…。

そして、日本人とデンマーク人だけでなく、 観客席にはブラジル人も、もちろん大勢いる。 観客席のブラジル人は、 声の大きい方の応援を後押しするような感じだった。 なので、なおさら応援を弱めるわけにはいかない…。

コートの上の熱戦と呼応するかのように盛り上がる観客席。 まさに、これこそがオリンピックだという感じがした。

そして、試合は、デンマークがたて続けに得点を奪い、 16-18とデンマークの2点リードとなった! 一瞬だけど、「もう、これまでか…。」という気持ちになった…。

でも、気持ちは落ちこんでいても、 声のボリュームは、無理やり上げた。 ここで応援を弱めて負けたら、絶対に後悔する。 自分ができることは、せめて、最後まで全力でやり切りたい。 最後まで、精一杯、声を出して応援したい!

オレと同じようなことを、 観客席の多くの日本人も思ったのか、 日本の応援は盛り上がりを増していった。 そして、ここから高松ペアが驚異的なねばりを見せ、 2連続ポイントを取り、18-18の同点に追いつき、 さらにもう1点追加して、19-18と逆転した!

この最終局面で、流れが再び日本に来たのだ! ほんの一瞬前まで、ものすごく遠くに感じた金メダルが、 一気に目の前までやってきたように思えた。

ゲームセットの21点まで、あと2点だ! いや、あと2点と思ってしまうと、 デュースになったときに勝てなくなってしまう気がするな…。 あと2点でも、3点でも、勝つまで何点でも取ってやる! 絶対に勝つ! ここまで来たら、絶対に金メダルだ!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リオ五輪韓国代表選手団の成績と韓国スポーツ政策の現住所【≪韓非資≫コラム】

リオの敗因は「経験不足」?それならば東京五輪世代には十分な国際経験を積ませよ!【spoloveブログ】

リオ五輪総括:陸上競技編【スポーツ えっせい】

バドミントン部・関東学生バドミントン秋季リーグ戦対早大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

バドミントン部・関東学生バドミントン秋季リーグ戦対明大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

リオ五輪総括:レスリング編【スポーツ えっせい】

足りなかったチームの一体感と繊細すぎたAパスありきのコンセプト 〜リオオリンピック 女子バレーボール〜【スポーツ宅急便】

バドミントン田児賢一 の誤りはスポーツ競技者の非道徳的特徴と一致【スポーツマーケティング探求記】

ブロガープロフィール

profile-iconhirohiko24

筆者の小学生時代の
林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた
「あだ名はナカジ」というブログを
連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、
スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は
ぜひ遊びに来てください。

  • 昨日のページビュー:82
  • 累計のページビュー:3395133

(04月23日現在)

関連サイト:「あだ名はナカジ」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss