サムライブルーの風

サッカー日本代表を中心に、サッカー全般やその他のスポーツについて書いたブログです。

hirohiko24

関連サイト:「あだ名はナカジ」

筆者の小学生時代の 林間学校や運動会、卒業式などのエピソードを元にして書いた 「あだ名はナカジ」というブログを 連載していますので、さくらももこ風のエッセイや、 スタジオジブリの「耳をすませば」が好きな人は ぜひ遊びに来 もっと見る
  • 昨日のページビュー:128
  • 累計のページビュー:3554015
  • (01月15日現在)

最新の記事

【美砂ロッコの侍青の風】高校サッカーの日程緩和の主張に対して思うこと

今回の記事が、スポナビブログでの最後の記事になると思います。 今後は、「FC2ブログ」で 同じく「美砂ロッコのサムライブルーの風」のタイトルで 記事を更新していきますので、良かったら検索してみてください。 以下の内容が、今回の本文になります。 高校サッカーの決勝を今年も埼玉スタジアムで観戦した。 今年の決勝戦(特に前半)は、 はっきり言ってあまり良くない意味で固い試合だったと思う。 (素......続きを読む»

【美砂ロッコの侍青の風】セレッソ大阪の天皇杯初制覇はしたものの不完全燃焼だった清武と柿谷

セレッソ大阪が横浜Fマリノスを2-1でやぶって天皇杯を制し、 ルヴァン杯に続き、2017年シーズンの2冠を達成した。 今のセレッソは、杉本、清武、柿谷、山口蛍、山村、水沼といった ロンドン五輪世代の選手が中核となっていて、 その選手たちが、この決勝戦でも輝きを放った。 特に、この決勝戦で大活躍を見せたのが、 1得点1アシストの水沼宏太だった。 セレッソの1点目は、水沼の強烈なミドル......続きを読む»

【侍日本&侍青の風】プロ野球・Jリーグのガチンコ観客数対決2017

2012年からスタートして、 なんとなく恒例行事になりつつあるが、 今年もプロ野球12球団、J1リーグ18チクラブ、計30チームの ホームゲームにおける1試合の平均観客数や観客数の前年比などを調べてみたら 以下のようになった。 順位 チーム名 平均観客数 昨年比 年間の総観客数 1位 阪神タイガース 42,1476人 103% 3,034 ,626人 2位 ジャイアンツ 41,675人 ......続きを読む»

【美砂ロッコの侍青の風】ハリル監督解任論がにぎやかな中で思うこと(どちらかと言えば擁護派)

北朝鮮戦(視聴率11.3%) 1-0  得点者 井手口1 代表通算得点2 中国戦(視聴率10.7%) 2-1  得点者 小林悠1 代表通算得点1 昌子1 代表通算得点1 韓国戦(視聴率9.7%) 1-4  得点者 小林悠1 代表通算得点2 来年のロシアW杯に出場できず、 若手主体で東アジア選手権に臨んだ北朝鮮や中国にやっと勝ち、 W杯に出場する韓国には同じヨーロッパ組抜きの対決で ......続きを読む»

【侍青の風】川崎フロンターレ悲願の初優勝と中村憲剛の男泣き

2017年のJ1リーグは 最終節で2位のフロンターレがアルディージャを5-0でくだし、 1位だったアントラーズがに0-0の引き分けで終わり、 勝点72で並んだ状態で、得失点差でフロンターレの優勝が決まった。 家の2台のテレビで2試合を同時に観戦していたが、 フロンターレが2点をリードした時点で、 フロンターレの勝利を確信し、 アントラーズVSジュビロの方に意識を集中して観戦した。 試合は......続きを読む»

【侍青の風】浦和レッズ、「完全ホーム」の埼玉スタジアムでアジアを制覇!

埼玉スタジアムは満員だった。 そしてゴール裏だけではなくオレが座っていたバックスタンドからも 大きな声援がピッチに向けて送られていた。 このバックスタンドに座っている人の中にも この試合を観戦ではなく参戦しに来ている人が多くいる。 「完全アウェー」という言葉をよく聞くけれど、 「完全ホーム」という言葉はあまり聞かない気がする。 でも、この日の埼玉スタジアムは、 試合前のコレオグラフィ―を......続きを読む»

【侍青の風】ベルギー戦各選手採点とベルギーの選手の所属クラブの豪華さ

今回のベルギー戦(FIFAランク5位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数) 日本代表(FIFAランク44位) GK 川島(FCメ......続きを読む»

【侍青の風】夢を見させてくれる選手が不在の現在のハリルジャパン(ベルギー戦 0-1)

今のベルギーは確かに強い。 チェルシー、バルセロナ、パリSG、 マンチェスターC、マンチェスターU、 リヴァプール、トッテナム、ナポリといった、 チャンピオンズリーグに出場するクラブに 所属している選手を何人もかかえている。 それに対し、今の日本代表の選手の中で チャンピオンズリーグに出場している選手は1人もいない。 (香川が代表に選ばれていれば、少なくとも1人になるのだが) そのチーム......続きを読む»

【侍青の風】「20周年を迎えたジョホールバルの歓喜」と「エースの交代」

今日は2017年11月16日、 ちょうど20年前の1997年11月16日に、 日本代表はアジア第3代表決定戦でイラン代表を3-2で倒し、 初めてのW杯出場を決めた。 今回は、それを記念して、 加茂ジャパンから第一次岡田ジャパンについて振り返ってみたい。 「ドーハの悲劇」でサッカーに一目ぼれしたオレは 1994年末からスタートした加茂ジャパン(最後は岡田ジャパン)にも いろいろな気持ちを味......続きを読む»

【侍青の風】ブラジル戦各選手採点と、日本とブラジルの選手の所属クラブの差について思うこと

今回のブラジル戦(FIFAランク2位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数) 日本代表(FIFAランク44位) GK 川島(FCメ......続きを読む»

【侍青の風】また、のらりくらりしたブラジルに負けてしまった…(ブラジル戦 1-3)

得点者 槙野1 代表通算得点 槙野3 日本VSブラジルのA代表同士の戦いのこれまでの対戦成績は 日本の0勝9敗2分け。 そして、個人的な感想を言えば、 好試合だった試合は少なかったと思う。 基本的にブラジルと対戦すると、 早い時間帯にブラジルに先制点や追加点を奪われ、 あとは、残り時間をブラジルの、 のらりくらりとしたボールキープにつき合わされ、 盛り上がりがほとんど無いままにタイムアッ......続きを読む»

【侍青の風】ハイチ戦各選手採点とW杯組み合わせで第3シードになれる可能性について

今回のハイチ戦(FIFAランク48位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数) 日本代表(FIFAランク40位) GK 東口(ガンバ......続きを読む»

【侍青の風】3失点したことよりも2万席も空席があったことの方が悔しい…(ハイチ戦 3-3)

得点者 倉田1 杉本1 香川1 代表通算得点 倉田2 杉本1 香川29 相手のハイチはFIFAランク48位の中堅国とは言え、 今年の3月以降、国際Aマッチを半年以上やっておらず、 日本にやってきて練習日は2日のみ。 試合中にパスミスを連発していて、 明らかに連携に難がある状態だった。 しかも、ハイチ側は、この試合を 国際Aマッチとカウントしていないようで、 当然、本気モードにはほど遠い状......続きを読む»

【侍青の風】ニュージーランド戦の各選手の採点

今回のニュージーランド戦(FIFAランク114位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数) 日本代表(FIFAランク40位) GK ......続きを読む»

【侍青の風】「ニュージーランド相手に苦戦してどうする!?」と思っている人に言いたいこと(ニュージーランド戦 2-1)

得点者 大迫1 倉田1 代表通算得点 大迫7 倉田1 「FIFAランク114位の格下相手に苦戦してどうする!」 そんな声が聞こえてきそうな今回のニュージーランド戦だったが、 ニュージーランドのメンバーを見ると イングランドのプレミアリーグの選手が2人、 オランダリーグの選手も2人もいて、 FIFAランクが114位というのが信じられないような選手構成である。 特に、得点を決められたFWのク......続きを読む»

【侍青の風】公式戦? 強化試合? 扱いの難しかったサウジ戦の各選手の採点(サウジ戦 0-1)

サウジ戦は日本代表にとっては消化試合であったのに対し、 サウジアラビアにとってはW杯出場をかけた真剣勝負だった。 本気の相手と戦えるという面では良いけれど、 ここで相手のラフプレーにまきこまれて 大きなケガをするわけにはいかない。 そのため、何とも扱いづらい試合になってしまった。 なので、0-1で負けたことについては特に不平は言わない。 ただ、W杯本番に向けた数少ない強化試合といった面で......続きを読む»

【侍青の風】W杯出場を決める試合で視聴率たった24.2%…。

勝てばW杯出場という試合で、相手は宿敵のオーストラリア。 場所はホームの埼玉スタジアムで キックオフは午後7時30分のゴールデンタイム。 日本中が一つになる条件はそろっていたと思う。 しかし、この試合の視聴率は思っていたよりも低い24.2%だった…。 ザックジャパンがブラジルW杯出場を決めた 同じホームで平日のナイトゲームだった 4年前のオーストラリア戦の視聴率は38.6%だった。......続きを読む»

【侍青の風】オーストラリア戦 各選手の採点

今回のオーストラリア戦(FIFAランク45位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数) 日本代表(FIFAランク44位) GK 川島......続きを読む»

【侍青の風】大事な試合でオーストラリアから初めて2点取り、見事W杯出場決定!(オーストラリア戦2-0)

得点者 浅野1 井手口1 代表通算得点 浅野3 井手口1 今や、アジアの中では韓国とならぶ日本の宿敵となったオーストラリア。 そんなオーストラリアと日本は、これまで数々の激闘をくり広げてきた。 2001年のトルシエジャパンの時の コンフェデレーションズカップ準決勝では 中田ヒデの雨中の地を這うFKにより1-0で勝利した。 2006年のジーコジャパンの時のドイツW杯では、 後半に悪夢......続きを読む»

【侍青の風】イラク戦採点 守備重視が悪いとは言わないけど、するなら完封してほしい!

今回のイラク戦(FIFAランク120位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数) 日本代表(FIFAランク45位) GK 川島(メスの主......続きを読む»

【侍青の風】痛恨の引き分けも、まだグループ首位。最後の大一番でドラマを見せてくれ!(イラク戦 1-1)

得点者 大迫1 代表通算得点 大迫6 気温37℃の猛暑と、 決して良いとは言えない芝のコンディション。 そのことを考えれば、 守備のブロックをしっかり作って、 イラクの攻撃を受け止めるという戦術は 理解できるものだった。 W杯本番で強豪国とぶつかれば、 当然、こういう守備的なサッカーを しなければならない時間帯もあるだろう。 それを考えれば、最終予選の中で、 守備的なサッカーを体感するの......続きを読む»

【侍青の風】交代出場組の輝きとシリア戦の各選手採点(シリア戦 1-1)

得点者 今野 代表通算得点 今野4 W杯最終予選のイラク戦を前に 調整試合としてシリアと対戦した日本だったが、 前半は、まさに調整試合といった、ゆるい展開となった。 香川の負傷交代はあったものの、 来週のイラク戦に先発予定のそれ以外の選手たちの多くは、 自分の今のコンディションを確認するために、 あえて全力プレーを抑えているような印象だった。 調整試合だから、それはそれで間違っては......続きを読む»

【侍青の風】10年間で4度CL優勝、6度の得点王に輝いたC・ロナウドのすごさ

結果的に4-1という大差がついた決勝戦となった。 そして、その中で先制点と3点目を決めたのが 千両役者であるC・ロナウドだった。 これで、今年のCL(チャンピオンズリーグ)で12得点となり、 5年連続での得点王も獲得した。 リーガエスパニョーラでは今シーズン25点で 37点で得点王に輝いたメッシに10点以上差をつけられたが、 CLではメッシの11点を最後に追い抜いた。 それにしてもC・ロ......続きを読む»

【侍青の風】U20のエース、堂安律の本領発揮!(イタリア戦2-2)

得点 堂安2 前半10分までにイタリアに2点のリードを奪われ、 このままでは試合終了までに何失点するんだと思わされた。 思い起こすのは、2004年のアテネ五輪でのイタリア戦だ。 トゥーリオや阿部勇樹、曽ヶ端が守る山本昌邦ジャパンは ジラルディーノ擁するイタリアに 前半3分、前半8分とたて続けにゴールを奪われてしまった。 今回のU20イタリア戦も、 2004年のイタリア戦とまったく同......続きを読む»

【バスケの風】Bリーグ初代王者が決定! そして、そこに田臥勇太がいることの素晴らしさ!

Bリーグ元年のチャンピオンシップは すさまじいシーソーゲームとなった。 第1クォーターは両チームが点を取り合い21-21になった。 第2クォーターは栃木が圧倒して43-37と6点リードした。 第3クォーターは川崎が盛り返して63-59と4点リードになった。 ゲームの途中で6点ぐらい点差がつくと 「あ、これで試合の流れが栃木(川崎)に傾いて、  もしかしたら、一気に試合を決めるかもな。」 ......続きを読む»

【侍青の風】衝撃のファーストプレーと圧巻のアシスト、輝き炸裂の久保建英!(南アフリカ戦2-1)

得点 小川1 堂安1 史上初のU19アジア選手権制覇を果たし、 (6戦全勝・しかも無失点) 柏木、槙野、内田、香川などが出場した2007年大会以来、 10年ぶりに出場権を獲得したU20ワールドカップ。 日本のメンバーには、ジュビロの小川航基、ガンバの堂安と、 Jリーグでも注目を集めつつある選手がいる。 しかし、何より話題を集めているのが、 2階級の飛び級でメンバー入りをした バルセ......続きを読む»

【侍青の風】新国立競技場の五輪後のサッカー用スタジアムへの改築について思うこと

新国立競技場について、久々に新しいニュースがあった。 2020年の東京五輪のときは 6万8千人収容の陸上競技場として利用され、 東京五輪が終わった後は 陸上トラック部分の上に固定式の客席を作って、 8万人収容の球技専用(サッカー、ラグビー、アメフト用)の スタジアムとして利用されるようになるらしい。 球技専用のスタジアムになることは サッカーファンとしては嬉しい。 ただ、そのスタジアムの......続きを読む»

【フィギュアの風】真央ちゃんの引退に、『ドラえもん』の名セリフを思い出した。

浅田真央選手の引退発表&会見がおこなわれて ずいぶんと時間がたった。 その間、テレビではテレビ朝日とフジテレビが 引退特別番組を夜7時からのゴールデンタイムに放送し、 雑誌では、引退特別号が何冊も出版された。 引退が発表された直後には、 テレビでニュース速報が流され、 スポーツニュースのみならず、 一般の報道番組でも長い時間を使って扱った。 引退発表翌日の朝のワイドショーでは、 30分以......続きを読む»

【侍青の風】Jリーグは白いセカンドユニフォームが多様されすぎていないだろうか?

Jリーグの試合を観ていて、たびたび思うことがある。 それは 「白いユニフォーム(セカンドユニフォーム)のチーム、多すぎ!」 ということだ。 特定のチーム(例えば浦和レッズ)の試合を 埼玉スタジアムで何試合も観ていると、 ほとんど目の前にあるユニフォームの色は、 赤(浦和レッズのファーストユニフォーム)VS 白(相手チームのセカンドユニフォーム)の戦いになっている。 もちろん、相手チームと......続きを読む»

【侍青の風】ここ1か月の各スポーツの視聴率を調べて思ったこと

3月下旬から4月上旬にかけて、 様々なスポーツの大きな大会があった。 それらを列記すると、以下のようになる。 野球は、WBCと選抜高校野球。 サッカーは、W杯アジア最終予選。 大相撲は、3月場所。 フィギュアスケートは、世界選手権。 どれも、スポーツ新聞の一面を飾れるようなビッグイベントで、 どれも、ファンの心に残るようなドラマを見せてくれた。 WBCでは、結果的には、 前回大会と......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 17 18

このブログの記事ランキング

  1. 観客数がたった14000人だったWBC中国戦…【侍ジャパンの風】
  2. 【侍青の風】サッカーの神様は、なぜこんなにも中村俊輔に厳しいのか…
  3. 【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!
  4. レッズファンの怒りとナビスコカップの現状【サムライブルーの風】
  5. キリンカップのような雰囲気のアジア最終予選 (イラク戦 1-0)【サムライブルーの風】
  6. 【侍青の風】柳沢敦の才能と、最後まで彼が背負った十字架
  7. 【侍青の風】「新国立競技場」の建設費と維持費を、他のスタジアムと比べてみると
  8. ピッチとベンチの温度差を無くした岡崎のゴール (オマーン戦 2-1)【サムライブルーの風】
  9. 栗原の憂鬱と柿谷の輝き(中国戦 3-3)【サムライブルーの風】
  10. 浅田真央、ソチオリンピックへの道

このブログを検索

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss