This is sports

フィギュアスケート14/15シーズン総括 男子編

このエントリーをはてなブックマークに追加

国別対抗で幕を閉じたフィギュアスケート14/15シーズン。 今日から4回に渡って男子、女子のそれぞれ国内選手、外国選手に分けて振り返って行きたいと思う。 まず今日は日本勢の男子について振り返っていこう。

それにしても今シーズンの激動ぶりはには本当に驚きなんて言葉では表せない程衝撃的だった。 まず全日本選手権での町田の引退を想像出来た人は果たしているのだろうか。 GPシリーズではまずまずといった演技内容だったが、GPファイナルのフリーでは、目を覆いたくなるような演技でいったいどうしたものかと思い、迎えた全日本選手権のフリーでも精彩を欠いた演技になってしまった。 そして、その矢先での引退発表。 学業との両立を考え、彼なりの決断ではあった。 大会期間中も大学の卒論に取り組むなど、彼の精神力には本当に驚かされるばかりだった。 結局、今シーズンのフリーの町田史上最高傑作と銘を打った「第九」は未完成のまま終わってしまった。 残念ではあるが、これからの町田樹の人生の成功を応援したい気持ちでいっぱいである。 これほどまで芸術的なスケーターは彼の右に出る者はいないと思う。 今まで本当にありがとう、、、

衝撃的といえば今シーズンの羽生結弦にはただただ驚かされるばかりだった。 中国GPでの事故は言うまでもないが、その後のNHK杯で何とかGPファイナルの出場権をもぎ取ると、そのGPファイナルと全日本選手権では細かいミスはあったものの、他を寄せ付けない演技で優勝と、我々の想像を超える彼の精神力には、ただただ凄いとしか言いようがない。 世界選手権では優勝を逃したが、これがまた彼を成長させるには違いないし、国別対抗の時のように、自分が日本を引っ張っていくという自覚が出来たことも何より頼もしい限りである、 また今シーズンは、ショート、フリー共に1度も完璧な演技が見られなっかたので、来シーズンは合計得点の300点越えを見たいものである。

羽生が世界選手権で2位になった一方で、無良、小塚の不振によって来シーズンの日本の世界選手権の出場枠が2枠になってしまった事は、想定外であり、あまりにも痛すぎる結果になってしまった。 その要因となってしまった無良崇人は、シーズン序盤こそ好調だったものの、GPファイナル以降はミスが目立つようになった。 ジャンプと力強いスケーティングは世界でもトップクラスである事は間違いないので、来シーズンは試合で力を出し切れるように成長する事を期待したい。 同じく世界選手権代表の小塚崇彦は日本選手権のフリー以外の今シーズンの演技は不本意の他ならない。 怪我や年齢の影響からか、どうしてもジャンプが決まらなかったのは、彼にとっても苦しかったであろう。 それでもピークを全日本選手権に合わせ、世界選手権の代表のを射止めたのは彼の長年の経験によるもので、本当に素晴らしかった。 まだ現役続行は未定であるが、まだ彼の美しいスケーティング技術を見せて欲しいと願うばかりである。

NHK杯大番狂わせを演じ、まさかの初優勝を遂げた村上大介は今シーズン日本勢で最も成長した選手といっても過言ではないだろう。 彼の場合は4サルコウという大技を演技に組み込んでいるが、本当に試合でのミスが少なく安定感が非常に高いと言う事が今シ-ズン証明された。 フランク・キャロルの下で世界トップレベルの選手に囲まれた環境も大いに関係しているのではないだろうか。 来シーズンは演技構成の部分で得点を伸ばしていけるようだと、世界でも上位に食い込んでいけるだろう。

ジュニア世代からは宇野昌磨の急成長も目を見張るものがあった。 もともと表現力には定評があったが、今シーズン4トゥーループと3アクセルを習得したことにより、シニアでもトップ争いを演じるまでになっていたのは非常に頼もしい限りだった。 しかし彼はまだ成長途中で身長が伸びる事によるジャンプのずれや、太りやすい体質など色々な壁にぶつかると思うが、それを乗り越える事が出来れば平昌でのメダル獲得も見えてくるであろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
宇野昌磨
村上大介
小塚崇彦
無良崇人
羽生結弦
町田樹
フィギュアスケート

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

kariaさんへ

ありがとうございます。
選手に敬意はもちろん表したいのですが、記事を書くにあたって○○選手などの表現を使ってしまうと文章が書きにくくなってしまうので省略させていただいています。
実力不足で誤解を生じてしまうかもしれませんが、これからも是非当ブログをよろしくお願いします。

フィギュアスケート14/15シーズン総括 男子編

初めまして(^^♪

本文には概ね同意です。ただ…

さんをつけろよデコ助野郎
(笑)まではいきませんが、もうちょっとリスペクトしてもいいと思います。
〇〇選手とかですね。

若いんだから、尊敬しろと言ってるのではありません。
人として…もうちょいね…
私は好きですよ。貴方のブログ(^^)

こんな記事も読みたい

フィギュアスケート2014~2015シーズンが終わりました(日本男子編)【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

キャシー・リード「現役引退」・・・お疲れ様、ありがとう!!【銀盤の舞—フィギュアスケートエトセトラ—】

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会準々決勝対東海大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconhikarusports

  • 昨日のページビュー:45
  • 累計のページビュー:888088

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 羽生結弦新プログラムの可能性
  2. センバツの選考方法を考える
  3. 2015/16シーズン男子フィギュア展望
  4. 現行採点システムの限界を迎えてきている
  5. 白鵬を不調へと陥らせている原因とは
  6. PCSの重要性とメディアについて
  7. 横綱白鵬に問う
  8. 宇野昌磨が手にした王者達への挑戦権
  9. NHK杯と全日本フィギュアの開催地について
  10. フィギュアスケート14/15シーズン総括 男子編

月別アーカイブ

2016
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss