This is sports

高校野球、相撲、フィギュアスケート、サッカーを求めて全国へ飛び回ります。

hikarusports

  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:888044
  • (01月15日現在)

最新の記事

アビスパはサッカーは正しい方向に進んでいる

苦しみながらも劇的な結末でFC東京を下し、9節目にしてようやく今シーズン初勝利を遂げたアビスパ福岡。 昨シーズン、セレッソ大阪とのJ1昇格プレーオフを勝ち抜いて手にしたアビスパにとって4年ぶりのJ1での勝利ともなった。 そんなプレーオフを経てJ1に復帰したアビスパは、今シーズンの開幕前予想では降格候補という声が多数で、実際に前節を終えた時点で未勝利の17位に沈んでいた。 しかし、今シーズンの試合を振......続きを読む»

宇野昌磨が手にした王者達への挑戦権

宇野昌磨が4フリップ初挑戦ながらSP、FSの両方で成功させる離れ業をやってのけた。 今シーズンの公式戦のラストを飾るコーセー・チャレンジカップは、今シーズンより創設された記念すべき大会。 大会方式は3大陸によるチーム戦、言わば団体戦である。 そんな第1回大会でフィギュア史上今まで誰も成功した事が無かった4フリップの成功は大きな話題となった。 かつて高橋大輔などが挑んだ過去はあったが、回転不足を取られ......続きを読む»

ロアッソよ復興の第一歩となれ

熊本を襲った大地震から1週間近くがもうすぐ経とうとしているが、依然余震が続き、緊迫した状況が続いている。 本稿に入る前に、この大地震によって犠牲になった方々に対して心からご冥福をお祈りしたい。 この熊本の大地震によってサッカー界も大きな影響を受けた。 先週に九州地方で行われる予定だったJリーグは全ての試合が延期になり、ユース年代のプレミアリーグあるいはプリンスリーグ九州の試合が相次いで延期となった......続きを読む»

五輪の組み合わせ決まる

少し時間が経ってしまったが、リオ五輪男子サッカーの組み合わせが決まった。 我らが手倉森ジャパンはナイジェリア、スウェーデン、コロンビアと同組になった。 この組み合わせは、考えうる中で最も厳しい組み合わせと言えるだろう。 と言うのも、日本は前回のロンドン五輪でのベスト4進出などが影響し、過去5大会の成績や各大陸予選の順位などを加味して分けられるシード分けにおいて幸運にも第1シードになった事から、ブラジ......続きを読む»

改めて高校年代の育成システムを考える

明日から高円宮杯プレミアリーグが開幕する。 プレミアリーグとは東と西でそれぞれイーストとウエストに分かれ、それぞれ10チームによるホーム&アウエー方式のリーグ戦を行い、それぞれのチャンピオンが12月に埼玉スタジアムにおいて日本一を懸けてチャンピオンシップを戦う。 このプレミアリーグは、このカテゴリーにおけるトップのリーグであり、クラブユース、高体連のチーム関係無くリーグ戦を行う事から、12月に行われ......続きを読む»

力士の怪我を減らせ

最近の相撲人気の裏で怪我を抱える力士が増加傾向にあるのが非常に気がかりだ。 遠藤や大砂嵐などといった人気力士達が十両に怪我によって落としたは記憶に新しい。 さらに一時期人気を集めた桝ノ山は、怪我によって番付をなんと序二段まで落とした。 相撲をやっている以上、怪我は付き物ではあるが、やはりここ最近は怪我を抱える力士が多い。 一体原因があるのだろうか。 またどのようにして怪我を減らしていけば良いのだろう......続きを読む»

21世紀枠の在り方を考える

智辯学園の初優勝で幕を閉じた今年のセンバツ高校野球。 その中で今年の21世紀枠として出場を果たした釜石、長田、小豆島の3校が大会を彩り多くの人に感動を与えた。 今日はそんな21世紀枠の存在の在り方を改めて考えていきたい。 そもそも21世紀枠とは各都道府県秋季大会で16強、加盟校が多い地区は32強入りした学校を対象に、困難の克服、マナーの模範、文武両道などを評価する出場枠で2001年の第73回大会か......続きを読む»

我々は白鵬とどのようにして向き合うべきなのか

立ち合い変化という形で36回目の優勝を果たした白鵬に我々はどのようにして向き合っていけば良いのだろうか。 春場所千秋楽。 結びの2番前で大関同士の2敗対決を稀勢の里が制し迎えた結びの白鵬ー日馬富士戦。 熱戦を期待した館内のボルテージは立ち合いを前に最高潮に達していた。 しかし白鵬のまさかの変化によって日馬富士は土俵をあっさりと割り、勝負あり。 あまりにもあっけない幕切れで白鵬の4場所ぶりとなる36回......続きを読む»

稀勢の里、優勝の時はもうすぐそばに迫っている

相撲ファンならずとも日本中の長年の夢であった稀勢の里の初優勝が現実味を帯びてきた。 大相撲春場所の9日目を終えて、唯一の勝ちっ放しで優勝争いをリードする展開に。 今まで何度も優勝争いに絡んできた稀勢の里ではあったが、いつもは並走あるいは追いかける立場でしかなく、終盤に差し掛かる時期で優勝争いのトップを行くのは初めての経験である。 まだ残り6日間ある為、気は早いかもしれないが優勝争い単独トップである事......続きを読む»

稀代の天才久保健英の秘める可能性とは

昨日3月17日からサニックス杯国際ユースサッカー大会が開幕した。 この大会は毎年この時期に行われ、今年で14回目を数える今や国内最高のサッカーフェスティバルと言って良いだろう。 舞台は博多と小倉のちょうど中間地点に位置する宗像市にあるグローバルアリーナ。 自然に囲まれたこの地でアジア各国と日本の高校生年代のチームが20日までの4日間、熱い戦いを繰り広げる。 出場チームはUー17日本代表、U-17ウ......続きを読む»

逸ノ城に求められる事は死ぬ気で稽古する事である

右四つ左上手。 これは逸ノ城の最も得意とする形だ。 スピード出世に加え、新入幕の場所で横綱撃破を含む13勝の活躍を見せ、誰しもがすぐに大関、横綱へと駆け上がるだろうと思われていた。 逸ノ城がこの得意の形になれれば、横綱大関相手でも負ける事は殆ど無かった。 しかしここ最近は、上位相手に勝てない場所が続き、先場所はなんと2勝13敗。 その星勘定も去ることながら、全く攻めようとする意識が見られない相撲内容......続きを読む»

私は稀勢の里を信じている

琴奨菊の綱取りに期待が掛かる春場所において、誰よりも闘志を燃やしている1人の男がいる事を忘れてはいけない。 その男の名は稀勢の里。 我々、相撲ファンなら誰しもが期待してやまない存在だが、まだ優勝はない。 先場所、琴奨菊が日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たしたが、ほとんどの人が日本出身の力士が優勝するのであれば稀勢の里だろうとい見解が先場所前までは殆どだった。 ところが稀勢の里がチャンスを逃し続......続きを読む»

リオへの扉をこじ開けるのは果たして誰か

リオの舞台に立てる勇敢な戦士はわずか18人。 五輪出場を決めたアジア選手権での登録メンバーは23人。 さらにリオ五輪でのOA枠を使用の方針を先日決めた事により、最大3枠である全てをもし使う事になれば、リオ世代の選手達の枠はわずかに15。 リオ五輪出場を見事に決めたアジア選手権から最低でも8人はメンバーから漏れる事になる。 リオへの生き残りを掛けたサバイバルが、今激しさを増している。 今シーズンのJ......続きを読む»

悪い流れを断ち切れったなでしこジャパン

崩壊したチームを立て直す力は選手も佐々木監督にも残っていないのだろうか。 絶対に勝たなければならないリオ五輪アジア最終予選の3戦目の中国戦。 またしてもミスから先制点を奪われると後半開始早々に追加点を許し、さらに厳しい状況に追い込まれた。 横山のゴールで1点差に迫ったが、同点弾は遠く試合終了の笛がピッチにあまりにも無情に鳴り響いた。 これによって3戦を終えて勝ち点はわずか1。 リオへの道は風前の灯と......続きを読む»

世代交代が進まないなでしこジャパンの危機

苦しみながらも手にしかけていた貴重な勝ち点3が手からこぼれ落ちていった。 悲願の五輪での金メダルを目指すなでしこジャパンにとって、このアジア最終予選は通過点となるはずだった。 しかしこの最終予選2戦を終えて1分1敗と、早くもリオ五輪出場に黄信号が灯り始めている。 残りの3戦で仮に全勝したとしても他の結果次第では、リオへの道が絶たれるという厳しい状況になってしまっているこの最終予選。 日本を含め世界ラ......続きを読む»

高卒プロが可能性を広げる

Jリーグに毎年新たにルーキーとして入団してくる選手の内訳は大学、高校、ユースの3つがほとんどを占めているが、その半数は近年、大学サッカー出身の選手が占めるようになってきている。 このような大学サッカーを経由してプロ入りする流れは、日本は勿論、韓国あるいはアメリカなどといったあたりは一般的だが、欧州においてはこのようなルートは殆ど存在しないと言って良いだろう。 そもそも大学を経由してプロ入りする概念は......続きを読む»

サッカーにビデオ判定は必要か

サッカーにビデオ判定は必要なのか。 先日のゼロックススーパーカップにでの丹羽のプレーがその議論を再熱させた。 試合後から色々とごたごたがあったが、結果的に日本サッカー協会の審判委員長が異例とも呼べる「誤審」を認める事となった。 確かにこのプレーに関しては、丹羽がスライディングした際に両手を挙げていた事や審判の位置からして瞬時に正しい判断をする事は非常に難しかったという事はある。 審判の質が高ければ自......続きを読む»

金博洋

今のフィギュア界の顔と言えば羽生結弦といって異論は無いだろう。 フィギュアスケートという競技をしっている者であれば、世界中どこで聞いてもきっと同じ答えが返ってくるはずだ。 しかし、ここ最近の「4回転時代」とも呼ばれる男子フィギュア界の風潮の象徴的な存在は羽生でもフェルナンデスでもなく希代の4回転ジャンパー金博洋と言えるのではないだろうか。 今季から宇野と同じくしてシニアデビューとなった金博洋は、シ......続きを読む»

Jリーグにおける若手育成

開幕までの1週間を切った2016年シーズンのJリーグにおいて最も大きな変化と言えるのはJクラブのセカンドチームのJ3参加と言えるだろう。 G大阪U-23、C大阪U-23、FC東京U-23のJ3参加が認められ、J3初昇格を果たした鹿児島ユナイデットを含め全16チームによって3年目のJ3が幕を開ける。 J3創設から昨シーズンまでの2シーズンに渡って若手育成を目的としてJリーグU-22選抜がJ3参加してい......続きを読む»

勝負の春場所

琴奨菊にとって春場所は綱取りへ向けて最初で最後のチャンスだ。 年齢も32歳とベテランの域に突入しており、今後2場所続けて優勝あるいは優勝に準ずる成績を収めるのは至難の業だ。 よって琴奨菊にとって春場所は、自身の相撲人生最大の勝負の場所である事は誰から見ても分かる事だ。 綱取りと口に出す事は簡単だ。 しかし実際に綱取りという道は、届きそうで果てしなく遠い険し過ぎる道だ。 琴奨菊自身、先場所を除いてここ......続きを読む»

サッカー専用スタジアムを維持していくには

吹田スタジアム建設から改めて感じられた、サッカー専用スタジアムの素晴らしさ、そしてその必要性。 先日ここのブログでサッカー専用スタジアムあるいは総合球技場の必要性、そしてその建設へと向けたモデルを中心に書かせていただいた。 吹田スタジアムに続くサッカー専用スタジアムとして具体的な話が進んでいるんのは、現状として亀岡市に建設予定になっている京都スタジアムくらいである。 サンフレッチェ広島が強く希望する......続きを読む»

サッカー専用スタジアムの必要性

サッカー専用スタジアムを持つという事がこれほどまで大きな力を持っていたという事は、吹田スタジアムがそれを如実に証明したのではないだろうか。 まるでプレミアリーグのスタジアムに居るかのような錯覚に陥るとの声が多く挙がった吹田スタジアム。 今シーズンからガンバ大阪の本拠地となるこのスタジアムで先日、こけら落としとして、名古屋グランパスとの記念すべきオープニングゲームが行われた。 もちろんスタジアムは、多......続きを読む»

藤嶋健人の今

気が付けば、高校野球の対外試合禁止期間が、後1ヶ月を待たないうちに解禁される時期に近づいてきている。 そして3月20日にはいよいよセンバツが開幕を迎える。 毎年、選手にとっても高校野球ファンにとっても長く感じる冬だが、着実に春の足音は近づいてきている。 球春到来を印象付けるセンバツは毎年、投高打低の傾向があり好投手を擁するチームが出場する事が多い傾向にある。 そして今年は例年に比べて好投手を擁する......続きを読む»

東南アジアサッカー事情

FC東京がACL進出を掛けた一発勝負のプレーオフに臨んだ。 対戦相手はタイのチョンブリFC。 このチョンブリFCは昨年もプレーオフを戦い、奇しく対戦相手は同じJリーグ勢の柏レイソル。 結果は柏が勝利を収め、柏がACLへの道を切り開いたが、延長戦での苦しんでの勝利。 チョンブリFCは柏を相手に善戦し、ACL出場へ後一歩というところまで迫ったチームであった。 そして迎えた2年連続の日本でのプレーオフ。 ......続きを読む»

2016年にハリルホジッチが目指すもの

ハリルホジッチが日本代表の監督に就任して、もう少しで丸1年が経とうとしている。 その1年のが経っての評価は一体どうだろうか。 正直なところ評価を付けるのが難しかったというのが本当のところなのではないだろうか。 世間一般の声では、格下相手との対戦が続いているW杯2次予選で勝利を収めてはいるものの、物足りない内容が続いている事から、あまり評価は高くないのが大多数で、解任論さえ挙がってきているのが事実であ......続きを読む»

白鵬を不調へと陥らせている原因とは

ここ数場所白鵬の様子がおかしい。 昨年秋場所は序盤から左肘を痛め横綱になって初めての休場。 さらに九州場所、初場所と共に12勝に終わり3場所続けて優勝を逃している。 これは2012年夏場所から3場所続いて優勝を逃したのと同じで、今の状況は横綱になってからの優勝のブランクが最長タイとなっている。 仮に鶴竜や日馬富士が3場所続けて優勝を逃したとしても決して驚く事はない。 白鵬だから非常に驚くと同時に少し......続きを読む»

OA枠をどう使うか

もう1週間以上経ってしまった話だが、手倉森ジャパンが戦前の不安視された声を吹き飛ばすような見事な戦いぶりで6大会連続での五輪出場、そしてUー22アジア選手権での優勝を果たした。 しかし喜びも束の間、半年後にはリオ五輪もうすでに迫って来ている。 今大会は登録メンバーは23人だったが、五輪での登録メンバーは18人。 もうすでに、その18の枠に滑り込むべく、サバイバルはすでに始まっている。 そしてもう1つ......続きを読む»

センバツ出場校選出の疑問を解く

今日、この春に88回目を迎えるセンバツの出場校が発表された。 毎年様々のドラマを生んできた、この発表だが、今年もサプライズが起き、日本全国が歓喜と落胆に包み込まれた そんな中今年は、選考理由に対して例年より疑問が残るケースがいくつかあり、その選考理由に対して物議が交わされるケースが例年より多い印象を受けた。 そんな今日の出場校発表で物議の対象となった3地区から、選出の真相を探っていこう。 まずは関......続きを読む»

勝負審判に苦言を呈す

今場所の幕内の土俵での際どい相撲に対しての勝負審判の対応が酷すぎる。 発端は4日目の琴奨菊ー安美錦の一番。 琴奨菊が立ち合いから一気に出て行ったところを安美錦引いて、土俵際でもつれる展開に。 軍配は琴奨菊の寄りを有利と見て琴奨菊に上がったが、非常に際どい一番だっただけに物言いが付くかと思われたが、物言いは無し。 その後スローで確認すると、琴奨菊の足返るのが、安美錦が土俵を割るよりも早いように見えた。......続きを読む»

選手権に延長戦の導入を

前後半80分終了後、即PKという選手権のレギュリエーションにもっと異論を唱えてても良いのではないか。 残す事決勝のみとなった今年の第94回全国高校サッカー選手権。 今年も延長戦が無い為にPK戦での決着も例年同様多く、時に残酷な結末を演出したのは皆さんの脳裏に焼き付いているだろう。 今日は選手権での延長戦導入について、本稿では強い提言を目的として、延長戦の必要性を訴えたい。 延長戦が無く即PKという......続きを読む»

1 3

このブログの記事ランキング

  1. 羽生結弦新プログラムの可能性
  2. センバツの選考方法を考える
  3. 2015/16シーズン男子フィギュア展望
  4. 現行採点システムの限界を迎えてきている
  5. 白鵬を不調へと陥らせている原因とは
  6. PCSの重要性とメディアについて
  7. 横綱白鵬に問う
  8. 宇野昌磨が手にした王者達への挑戦権
  9. NHK杯と全日本フィギュアの開催地について
  10. フィギュアスケート14/15シーズン総括 男子編

このブログを検索

月別アーカイブ

2016
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
02

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss