ヒグのサッカー観戦日記

ベガルタ仙台テクニカルレポート2017【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 前編に続き後編では、私的ベストゲームやベストゴールなどさまざまな視点から振り返っていこうと思います。

■ベストゲーム第27節 vsセレッソ大阪戦(4-1)  ベストゲームに挙げたのは、27節のセレッソ大阪戦。上位相手に対して臆することなく、自分たちのサッカーを展開し勝利した試合だった。先制点のゴールへの過程は今シーズン目指している形での得点であり、その後もボール保持からの攻撃だけではなく、カウンターからの得点やセットプレーからの得点も挙げることができた試合だった。  またベテラン勢の活躍も光った試合だった。ダンの負傷で急きょ出場した関のファインセーブ、久々の先発でアーリークロスからアシストしたリャン、そしてゲームに花を添えるゴールを決めた野沢の活躍は素晴らしかった。どの選手が出場してもクオリティが維持されることを証明したゲームであり、さらに自分たちのサッカーに自信を持つことができたゲームだった。

■ベストゴールルヴァンカップグループステージ第4節 vs大宮アルディージャ戦,佐々木匠  今シーズンは月間ベストゴールにノミネートされたクリスランのジャンピングボレーや、前編でも紹介したパスを数多くつないでのゴールなど、さまざまなファインゴールが生まれた年でもあった。その中であえてベストゴールに選んだのはこの佐々木匠の得点である。  このゴールを選んだ最たる理由はその得点過程にある。椎橋→西村→蜂須賀→茂木→西村→蜂須賀→匠と得点に絡んだすべての選手が生え抜きの若手選手である(蜂須賀は微妙だけれども(笑))。そしてこのゴールは椎橋から西村がハーフスペースで受け、反対サイドの蜂須賀にロングフィードを送ったところからの得点で、まさに今シーズン目指していた形である。春先から若手選手が積極的に新システムと戦術にトライし、そしてそれを実践の場でできたこのゴールの意義はとても大きいと思う。また椎橋と西村、蜂須賀はその後のリーグ戦でスタメンに名を連ねるようになった。そういった意味では、その後の仙台にとって欠かせない成長体験だったゴールだと思う。

■気になった選手  今シーズンは気になった選手がかなりいるが、ここでは選りすぐりの6人にフォーカスすることにしたい。 ・シュミットダニエル  今シーズン、松本から帰ってきたダンことシュミットダニエル。開幕当初は関に守護神の座を譲っていたが、第7節鹿島戦から出場すると第27節FC東京戦まで守護神としてゴールマウスを守り続けた。リーグ戦に出場し始めた当初は失点につながるミスも多く、決して安定しているとは言い難いパフォーマンスだった。しかしJ1の試合を経験するごとに成長し、徐々に安定感も増していき、ダンのセーブで勝点をもぎ取った試合もあった。  また中学時代までボランチを経験していることから、確かな足元の技術を併せ持つ。後方からのビルドアップが生命線になってきたチームにとって攻守における重要な役割を担うようになった。来シーズンも仙台でのプレーが決まっている。より安定感を増したプレーを披露し、仙台からぜひ代表を選ばれてほしい。

・大岩一貴  公式戦全試合に出場したまさに鉄人。シーズン開幕から前半戦は右バックを主戦場にプレーし、3バックながら積極的なオーバーラップなどを見せていた。しかし今シーズン最も成長したのは中央のセンターバックに起用されてから。第22節広島戦から中央で起用されると、的確なカバーリングと高いライン設定でよりチームがコンパクトに保てるようになり、攻守のバランスを取れるようになった。  またキャプテン富田が負傷離脱するとキャプテンマークを巻き、チームを引っ張る存在ともなった。年間MVPに選ばれなかったものの、個人的には今シーズンのMVPだと思っている。公式には発表されていないが、来シーズンも仙台でのプレーを選んでくれた(らしい)。来シーズンも今シーズン同様に後方からチームを支え上位進出を目指してほしい。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ2017
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ベガルタ仙台テクニカルレポート2017【後編】」へのコメント

コメント失礼します。
西村や蜂須賀に代表されるように若手が台頭してくれ、石原や野津田ら加入組がフィットして渡邉監督のイメージしていたサッカーに大きく近づけた一年だったのかな?と思える年になった印象ですかね。
そんな中でも川崎戦なんかは何故負ける!?なんて悔しい試合もあれば、調子の良かったセレッソ相手に大勝したりと良くも悪くも楽しめた一年でした(笑)

匠や茂木も少しずつではありますが出番をもらえるようになってきてますし、手倉森監督の時は固定していた時期が長かったのでサポーターとしてもワクワクするし成長を見ていられるのは仙台も変わったなーと思えます。
今年はレンタル組も多く不安でしたが中野や古林らも契約をしてくれましたし、今年の続きを来年も見れるようで楽しみですね!

同じ仙台のサポーターとして試合の分析をして解説していただけるのは大変助かりました、ありがとうございました(サポーターではあるもののサッカー経験はほとんどない素人からのサポーターなので汗)
来年もブログを楽しみに待ってます!

こんな記事も読みたい

ベガルタ仙台テクニカルレポート2017【前編】【ヒグのサッカー観戦日記】

《セレッソ》コータ.Mの魂が決勝の舞台へ導いてくれた!!!【南大阪に吹くマリンの風】

さよならありがとう、スポナビブログ~明治安田生命第33節 清水エスパルスvsアルビレックス新潟 レビュー【hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳】

最後の最後で出たさまざまな課題~J1最終節 ヴァンフォーレ甲府vsベガルタ仙台~【ヒグのサッカー観戦日記】

2017年ベガルタ仙台総括① 開幕~前半戦【ベガラボ ~ベガルタ仙台分析ブログ~】

決めるところを決めきるという課題~J1第33節 ベガルタ仙台vs横浜Fマリノス~【ヒグのサッカー観戦日記】

蓄積の差~J1第32節 ベガルタ仙台vs大宮アルディージャ~【ヒグのサッカー観戦日記】

今戦える選手がベストを尽くすこと~J1第31節 ガンバ大阪vsベガルタ仙台~【ヒグのサッカー観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconhigu

  • 昨日のページビュー:57
  • 累計のページビュー:634037

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今年のJ11stステージの順位予想をしてみよう(後編+おまけ付き)
  2. 今年のJ1の順位予想をしよう2017
  3. 今年のJ1の順位を勝手に予想してみた2015(後編)
  4. 今年のJ11stステージの順位予想をしてみよう(前編)
  5. 今年のJ1の順位を勝手に予想してみた2015(前編)
  6. 目指すサッカーなんてない!?~日本代表vsオーストラリア代表~
  7. 奇襲は成功したけれど・・・~J1 2ndステージ第7節 鹿島アントラーズvsベガルタ仙台~
  8. トライ&エラーの繰り返し~J1 第7節 ベガルタ仙台vs鹿島アントラーズ~
  9. 諦めなかった川崎フロンターレ~J1第29節 川崎フロンターレvsベガルタ仙台~
  10. なにもできなかった90分~J1第24節 コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台~

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss