ヒグのサッカー観戦日記

今シーズン一番悔しい敗戦~J1第28節 ベガルタ仙台vs浦和レッズ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、浦和レッズ戦を取り上げます。 前節・セレッソ大阪戦で完勝した仙台、連勝で中位へと殴りこみたい一戦となった。浦和戦は石原が契約の関係で出場できない。今節はセレッソ戦でゴールを決めた野沢がワントップに入った。それ以外は変更点なし。  突然のミシャ式終焉から2回目の緊急登板となった堀監督の浦和。リーグ戦では中位に甘んじているものの、ACLでは準決勝に進出している。そのACLの準決勝が水曜日にあっての今節となった。ミッドウィーク・上海戦からの変更点は長澤から梅崎のみ。ほぼメンバーは変更なくこの試合を迎えた。

■前半 (1)仙台:ボール保持、浦和:ボール非保持のとき  前半はお互いにボールを持つ時間、反対に持たない時間があった。  仙台がボールを保持したとき、浦和がボール非保持のときの状況から、まずは見ていきたい。  浦和は堀監督に変わってから、4-1-4-1にシステムを変更している。その真意は浦和の試合を見ていないのでよくわからない。   この試合の浦和は、仙台のボール保持時の対応として、5バックを選択した。梅崎がサイドハーフながらウイングバックのタスクを行うネルシーニョ方式。梅崎がウイングバックとして振る舞うことで、古林のマークをハッキリさせる。それ以外にも槙野はリャン、野津田に対しては阿部が付くことでマークのズレを作らせなかった。元々5バックを採用していたチームだけあって、この辺の対応は非常に柔軟だった。  では、前方はどうかというと、試合開始直後は仙台のビルドアップ隊に対して前プレを掛けていた。興梠、柏木、武藤、ときどきラファエルシルバが前プレを行うことで、仙台のビルドアップを阻害。または前線でボールを奪うことでチャンスを作っていた。  青木の両脇が空くリスクもあったが、浦和としてはシャドーのマークをハッキリさせているので、多少リスクはあっても問題ないという計算だったのかもしれない。

 それに対して仙台は試合の序盤は、前プレを受けてしまい、危ない場面や後方でボールを奪われることも多かった。しかしなんとかボールを前線に届けるシーンもあった。リスクを伴うもののチャレンジすることで剥がすことができていた。  野津田が時間の経過とともに阿部が付いてこないエリアでボールを受けられるようになってくる。青木の脇に登場したり、サイドに顔を出して起点を作ったりと、野津田がポジション優位でボールを受け、全体の押し上げを行わせることで、仙台は攻撃へと転じることができた。  ただ、シュートまで持っていくことはなかなかできなかった。野沢が潰されることが多く、サイドから効果的なクロスも上げることができなかった。

 25分に浦和が先制すると、時間の経過とともに浦和は後ろに重心を置くようになる。  柏木がボランチの位置に下がり、完全な5-4-1にシフトチェンジする。先制したこともあって、このまま前半を乗り切りたいというのが浦和の狙いだった。

 反対に仙台は相手が引いてくれたことで、ボールを動かしやすくなった。ボランチとシャドーの位置でうまく相手を剥がしてチャンスを作ることができていた。浦和の5-4-1では、中盤の4枚がいい距離感で守れておらず、またさぼりがちのラファエルシルバがいたので、仙台がポジションと選手の密集でテンポの良い攻撃が次第にできるようになった。前半で得点は奪えなかったものの、前半はヒントを掴むことができたのではないか。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

横浜・F・マリノス マルティノス先生から学ぼう【多趣味過ぎるブログ】

9/30アルビレックス新潟VSヴィッセル神戸【Jリーグ第28節】【アルビレックス新潟シンドローム】

J2 第35節 岡山対大分(大分 快勝)【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

誰が出ても変わらないチームへの変貌~J1第27節 セレッソ大阪vsベガルタ仙台~【ヒグのサッカー観戦日記】

5バック相手をどう崩すかという課題~J1第26節 FC東京vsベガルタ仙台~【ヒグのサッカー観戦日記】

【J1第26節】 F東京戦@味の素スタジアム【せんだいサッカー日和】

さらに上へと~J1第25節 ベガルタ仙台vsサガン鳥栖~【ヒグのサッカー観戦日記】

【J1第25節】 鳥栖戦@ユアテックスタジアム仙台【せんだいサッカー日和】

ブロガープロフィール

profile-iconhigu

  • 昨日のページビュー:1708
  • 累計のページビュー:608696

(10月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今年のJ11stステージの順位予想をしてみよう(後編+おまけ付き)
  2. 今年のJ1の順位予想をしよう2017
  3. 今年のJ1の順位を勝手に予想してみた2015(後編)
  4. 今年のJ11stステージの順位予想をしてみよう(前編)
  5. 今年のJ1の順位を勝手に予想してみた2015(前編)
  6. 目指すサッカーなんてない!?~日本代表vsオーストラリア代表~
  7. 奇襲は成功したけれど・・・~J1 2ndステージ第7節 鹿島アントラーズvsベガルタ仙台~
  8. トライ&エラーの繰り返し~J1 第7節 ベガルタ仙台vs鹿島アントラーズ~
  9. なにもできなかった90分~J1第24節 コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台~
  10. 盤石~アジアカップグループD第3節 日本vsヨルダン~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss