ヒグのサッカー観戦日記

誰が出ても変わらないチームへの変貌~J1第27節 セレッソ大阪vsベガルタ仙台~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さてさて、セレッソ大阪戦を取り上げます。  仙台は、今週の練習でダンが負傷した。代わって関が久々の先発出場。また前節から西村に代わってリャンが右シャドーに起用された。  一方のセレッソ大阪は、ここ直近5試合で1勝1分3敗と調子を落としている。このまま優勝戦線・ACL争いから脱落しないためにも落とせない今節の一戦。前節・広島戦からはスタメンの変更はなし。復帰予定だった清武が再離脱したのは少し痛手か。

■前半 (1)セレッソ大阪をいかに分断させるか  前半は、仙台が非常に効果的にボールを保持して攻撃することができた。まずはどのような狙いを持ってプレーしていたかを見ていきたい。  セレッソは、試合開始から仙台のビルドアップ隊に対して前からプレスを掛けに行く。前回対戦でも同様に前から行く姿を見せたが、今回も同様に前からプレスを行っていた。  ただ、仙台も三田や奥埜がビルドアップ隊へうまくフォローすることで、前プレを回避することができていた。

 この日の仙台の狙い目はセレッソのボランチだった。セレッソの中盤の守備はほとんどボランチが負担しているという現状があった。水沼は下がってくるが、柿谷は気まぐれ。また一列目(杉本、山村)も積極的にプレスバックには戻ってこない。そうなるとボランチの守備範囲が広くなり、負担がかかる。  仙台はそういったセレッソのウィークポイントを組織で対抗していった。ボランチとシャドーがボックスのような形を取り、セレッソのボランチ付近で4対2のような状況を作り出す。セレッソのボランチが仙台のボランチに食いつけば、シャドーが空くのでそこに出す。ボランチがフリーならば、そこからサイドへの展開や自ら持ち上がってチャンスを作る。といったように、セレッソのボランチ付近で相手に後手を踏ませることで、仙台は中盤で効果的なボール保持ができていた。  またもう一つのポイントとして、石原がセンターバックをピン留めすることで、よりボランチを孤立させることに成功した点だった。これはシャドー(野津田、リャン)の特性もあって下がることを選択しなかったのかもしれないが、結果的に中盤を支配するために効果的な働きができていた。

 セレッソが自陣に撤退した場合は、左右のセンターバックからウイングバックへの外外循環での前進が主だった。それでも、狙いは変わらずボランチ付近だった。外からシャドーないしはボランチに当てて、セレッソのボランチをずらすという狙いを徹底的に行っていた。

 先制点も狙い通りの形だった。42分。  きっかけは自陣左サイドで椎橋がボールを持ったところから。このときに椎橋、三田、中野、リャンがトライアングル形成している。そしてリャンは相手の四角形の中心へ。  椎橋は少し自ら運んで相手をくぎ付けにし、リャンへ縦パスを入れる。リャンはターンをし、三田へ出す。しかし相手ディフェンダーに引っ掛かり、左サイドの中野へ。  中野をオーバーラップしていった三田。中野はその三田へスイッチし、左サイドからファーへクロスを上げる。このときに中の人数は同数だったが、その奥の古林はフリーだった。フリーで受けた古林はマイナスのクロスを石原へ。石原が冷静にハーフボレーで流し込み先制する。  古林がボールを受けたときのセレッソの守備は非常に怠慢。折り返されたときの柿谷の戻りの遅さやボランチがバイタルエリアをカバーし切れていないところが見られた。  前回対戦のときも仙台の1点目は似たような形だったが、セレッソの守備は似たような現象があったはず。横幅をうまく利用し、揺さぶることで相手のウィークポイントを突いた見事な先制点だった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ACL切符は捨てよう VS鳥栖【パルシェン】

サンフレッチェ広島 清水エスパルス 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

結果としては5連勝――鹿島アントラーズ2-1ガンバ大阪【雑感】【Memories of the game】

5バック相手をどう崩すかという課題~J1第26節 FC東京vsベガルタ仙台~【ヒグのサッカー観戦日記】

【J1第26節】 F東京戦@味の素スタジアム【せんだいサッカー日和】

さらに上へと~J1第25節 ベガルタ仙台vsサガン鳥栖~【ヒグのサッカー観戦日記】

【J1第25節】 鳥栖戦@ユアテックスタジアム仙台【せんだいサッカー日和】

【ベガルタ】7月からルヴァン決勝T第1戦まで【ことサッカー】

ブロガープロフィール

profile-iconhigu

  • 昨日のページビュー:551
  • 累計のページビュー:609246

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今年のJ11stステージの順位予想をしてみよう(後編+おまけ付き)
  2. 今年のJ1の順位予想をしよう2017
  3. 今年のJ1の順位を勝手に予想してみた2015(後編)
  4. 今年のJ11stステージの順位予想をしてみよう(前編)
  5. 今年のJ1の順位を勝手に予想してみた2015(前編)
  6. 目指すサッカーなんてない!?~日本代表vsオーストラリア代表~
  7. 奇襲は成功したけれど・・・~J1 2ndステージ第7節 鹿島アントラーズvsベガルタ仙台~
  8. トライ&エラーの繰り返し~J1 第7節 ベガルタ仙台vs鹿島アントラーズ~
  9. 諦めなかった川崎フロンターレ~J1第29節 川崎フロンターレvsベガルタ仙台~
  10. なにもできなかった90分~J1第24節 コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss