ハイバリーでつかまえて

アーセナルには青田が多い?

このエントリーをはてなブックマークに追加


 正規雇用を控えるだけ控えていた企業が団塊世代の引退を機に、ようやく新卒採用の数を増加させているそうだが、控えていたツケというのはどこかに回ってくるはずである。例えばそれが派遣社員・ニート・フリーターというような形で主として若い人間に押し付けられているのは気のせいではないだろう。

 ごく大雑把にいえば、企業における世代バランスが崩れたのは、戦後中年世代が少なく若い世代が多かったころに成功した年功序列制度を、当時の若い世代つまり団塊世代がピラミッドのてっぺんにきたところでも維持しようとしたからである。維持しようとすれば人件費の節減はリストラ、それが不可能であれば昇給の停止あるいは新規採用の停止という具合になる。いまやほとんど逆ピラミッド型の年齢別人員構成になっている企業は少なくないはずだ。

 もっとも現在はそれだけで済んでいるとみたほうがいい。団塊世代が老年になったとき誰が面倒をみるのかという問題が残されているからである。年金制度はいま働いている世代がいまは働けなくなった世代の面倒をみるという考え方でつくられている。だとすれば、面倒をみてもらいたい人間が増加しているのに、まともに働いている世代が少なくなれば負担の増加は避けられない事態になるからである。

 そんなツケを回されるなんてたまったものではない。もちろん、いまの若い人間に問題がないわけではないだろう。しかし、ニートも派遣社員もフリーターも歳をとった人間は蔑視するような向きがあるが、そういった問題の温床は彼ら自身がつくりあげていたのだし、彼ら自身の問題でもあることを認識すべきである。

 昔は新規採用の決定時期は随分とのんびりしていたらしいが、現在は本当に早い。特に金融機関は4回生になる前に内定が決まるところが多い。テレビ局などはそれより早いという話も聞く。そうやって有望な若者を早期に獲得することを「青田買い」もしくは「青田刈り」といったりするが、アーセナルにも「青田買い」されてきた選手が多く、その中からスタメンで活躍している選手が何人かいる。

 というわけで、ようやくアーセナルのところまできた。

 例えば、以下のような布陣を組んだとしよう。

     ファン・ペルシ アデバイヨール
 
 ワルコット デニウソン セスク ディアビ

 クリシ   センデロス ジュル エブエ

         アルムニア

 平均年齢は20歳そこそことなる。上記の例は特別としても、それでも若い選手が多いことには変わりはない。そして、そんな布陣でもそこそこ戦えてしまえるのもまた驚きではあるが、そこそこではアーセナルとして戦ってもらっては困るのだ。それにユースからあがってきた生え抜きの選手が上にはいないが、ホイトくらいというのも寂しいところだ。
 一方、現在のベスト布陣は例えばこんな感じではないか。

     アンリ ファン・ペルシ
 
 ロシツキ セスク ジウベウト フレブ

 クリシ  ギャラス コロ  エブエ

        レーマン

 今シーズンに関しては、果たしてこのメンバーで何試合戦えたのかというくらい怪我人が多かったことが災いしている。常に2番目の布陣で戦えたなら、とはガナーズであれば誰しも思うことであろう。それにこうしてみると、実は年齢層のバランスは悪くないようにみえる。そして国別バランスも実にバラエティに富んでいる。ただ、ユース出身がいないのと関連して英国人もいない。ベンゲルが言うとおり選手の国籍はどこだって構わないのだが、ユース出身の生え抜きというのはやはりスタメンで1人くらい居ててほしいものだ。

 先日のリバプール戦では、中盤の選手はとりわけ若かった。それが悪いとは言わないし、もっと成長してほしいと思うけれど、何人かの選手が起用できなくなると18歳19歳の選手を中心にして戦わないといけないのは、さすがにちょっとツライところがあると感じた。

 サッカーにおける経験の重要性というのは単純に数値化できるものではないから、年齢層のバランスが11人の選手構成にどれくらい影響するのかを断定することはできないけれど、経験値が全く価値のないものでないことはいえるのではないだろうか。

 ところで、2、3年前の布陣が、
 
     アンリ ベルカンプ
 
 ピレス ビエラ ジウベウト リュングベリ

 コール キャンベル コロ  ローレン

        レーマン

 であったことを思うと、随分と変わったものである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Arsenal
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:アーセナルには青田が多い?

クラブの方針とはいえ、若い選手をつかって毎年プレミアで上位に食い込むあたりはさすがです。ベンゲル!!

Re:アーセナルには青田が多い?

僕はアーセナルのサッカーは昔から好きです。
フラミニには移籍の話しもでてきているみたいで
心配ですが・・・・
 ベンゲル監督のやりたいサッカーが少しずつ見えてきていると思います。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconhighbury

お気に入りの選手はピレス。
  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:1090977

(10月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. アーセナルにギュンドアンが移籍??
  2. いつ使うか?今でしょ! アーセナルの補強予算
  3. セスクはいつ移籍するの… 今でしょ!?後編
  4. 欧州FW玉突き人事はあるか!?
  5. セスクはいつ移籍するの… 今でしょ!?前編
  6. アーセナルの補強プランXYZ
  7. ベンゲルに残された道は移籍市場でタフになるか、次のデインを探すこと
  8. アーセナルゴシップはどうでしょう(はよBIG NAME)
  9. アーセナルゴシップどうでしょう(人を見る目はありますか)
  10. ルーニーなんかいらねえよ、夏

月別アーカイブ

2013
09
08
07
06
05
2011
10
08
06
04
03
02
2010
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
09
08
07
05
04
02
2008
12
06
05
02
01
2007
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss