カープファンの構想と妄想

なぜカープはDeNAに負け越したのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

第一次戦力外通告につづき、石井琢朗と河田雄祐の退団も発表されました。 これはビックリ! 痛い! ・・・ですが、このお二人はとんでもないものをカープに残してくれました。 若きV戦士たちはお二人の「イズム」を継承していきましょう!

さて本題。 CSの対戦相手が決まりました。2位阪神、3位Denaの勝者。 どっちが来たら嬉しいとか、苦手とかは言っても仕方がありません。

今季のカープと両チームの対戦成績は、以下の通り

対阪神 14勝10敗1分 対Dena 12勝13敗

です。 ちなみに阪神vsDenaは阪神の14勝10敗1分

見事に「三すくみ」なジャンケン状態です。

「だったら阪神が勝ち抜いた方がいいじゃん!」 とは言いません。カープは今季Denaに借りがあります。 CS決定戦は借りを返すにはうってつけの場面ですよ。 どちらかが来ても受けて経つのが王者カープです。

でも「なんで今季、Denaに負け越したのか?」は考察に値するかもしれませんね。 最後の最後に対戦成績をひっくり返されたわけでもなく、開幕直後から抜きつ抜かれつで最終戦で敗れて完全優勝は潰えたわけです。

「岡田が悪いんじゃ、岡田が!」 とおっしゃる方も多いかと思いますが、まあここでいったん2017年の対Dena戦を振り返りましょう。

1回戦 ○ 野村 vs濱口 マツダ 2回戦 ● 床田 vs今永 マツダ 3回戦 ● 大瀬良vs井納 マツダ 4回戦 ● 加藤 vsウィー横浜 5回戦 ○ 岡田 vs今永 横浜 6回戦 ● 九里 vs久保 横浜 7回戦 ○ 野村 vs濱口 尾道 8回戦 ● 大瀬良vsウィーマツダ  9回戦 ○ 中村祐vs平良 マツダ 10回戦 ◯ 野村 vs濱口 横浜 11回戦 ● 岡田 vs久保 横浜 12回戦 ◯ 野村 vs今永 マツダ 13回戦 ● 岡田 vs石田 マツダ 14回戦 ◯ KJ vs濱口 マツダ 15回戦 ● 高橋樹vs石田 横浜 16回戦 ◯ 薮田 vs井納 横浜 17回戦 ◯ 岡田 vsエスコ横浜 18回戦 ● 野村 vs飯塚 横浜 19回戦 ● 大瀬良vsウィー横浜 20回戦 ● 中村祐vs今永 横浜 21回戦 ● 野村 vsウィーマツダ 22回戦 ◯ 中村祐vs飯塚 マツダ 23回戦 ○ KJ vs今永 マツダ 24回戦 ○ KJ vs今永 マツダ 25回戦 ● 岡田 vsウィー横浜

以上の結果からわかることは 「ウィーランド相手には0勝5敗」 「大瀬良の先発試合も0勝3敗」 「ジョンソンの先発試合は3勝0敗」 「やっぱ岡田が悪いんやん」 ということなど。 責任投手で何勝何敗だと試合の全体像が見えにくいので、先発投手で何勝何敗かを見ています。 前々回の東出算に基づくものです。 CSに向けて、ちょっと考察してみます。

<1>ウィーランドの攻略法 ウィーランドの攻略法はインコースに厳しい球を投げること。 ウィーランドの前にランナーを貯めないことの2点。 ・・・なんですと? ウィーランドはピッチャーですと? 知ってますよ。 ウィーランドがカープ戦で先発した5試合はなんと5戦全敗です。 対戦防御率はまさかまさかの「5.33」です。 んん? 5.33?? 何かの間違いじゃありませんよ。ウィーランドの対広島防御率は5.33です。 んで、カープに5試合投げて自身は3勝0敗、チームも5勝0敗。 防御率5.33のカープキラーです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017構想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

なぜカープはDenaに負け越したのか?

emachan7622さん、こんにちは。
おっしゃる通り、ウィーランドはカープ戦を除く打率は35打数4安打、打率.117です。ごく普通の投手の打撃。
カープ最終戦で浴びた特大3ランなどは、ウィーランドが振ってるポイントにわざわざスライダーを"投げてあげた"ようなものです。ホント情けなかったですよ。岡田明丈・・・
普通にやればマツダスタジアムですし、1勝のアドバンテージもありますし、8割がた大丈夫だとは思うんですが、なんか「勝って当たり前」みたいな空気は危険だと思ったので、今回の記事を書いてみました。
「ウィーランド要注意」はもちろんギャグですよ。
こんなことはプロ野球ではあってはいけないことです。恥ずかしいですよね。

なぜカープはDenaに負け越したのか?

higashidesedai様
ウィーランドが非凡な打撃力を持っているのは確かでしょうが、あくまでも彼は投手であり、かようなまでに打たれているのは、プロとして恥ずかしいと思わなければならない筈です。
また、ロペスについては彼が巨人在籍当時からよく打たれている筈で、毎年やられつづけている状況。これもチームとしてどうなのか?

それからDeNA戦については”負けてあげた”ような試合が目立ちます。
最終戦の岡田炎上の試合。先発の九里や高橋が序盤早々に大炎上した試合。鈴木誠也や安部の拙守で勝ち試合をわざわざ落とした試合。8月のサヨナラ三連敗・・・

常勝チームを目指すには、まずDeNA戦でみられたお粗末な数試合を振り返りることも重要と思います。

なぜカープはDenaに負け越したのか?

kansaibenisyougaさん、こんにちは。
そうなんです。順当に行けば・・・です。アドバンテージもありますからね。
ただし短期決戦は何が起こっても不思議じゃありません。
カープファンはなんとなく大丈夫だろうと思っていますが、油断は禁物です。
まあその油断と全く無縁なのが緒方カープなんですけども。
ファンとしても大船に乗っていたいんですが、不安な気持ちもあります。
個人的に昨年のCS前は「シーズンで勝ったからプレーオフは楽しんでくれ」という気持ち。
今年は「さあ、ここからが本番だ。たまには日本一にもなってくれ」という気持ちです。
今のカープは不調の選手が多く誠也も不在。「100%のカープ」ではないんですよね。
だから「やるだけやった」から、あとは信じて応援しようという気持ちにイマイチなりきれない自分がいます。

なぜカープはDenaに負け越したのか?

コメント失礼します。

管理人さんがあげてるデータからすると特別何かあったわけでなく、

先発みてもローテの関係で裏ローテの投手が多く投げたのと8月の3連敗で負け越した感じですね。(1つ負け越しただけですから当たり前と言えばそうですが。)

マツダでは勝ち越してますし、

仮に横浜が上がってきてもファーストで表ローテが投げた横浜相手に、

野村・ジョンソン・薮田の表ローテで当たれば順当にいけば・・ですね。

こんな記事も読みたい

ジャイアンツの若手育成の本気度が見えてくる、みやざきフェニックス・リーグ【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

レギュラーシーズン:17/10/04、対中日ドラゴンズ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

秘打 円舞曲 別れ&秘走 運命。【Carpe diem 野球はドラマ!】

2017年のカープ「感謝!」【カープおやじのひとりごと】

CS戦いやすいのはどっち??【来季に向けて】

タイトルを最優先しないラミレス監督に感謝。【二つの歓喜をもう一度!】

今夜の試合の楽しみ方【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

それぞれの秋【カープ一筋40年の独り言】

ブロガープロフィール

profile-iconhigashidesedai

1978年夏、6歳でカープファンになる。同年秋、ドラフト会議で江川を見て巨人は悪やと認識する。
1979年秋、江夏の21球を見て、やはりカープは正義の味方やと勘違いする。

カープの好きな選手ランキング
1位高橋慶彦 2位前田健太 3位津田恒美 4位清川栄治 5位川口和久 6位山本浩二 7位前田智徳 8位菊池涼介 9位栗原健太 10位鈴木誠也

信頼している選手ランキング
1位山本浩二 1位大野 豊 1位前田健太 1位新井貴浩 1位栗原健太 1位黒田博樹 7位山崎隆造 8位衣笠祥雄 9位緒方孝市 10位清川栄治

夢を見た選手ランキング
1位堂林翔太 2位東出輝裕 3位川島 堅 4位河内貴哉 5位野間峻祥 6位紀藤真琴 7位高木宣宏 8位仁平馨 9位ロビンソン=チェコ 10位小早川毅彦 11位足立亘 12位片岡光宏 13位・・・・エンドレスです

モノマネできる選手ランキング
1位野村謙二郎 2位佐々岡真司 3位北別府学 4位清川栄治 5位西田真二 6位高橋慶彦 7位大野豊 8位長内孝 9位正田耕三 10位バークレオ
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1509755

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 新井貴浩・引退の可能性について
  2. 今こそ堂林翔太を考える
  3. 梵英心、現役続行!!
  4. 緊急提言・打倒広島を考える
  5. なぜカープはDeNAに負け越したのか?
  6. カープが即戦力ルーキーを獲らなった理由
  7. 広商と広陵の微妙な関係
  8. カープのCSの前に・・・雨と不戦敗について
  9. 山口翔君と前田智徳監督について
  10. ジェイ=ジャクソンの残留祈願!・・・あとちょっとサファテ

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss