カープファンの構想と妄想

広商と広陵の微妙な関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ドーム G1-2C。 5回表に飛び出した西川龍馬の逆転2ランを、半年ぶりの「今村-ジャクソン-中﨑」リレーで守り切りました。 いろんな野球の楽しみ方があると思うんですが、私はやっぱり1-0、2-1のシビれる試合が大好きです。 これがですね、0-1でずーっと負けてて、8回裏に逆転2ラン!・・・ではイマイチ面白くないんです。 今日のように、1点リードで毎回ピンチの連続。 でもギリギリのところでピッチャーが踏ん張ったり、キャッチャーが裏をかいたり、味方が好守で助けたりして、辛くも逃げ切るっていう試合展開が「もう、たまらん!!!」のですよ。

・・・いや、変態じゃないですよ。 マゾっ気もないです。

でもね、古くは大野vs槙原。 もっと古くは江夏の21球。 1点取られたら終わり、剣ヶ峰、背水の陣が大好きでしたね。

実は暗黒時代にもこういう野球をやってた時期がほんの少しあったんですよ。 2006年ブラウン政権1年目。 エース候補だった河内広報(当時25歳)を左のリリーフとして起用。 キャリアハイの成績を残した27歳の林昌樹。 奇跡のスライダーを操る左右のサイドハンドに加え、クローザーは3年ぶりに輝きを取り戻した26歳の永川勝浩。 実際よく1-0で勝ってましたよ。2006年。 ・・・って言うか、これでしか勝てなかっただけですけれども。

てな昔話まで思い出すほどの2-1でした。 ノムスケの粘りと言うか、ヨタヨタした感じ。 7~9回の疲労度満点の「旧」方程式でなんとか逃げ切り。 はああ、勝てた~良かった~ なんか今日は暗黒時代の懐かしい感じがしました。 カープが好調な時は8回表の2死満塁でダメ押しの追加点を取って、クローザーのセーブを消して圧勝!だったんですよね。 今日はそれがなかった。だから1点差逃げ切りが非常に懐かしいというか、嬉しかったです。 このチームはこんな勝ち方もできるのか!って。 今日の私的MVPは會澤です。よくノムスケをリードしました。細かいコントロールがなかったんですが、球種を上手く使ってごまかしました。

さて、ここから本題。 このブログは岩本貴裕応援ブログ!ではありません。断じてありません。 が、今日の岩本の出入りの激しさに触れないわけにはいかないです。

私は広島商業の大ファンなんです。 ですから広陵高校は私の永遠のライバルなんですね。 同じ広島ですから、全国大会に出ればそこそこは応援しますよ。 応援はしますけど、二岡智宏も、西村健太朗も、上本博紀も、私が高校時代に惚れ込んだ選手はみんな他球団なんです。 このへんもまた広陵を本気で愛せない要因であります。

広商出身のプロ選手はと言うと、現役では前述の岩本、ソフトバンクの柳田だけなんです。 ギータは広商暗黒期の選手なので、高校時代は全く知りません。 岩本は・・・じーっくり見てましたよ~。夏の甲子園でしたから。 そうなんです、広陵は春に強いが、広商は夏に強い。それも私が広商ファンになった理由の一つ。 岩本が3年で夏の甲子園で活躍してた時、ギータはアルプススタンドの応援席にいたそうです。 当時の岩本はエースで四番。かたや柳田は無名の1年生。会話や接点はほとんど無かったそうです。

それがねえ、差が付いちゃいましたねえ。 そもそも岩本は4位くらいで獲れたんですよ。 私は1位で上本、2位で岩本と思ってましたが、なにか中途半端なドラフトでした。 白濱1位の西村2位もおかしな話で、どう考えても西村は1位。涌井や今村クラスの投手でした。

おっと、また話がそれましたが、今日の本題は岩本貴裕。 今シーズン初四球を選び、直後の決勝点が天才龍馬の逆転2ランです。 ここで問題。 「岩本君は選んだのでしょうか? 手が出なかったのでしょうか?」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017雑感
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

広商と広陵の微妙な関係

nishikicarpさん、こんにちは。
私は大阪なんですが、親父もじいちゃんも広島出身で、大のカープファン。
なので私は先祖代々、生粋のカープ人ですよ。

履正社の安田君。赤星ベースボールアカデミーの出身で、本人の目標は「松井秀喜」だそうです。
スイングの軌道とか、ボールを引き付けて引っ張るツイストっぽい打ち方は完全に松井を意識してるなーと思っていました。
今の彼は弾道ライナーを打っていますが、プロでコツを掴めばすぐに高い弾道のホームランアーチストになれると見ています。
まだまだサードの守備は怪しいですが、それもプロ入り後どうとでもなると思います。
中村と清宮に注目が集まる中、こっそり単独指名できるかも!って甘い夢を見ていますよ。無理かな(笑)

広商と広陵の微妙な関係

mikannomukanさん、こんにちは。
球団サイドに「地元高校生の扱いづらさ」って、私は皆無だと思いますよ。
スカウトと育成が命のカープです。そんなこと言ってたら球団が成り立ちませんからね。
分母となる「広島出身の高校生候補」そのものが少ないと思います。
2001年から2008年までのデータでは、広島出身の高卒新人は8年間で7人しかいません。

「広商と広陵の微妙な関係」へのコメント

大阪でしたね。
あまりのカープ愛と言うか広島愛と言うか、はたまた高校野球愛に勘違いしました😊
自分も依然からドラフトは安田君が良いと思っていました。しかしあまりにも広島県の有望な選手が他球団に行ってしまう事もなんだかなぁと言う感じです。
これも縁や運の要素が大きいのでどうなりますかね。

「広商と広陵の微妙な関係」へのコメント

返信ありがとうございます。


そうでしたか。自分は高校野球に限らずアマ野球を語るのにプロ野球の事を前提にするのが嫌いなので、そのように捉えてしまいました。失礼しました。


それから私は別に石橋事件が原因で広島が地元育ちの高卒を獲らなくなった、とは言ってないですよ。私が言いたいのは、今の中村に対するみたいな機運などが間接的にではありますが石橋みたいな選手を生み出したのだと言うことです。巡り巡ってでしょうが。

二岡をドラフトで逃して何年か後のインタビューで高卒時に獲ろうと思えば獲れたのでは?というようなコメントありましたし。まぁその中でやはり地元高卒の扱い辛さみたいなの感じているのでは?とも思いましたが。

こんな記事も読みたい

暴動レベル?【プロ野球燕通信】

喜びと怒りと……【ドラゴンズ 時々 グランパス】

2017年8月29日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

○ カープ 2-1 ジャイアンツ@東京ドーム【2017/08/29】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

祐輔、耐えて勝つ【カープ一筋40年の独り言】

相性で片付くのかな?内容は負けだと思うけど。 M18 広島2-1 巨人【二つの歓喜をもう一度!】

薄氷を踏む思い【きたへふ おおの かわくち つた゛】

15勝13敗2分【大阪に住んでいてカープファンになった】

ブロガープロフィール

profile-iconhigashidesedai

1978年夏、6歳でカープファンになる。同年秋、ドラフト会議で江川を見て巨人は悪やと認識する。
1979年秋、江夏の21球を見て、やはりカープは正義の味方やと勘違いする。

カープの好きな選手ランキング
1位高橋慶彦 2位前田健太 3位津田恒美 4位清川栄治 5位川口和久 6位山本浩二 7位前田智徳 8位菊池涼介 9位栗原健太 10位鈴木誠也

信頼している選手ランキング
1位山本浩二 1位大野 豊 1位前田健太 1位新井貴浩 1位栗原健太 1位黒田博樹 7位山崎隆造 8位衣笠祥雄 9位緒方孝市 10位清川栄治

夢を見た選手ランキング
1位堂林翔太 2位東出輝裕 3位川島 堅 4位河内貴哉 5位野間峻祥 6位紀藤真琴 7位高木宣宏 8位仁平馨 9位ロビンソン=チェコ 10位小早川毅彦 11位足立亘 12位片岡光宏 13位・・・・エンドレスです

モノマネできる選手ランキング
1位野村謙二郎 2位佐々岡真司 3位北別府学 4位清川栄治 5位西田真二 6位高橋慶彦 7位大野豊 8位長内孝 9位正田耕三 10位バークレオ
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1539343

(01月18日現在)

関連サイト:カープファンの構想と妄想(引っ越し先)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 新井貴浩・引退の可能性について
  2. 今こそ堂林翔太を考える
  3. 梵英心、現役続行!!
  4. なぜカープはDeNAに負け越したのか?
  5. 緊急提言・打倒広島を考える
  6. カープが即戦力ルーキーを獲らなった理由
  7. 広商と広陵の微妙な関係
  8. 山口翔君と前田智徳監督について
  9. カープのCSの前に・・・雨と不戦敗について
  10. ジェイ=ジャクソンの残留祈願!・・・あとちょっとサファテ

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss