首都圏5球場巨人戦観戦記

10月10日(月)対ベイスターズ@東京ドーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

延長11回、4時間21分の長い試合だったが、死闘と呼ぶにふさわしいような充実した試合内容だった。 延長になった段階で、気分的にはお腹いっぱいだったので結果はどうあれ素直に受け入れようという気分に至っていたので、敗戦して今季終了となってもCS初戦のような腸が煮えくり返るような気持にはならず、両チームとも死力を尽くしたという点で素晴らしい試合を見させていただいたと感謝したい気持ちになった。

試合終了後、ベイスターズ選手がレフトスタンド方向に勢ぞろいして挨拶していたが、決勝打を放った嶺井のヒーローインタビューの後には、阿部・坂本を始めとして巨人の選手達がライトスタンド方向に勢ぞろいして挨拶してくれたのが印象に残った。 スタンドには、ほぼDeNAファンしか残っていなかったので、巨人ファンは、ライトスタンドでも4分の1程度、内野席に至ってはチラホラという程度だったが。

昨年のシーズン最終戦は神宮で最後の打者は代打で由伸・現監督だったが、 今日の試合の最後の打者は阿部というのは納得感のある終わり方だった。 橋本の併殺打で試合終了とか、代打・堂上で凡退というのでは不完全燃焼であるが、 阿部で終わりなら仕方ないと諦めもついた。

CSファイナルに進出しても広島まで試合を見に行くことは現実的にありえないし、 ファイナルを突破して日本シリーズというのも現実的には難しいかと思うので、 目の前で今季の終焉を迎えることができたのは、 現地観戦派の自分としては満足できる結果だった。

試合内容を振り返ると、 初回、先頭の桑原がいきなりセーフティバントを仕掛けてくるが1球でアウト。 奇襲のつもりかも知れないが、立ち上がりに不安のある内海に1球で1アウトを献上してくれるとは、DeNAも相手が見えていないなと感じた。 続く、梶谷も追い込みながらも死球を与えて交代。スタンドのブーイングがすさまじく、これに内海が動揺したのか次のロペスに2ランを浴びてしまう。 更に筒香にヒット、宮崎に四球となり1死1、2塁。初回打者一巡で6失点となった浜スタでの8月26日の試合の再現かと気分は重苦しくなったが、その後は抑えてなんとか2失点のみで切り抜ける。 1回裏には、2死無走者から村田ヒットの後、阿部の1か月以上振りの一発ですぐさま同点に追いつく。 同点に追いついた上に打順は8番からなのだから三者凡退にしてくれるのだろうと思いきや、投手の石田にヒット、打順は1番に還って桑原に2ベースを許し、1死2、3塁再度ピンチを迎えます。梶谷は負傷交代しているとはいえ、代役の2番・関根に外野まで飛ばされ犠牲フライとなり2-3とあっさりとリードを許します。 ここで先発・内海は見切りをつけられ大竹に交代。 先ほど2ランを放ったロペスを迎えますが、サードライナーに仕留めてチェンジ。最少失点で切り抜けます。 その後、大竹は7回まで投げ切り、追加点を許しません。

一方、相手・先発の石田も2回、3回を三者凡退に仕留めて、両投手とも気迫あふれる好投。 4回裏に先頭の村田の膝に死球を与えて、しばしの治療時間がありました。 当たり所からすると梶谷同様に負傷交代かと思われましたが、なんとか気合で試合に復帰すると、阿部のファーストゴロで走者交代、続く長野のフェンス直撃2ベースで、1死2、3塁と絶好の得点機を迎えます。 しかし、CSノーヒットと精彩を欠くギャレットが初球に手を出してファーストゴロ、阿部が三本間に挟まれますが、ギャレットは2塁には向かわず2死1、3塁とチャンスの芽がしぼみます。続く亀井はレフトフライでチェンジ。 タラレバですが、ギャレットがボールを見極めて犠牲フライでも打ってくれていればと思わずにはいられませんでした。

6回裏に前の打席で痛い死球を食らった村田が打席に、デッドボールのお返しとばかりに放った打球はバックスクリーン左に届く同点ソロHR。 村田の意地の一発を見た感じがして、今日は勝つ或いは引き分けで1stステージを突破できそうな予感が生じました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
東京ドーム
対ベイスターズ
1階席
1塁側
CS1st
タグ:
中井大介
立岡宗一郎
戸根千明
田原誠次
澤村拓一
鈴木尚広
S.マシソン
山口鉄也
亀井善行
ギャレット.J
長野久義
大竹寛
村田修一
内海哲也
堂上剛裕
橋本到
高橋由伸
坂本勇人
阿部慎之助

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

10月10日(月)対ベイスターズ@東京ドーム

mrorangeさん、おはようございます。

ご丁寧にコメント賜りまして大変恐縮です。
本来であれば、私の方からご挨拶に伺うべきところ大変失礼いたしました。

mrorangeさんのブログを今季開幕時から読ませていただいて、
非常に触発され、日々コメントさせていただいている内に、
自分でもブログを書いてみようという気になりました。

mrorangeさんは、私にとっての師匠、先達と感じております。

また、来シーズンもよろしくお願いします。

10月10日(月)対ベイスターズ@東京ドーム

hidemetさん

数日遅れましたが、コメント失礼します。

普段はコメントばかりいただいて誠に恐縮でしたので、こちらからお礼の述べさせていただきます。今シーズン、ブログを通じてですが、ご一緒に応援させていただきありがとうございました!普段は他所様の野球関連のブログを拝見しないようにしているため(影響される恐れがあるから)、こちらのブログに何のコメントも出来ず、申し訳ありませんでした。

CSは残念な結果になりましたが、ジャイアンツにはもう一度チームを立て直して来季こそは優勝して欲しいものです。強くないと、お客さんも来ないですからね(苦笑)。

それでは、また!

こんな記事も読みたい

【読売終戦遊戯】「さらば、原巨人」【プロ野球死亡遊戯】

CSって面白い【素人目線のベイスターズ考察】

2016シーズン終了したので巨人を振り返る【兎と牛は最後の夢を見る】

シーズン終了 【プロ野球の底力】

開幕前セリーグ4位予想 読売ジャイアンツ 再検【老若男虎】

1年間お疲れさまでした【逆風に負けず】

16.10.10 172日後には開幕です【巨人を見る】

16.10.9 明日のマウンドは菅野でお願いしたい【巨人を見る】

ブロガープロフィール

profile-iconhidemet

東京ドームと神宮球場の中間辺りに住んでいるため、土日の観戦時は球場まで自転車で通っています。野球を通じて人と社会について考えていきたいです。
  • 昨日のページビュー:741
  • 累計のページビュー:412361

(10月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 10月10日(月)対ベイスターズ@東京ドーム
  2. 7月2日(日)対ベイスターズ@東京ドーム
  3. 5月28日(日)対カープ@東京ドーム
  4. 4月11日(火)対カープ@東京ドーム
  5. 4月13日(木)対カープ@東京ドーム
  6. 7月22日(金)対ベイスターズ@横浜スタジアム
  7. 8月29日(火)対カープ@東京ドーム
  8. 6月7日(水)対ライオンズ@西武ドーム
  9. 7月1日(土)対ベイスターズ@東京ドーム
  10. 7月10日(日)対ベイスターズ@東京ドーム

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss