歓喜の時へ ~燕戦士達の遥かな夢~

選手を語る⑥ 徳山武陽

このエントリーをはてなブックマークに追加

62 徳山武陽 投手 27歳 3試合 0勝0敗0S 防12.46

「今年はどこへ行ってしまったんだ!?コンビネーションを生かしてほしい選手」

   まぁどこって戸田しかないわけですが…  元々入団時は育成だったこの選手。徐々に力をつけ、昨年はロングリリーフを中心に登板を重ねました。昨年のウチでなければ、勝ちパターンに入ってもおかしくない投球だったと思います。  印象的なのは寺田との「ダブル先発」で巨人に勝った試合ですね。  課題だったセットポジションでのピッチングも改善され、さぁこれからという今季。  昨年の活躍から今年はフルシーズン1軍を期待していました。  しかし現実はそうもうまくいかず、開幕直後にインフルエンザで抹消。その後再調整を経て再昇格、マツダでの緊急登板で打たれた後は一軍に戻ってきませんでした。  その役割を果たす投手が固定できなかったあたりも、今年の投壊を暗示していますね。

 緊急登板で終わるのは気の毒ではあります。しかし彼は開幕直後結果を残すことが出来なかったのも事実です。  長身から投げ下ろす直球とスライダー・カーブ・フォークのコンビネーションが武器のこの投手、一皮剥ける必要があります。  活躍していた時も決め球がないのが不安要素でした。  困ったときに使える球種。これが彼の再起への鍵になると考えます。  とはいえもう少し使っても良かったと思うのですが、よほど二軍で状態が悪かったのでしょうね…と思ったら8・9月は結構抑えています(;^ω^)

 彼を含め、今年は昨年活躍したコンビネーションで抑えるタイプの投手が活躍できませんでした。  そういうこともあり、一部のファンから「いい加減こういう投手じゃなくて力投派を獲れ」という声が多発しています。  徳山を含めた「コンビネーション投手」の存在意義自体が否定されているのです。  確かに力投派の投手は少ないですが、これまでウチが育てきれていないのも事実。  育成環境も勿論ですが、この手の投手が活躍しないことにはチーム力は上がりません。  そして、このタイプの投手を嫌うファンを最も黙らす可能性があるのは、昨年の活躍と今年おかれた状況を考えると、彼だと思います。  うまく纏められませんでしたが、色々な意味でこの人には活躍してもらわないと困るのです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オフのネタ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ご都合主義・厚顔無恥なCS改革論について【Carp-History】

横浜ファンは広島で、どの程度座席を確保できるのであろうか? 試算してみました【いろいろ所持雑感】

クライマックスの「余談」【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

選手を語る⑤ 久古健太郎【歓喜の時へ ~燕戦士達の遥かな夢~】

選手を語る④ 石川雅規【歓喜の時へ ~燕戦士達の遥かな夢~】

今年のスワローズはおかしい(2016-17 OFF2)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

選手を語る③ 成瀬善久【歓喜の時へ ~燕戦士達の遥かな夢~】

浩康さん、あなたという人は…【希望が奇跡の幕開く神宮劇場】

ブロガープロフィール

profile-iconharuyan0607_2

2015年は優勝したものの、その後日本一・連覇へ高い壁が立ちはだかりました。
今度はその未知の領域へ入り込み、歓喜の時を迎えていきたい!
そんな一心でとある学生スワローズファンが書いているブログです。
  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:366063

(01月21日現在)

関連サイト:過去のブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 選手を語る⑫ 鵜久森淳志
  2. 選手を語る54(終) 山田哲人
  3. 選手を語る③ 成瀬善久
  4. 選手を語る㉘ 奥村展征
  5. 選手を語る⑨ 廣岡大志
  6. 選手を語る⑭ 原樹理
  7. 2016退団選手(後編)
  8. 選手を語る㉒ 竹下真吾
  9. 選手を語る㉛ 畠山和洋
  10. 2016年退団選手(前編)

月別アーカイブ

2016
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss