熱き氷の世界

遅咲にご注目 NHK杯日野龍樹選手

このエントリーをはてなブックマークに追加

凍えるような西日本選手権がおこなわれていた京都アクアリーナを一番熱くしたのは、日野龍樹選手ではなかったろうか。演技後、自然に声を出して、思わず立ち上がっていた。観客席に加え関係者席とも、やっと彼のパーフェクトな演技が観られた喜びを分かち合い、心からの祝福に溢れていた。ガッツポーズから涙を堪える、普段感情を露わにしない彼らしからぬ仕草に、もらい泣きを禁じえなかったのは私だけではなかったろう。 幼い時から嘱望された本当は早熟スケーター。拠点を移して4回転ジャンプを習得する筈が、手古摺っているうちに同学年ライバルだった羽生結弦選手や田中刑事選手に大きく水を空けられた。日露ハーフの華やかな顔立ちと長い手足、氷上の存在感、佇まいは随一。なのにジャンプが上手くいかない。4回転トゥループにトリプルアクセル、国内大会では最高レベルの構成に挑むからには、きっと練習では出来ているはずなのに、前半の難技での失敗を取り返せない演技が多かった。一時は本当、転倒すると諦めてしまったかのような粘りのない演技が続き、心の中で「しっかりい」と叫んだものだ。返す返すも勿体無い残念ボーイ、という印象ばかり刷り込まれていた。 あれ、とその変質に気づいたのは昨季の西日本あたりから。ジャンプが安定、とはいえないまでも、リカバリーしたり大崩れしなくなった。スケーティング姿勢もすっと伸びて、見栄えもますます上がった。「あ、本気だ」と嬉しくなったものだ。 当時大学生三年生。就活の仲間を尻目に競技続行の意識、その辺りで確たるものになったと推察する。 後輩からの人望も高く、いつも彼の周囲にはスケーターが集まって、その中心で笑っています。そこだけ光が当たったようにカッコイイ、この笑顔、なんとか氷上で見れないものか、と念じていたら、笑顔を通り越して涙の2016西日本ショート、となった次第。フリーもまずまず、ぶっちぎり優勝確定で祝福のスタオベに、「まあまあ、止めて」と制するポーズ、あれはカッコ良すぎ。フツーの選手ならキザになって許されないところ。 今季ギリギリ強化選手Aの指定され、まだまだ連盟は彼を見放してないな、と実感したものだが、空いた自国枠のグランプリスポット、劇的に手繰り寄せたのが日野龍樹選手なのだ。 実績では抜かれた同門の後輩、山本草太選手というのが複雑なところかもしれないが、彼には仲良し同学年に囲まれた大舞台を、伸び伸びと思いっきり楽しんでほしい。さすれば結果も・・・。 企業さま、是非とも彼に現役続行の場をお与えください。遅咲ながら人気は抜群、PR効果絶大です。そして何より真面目な人柄。真摯な競技姿勢は社内の士気に良い化学反応をもたらすこと請け合いです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑感
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦 対早大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

スポーツ報道のあり方について その2~若い選手の未来を潰すな~ ※11/25追記【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦 対東洋大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconharukonomu

  • 昨日のページビュー:14
  • 累計のページビュー:3937355

(08月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 安藤美姫さんへ
  2. ほんとうに、これで終り?  ~2013全日本選手権男子フリー・高橋大輔選手~
  3. 265.38点の呪縛 ~スケートカナダ~
  4. 五輪内定キター!! ~グランプリファイナル~
  5. 初戦制覇、なれど   ~スケートアメリカ~
  6. 不敗神話、途絶える ~スケートカナダ~
  7. コーチそれぞれ  ~NHK杯外伝~
  8. だいぶ不安  ~小塚崇彦選手・中国杯~
  9. やはりドラマティック!!   ~2013全日本選手権男子フリー~
  10. そして300点へ ~エリック・ボンパール杯~

月別アーカイブ

2016
11
09
08
07
03
02
01
2015
12
11
10
07
04
02
01
2014
12
11
10
05
04
02
01
2013
12
11
10
09
07
06
05
04
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss