熱き氷の世界

世界ジュニア選手権、男子2枠確保を祝う

このエントリーをはてなブックマークに追加

 若い女王誕生、一位、三位、四位入賞、と良いことずくめだった女子。ロシアに負けぬ層の厚さ、とノービスやJr.の国内大会観戦の度に感じてきたけれど、今年この快挙が生まれるとは。しかも出場した彼女らだけでなく、青木・横井・坂本・三原・紀平・渡辺などなど有望な若手の名前がたくさん思い浮かぶ。まさに日本女子の迎えたゴールデンエイジ。ただ、今回は相手のライバルの怪我もあっての快挙。実績は王国ロシアに近づいたが、強化のシステムも違えば、悪い表現ながら「使い捨て」ても次から次へ新星の現れる重厚な層には現在のところ及ぶまいと捉えている。一人ひとり大切に育てるのが日本流、として平昌あたりで結実したら嬉しい限りだが。    余裕の「3枠確保」の女子に比べて、男子は3枠から2枠に減ったものの、個人的には「良くやった」、と出場各選手をほめたい。エース山本草太選手が表彰台の一角を占められたとしても、3枠維持にはもう一人がベスト10入りせねばならない。出場の中村・宮田両選手が、練習では降りていると聞こえても、試合ではトリプルアクセルに手こずる様子を間近に観てきて、現実的にはちょっと難しいかなあと失礼ながら戦前には覚悟していたものだった。また両選手は大学生でジュニアラストイヤー、山本選手も怪我前はシニア移行を表明していたこともあって、代表が一旦総入れ替えでリセットされてしまうことにも一抹の不安を感じていた。そこへきてのエースの不在。「一枠転落」さえも正直覚悟していた。 中村 優選手  こだわって挑み続けたトリプルアクセル、念願の大舞台でクリーンに決められなかった心残りはあるでしょうが、エレメンツごとに工夫してレベルや難度の積み重ねる落ち着いた戦いぶり、ジュニアらしからぬきめこまかなプログラムの完成度に一皮剥けた姿を観た気がします。線が細くて頼りない、なんて思っていたことを恥じ入ります。プレッシャーのなか日本人TOP、見事な二日間でした。来季以降の大学生スケーターとしてのすばらしい滑りに期待しています。 宮田 大地選手  大会では「場に呑まれた」印象かな。でも、出場に至るまでの国内での確かなプロセス、見届けていました。本領発揮、とはいかなかったけど、渇望していた場にたどり着くまでの熾烈な戦いを乗り切った経験は、きっと競技者として演技者として一回り大きくしてくれるはず。 そして友野一希選手。  突然の親友の代役、気持ちの切り替えも段取りもさぞや大変だったでしょう。なのに精一杯の演技で枠取りに貢献してエキシビションにまで招待されて。スケートでやりたいこと、表現したいことがひしひしと伝わって、鮮烈な世界デビューを飾れたことが見守ってきた身には嬉しいです。来季のチャンスを自分で切り開いた。今度こそ自力で出場して、会心の演技を心待ちにしてます。

 ジュニアでもワールドクラスになればトリプルアクセルやクワドが必要。若い方が有利、とさえ思える女子と異なり、男子は一足飛びに新星出現といかないことが多い。翌年の世界選手権のみならず、グランプリシリーズの振分も影響するため、枠は次世代に経験を積ませる場を残す意味でも大きい。2枠とはいえ大本命島田選手はじめ中学生スケーターの押し上げや大学生になる小田選手など、誰が羽ばたいてもおかしくない来季が楽しみだ。そして山本選手の早い回復を心から祈っている。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑感
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

世界ジュニア選手権、男子2枠確保を祝う

harukonomuさん、
ご無沙汰しています。

本編記事とは関係ないことですみません。
バンクーバー五輪以降続けてきたブログですが、様々な理由で更新を休止することにしました。
思えば、harukonomuさんのブログにコメントしたくてIDを取得したんですが、苦し紛れに始めたブログも、ここまで続けてこられるとは思いませんでした。

誹謗中傷が多かったブログの中で、いつも冷静に文章を書かれていたので、「オアシスの中の泉」に出会えたような(出会ったことはないんですが、出会うとしたらおそらくこんな気持ち?っていう)、ホッとしたのを覚えています。

私の知らないジュニアやノービスまで幅広く選手やスケーターを愛してこられたのが、とても伝わってきました、いつも。

私のブログは「無期限に」閉店しますが、時折harukonomuさんのブログにお邪魔させていただくと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

こんな記事も読みたい

世界フィギュア2016 男子ショートプログラム滑走順とみどころ【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

ロシア・アメリカ・カナダ選手権結果まとめて 引退の選手も【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

世界選手権、はじまりますね♪【観るの大好き♪】

ブロガープロフィール

profile-iconharukonomu

  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:3938029

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 安藤美姫さんへ
  2. ほんとうに、これで終り?  ~2013全日本選手権男子フリー・高橋大輔選手~
  3. 265.38点の呪縛 ~スケートカナダ~
  4. 五輪内定キター!! ~グランプリファイナル~
  5. 初戦制覇、なれど   ~スケートアメリカ~
  6. 不敗神話、途絶える ~スケートカナダ~
  7. コーチそれぞれ  ~NHK杯外伝~
  8. だいぶ不安  ~小塚崇彦選手・中国杯~
  9. やはりドラマティック!!   ~2013全日本選手権男子フリー~
  10. そして300点へ ~エリック・ボンパール杯~

月別アーカイブ

2016
11
09
08
07
03
02
01
2015
12
11
10
07
04
02
01
2014
12
11
10
05
04
02
01
2013
12
11
10
09
07
06
05
04
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss