気の向くままに

2017年2月5日 仙台89ERS-三遠ネオフェニックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は2月5日に行われた仙台89ERS-三遠ネオフェニックスの連戦第2戦をプレイバイプレイから得たスタッツと共に見ていきたいと思います。  前日の対戦では仙台はペイント内からのシュート成功率が安定せず、3ポイントも不調だったことが響いた感がありましたが、この試合ではどうだったのかというという点に注目です。

〈1Q〉

 1Qは仙台15-23三遠という展開。  数字上、得点差をもたらしているのはフリースローの本数+3ポイント。  スティール+が両チームとも3回ずつある中でこれだけフリースローに差が出るということは、仙台の守備にファウルがやや多く出ていて少し良くなかったという感じでしょうか。  オフェンスリバウンドも3本取られていますし、このあたりは改善の必要有りですね。  自分たちも取れているならまだ良かったのですが。  また、ペイント内からの確率は悪くないですが3ポイント撃ってない上に、ペイント外からの成功率が20%という点は評価がわかれそうな部分かなという気がします。  

〈2Q〉

 2Qは仙台10-12三遠という展開。  両チームともペイント内から決めきれなかったことがロースコアの原因ですね。  三遠は加えて3ポイントも5本撃って入らずという点も痛かったですかね。  しかし仙台は3ポイントに加えてペイント外も低確率。  せっかく相手の得点を抑えてもこれでは点差は詰まらないですよね。  速攻からの得点がないので、そのあたりが増えてくればシュート成功率も自然と上がってくると思いますが…  三遠とすれば得点が入らなくても点差が維持できているので数字ほど嫌な感じはなかったでしょう。

〈3Q〉

 3Qは仙台18-20三遠の展開。  このQは互角の流れと見ていいでしょう。  仙台からするとペイント内で確率良く決められすぎで、もう少し外させたいところ。  オフェンスリバウンドが良く取れている点は良かったですね。  三遠はペイント外や3ポイントの確率が上がってきませんが、フリースローが非常に高い確率で入っており、そのあたりで得点を繋いでいたようですね。   〈4Q〉

 4Qは仙台18-18三遠という展開。  仙台はスティール+が3本あるにも関わらず同点までということは、なかなか相手のミスを活かせていないということなのかなと。  どのあたりにそれが表れているかといえば、仙台のペイント外の成功率。  結局この試合で仙台のペイント外からのシュート成功率が30%を超えるQはなし。  少なくない本数をこのレンジから撃っているだけに、この確率の低さは致命的だったと考えていいでしょう。  

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Bリーグ勝利数予測(20170206)【konakalab】

【Bリーグ】2017/2/5 Game34 サンロッカーズ渋谷○86-80●レバンガ北海道。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ゴンザガ大1位独走決定的! 八村塁3点!渡邊は?NCAAは史上初2,3位等トップ10中6校が同日敗退!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconhappygolucky

30の足音に怯える仙台人。
データの傾向を自分なりに解釈してみる実験中。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:145701

(02月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年共同通信杯&京都記念予想
  2. 東京新聞杯予想
  3. 2017年ダイヤモンドS予想
  4. きさらぎ賞予想
  5. 2017年クイーンC予想
  6. 共同通信杯&京都記念反省 ゴメンナサイ回
  7. 2017年フェブラリーS&小倉大賞典予想
  8. きさらぎ賞&東京新聞杯反省
  9. 土日重賞の反省
  10. データで見るベガルタ仙台の昨シーズン(攻撃編)

月別アーカイブ

2017
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss