気の向くままに

ファルコンS・スプリングS・阪神大賞典・フラワーC反省

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は土日月に開催された重賞の反省をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

(ファルコンS)

1着コウソクストレート 無 2着ボンセルヴィーソ 無 3着メイソンジュニア 無

 予想は惨敗。  想定ではアメリカンの色を重視して組み立てましたが、終わってみれば欧州色が強い結果に。  タイム的には14年とほぼ同じで、この年の血統傾向の解釈を誤ったことがこの惨敗につながってしまったのかなと。  酷い予想をしてしまったと反省です。  このレースで負けたアメリカン色の強い馬たちが次走人気下げていれば、そういう適性が求められる馬場ならオイシイ。

(スプリングS)

1着ウインブライト ▲ 2着アウトライアーズ ○ 3着プラチナヴォイス 無

 印だけなら馬連相当ですが、3連系の組み立てをイメージしたのでダメ。  プラチナヴォイスは指数実績はあったものの、エンパイアメーカーとウッドマンで微妙に合わないと見たのが失敗。  おそらくウッドマンはEシじゃなくてAシですね。  ここが痛かった。  エンパイアメーカーの距離グループがズレている可能性もありますけど。  適性読み以外の部分では、券種のところで馬連も想定しておけば合成オッズから手控えるという形もあっただけに、このあたりは甘かったなと思いますね。

(阪神大賞典)未予想

1着サトノダイヤモンド 2着シュヴァルグラン 3着トーセンバジル

 サトノダイヤモンドは血統的には少し軽いかなと思っていましたが、指数実績がシュヴァルグランよりもさらにワンランク上。  そのシュヴァルグランもサトノ以外の馬とはワンランク上の実績。  トーセンバジルはハービンジャー産駒で母父、母母父にアメリカンがいないパワーとスタミナ血統。  表作成が間に合えば…

(フラワーC)

1着ファンディーナ 無 2着シーズララバイ 無 3着ドロウアカード 無

 これも惨敗。  2着から4着馬は欧州クラシック色のある血統で、想定以上にスタミナが求められたレースだったと思います。  そんな中、そういう気配の薄いファンディーナの圧勝。  ここ2年よりワンランクツーランク上の指数が出ていそうで、これは参りました。  
 今週は日曜日のチャンスを取りきれなかったのが痛かったです。  しかしスプリングSで血統グループ読みはある程度ハマッていますし、しばらく今の予想スタイルを続けて様子を見たいところです。  次も重賞4レースで表作成が間に合うかは微妙ですが…  よろしければ次回の競馬予想もよろしくお願いします。    といったところで今回はここまでにします。  それではまた。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

次週は高松宮記念含む4重賞 ドバイは「マジックマン」に注目しています【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

2017 フラワーC レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

第256回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~フラワーカップ G3【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

ブロガープロフィール

profile-iconhappygolucky

30の足音に怯える仙台人。
データの傾向を自分なりに解釈してみる実験中。
現在多忙の為バスケのみデータ紹介。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:459292

(04月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年共同通信杯&京都記念予想
  2. 20170402 大阪杯見解
  3. 東京新聞杯予想
  4. 20170409 桜花賞予想
  5. 2017年チューリップ賞予想
  6. 20170416 皐月賞予想
  7. 2017年ダイヤモンドS予想
  8. きさらぎ賞予想
  9. 2017年アーリントンカップ見解
  10. 20170401 ダービー卿CT予想

月別アーカイブ

2017
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss