くうねるサッカー アラウンド

リバプール vs アーセナル / ジャパン vs オーストラリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

デブライネ「どうしますか、シルバ兄さん」 ダビド.シルバ「ここにコースが空きそうなので、ぼくは パス&ゴー(ワンツー) がしたいのです」 デブライネ「そいじゃーぼくは回って、あっちのスペースで 併走するんでパス出して下さい」 という対話が0.3秒間のうちに無言でなされ、3秒後には 一連のアタックが完了している。 今季は減っているものの、そういう関係性が、よく見られた。 デブライネ以外にも、ナスリが、ミルナーが、これを出来る人 だった。ヨベティッチやサバレタも、時にやっていた。 マンチェスタ.シティの話です。 何が言いたいかというと、アーセナルのエジルには、こういう 以心伝心な仲間が、 アイデアを瞬間的に理解して動いてくれる仲間が、 足りないと思うのだ。ホントなら、もっと輝けるはずなのに。 チームの中心なのに、なんだか孤立していて、寒々しい。 カソルラが今いないせいなのか? リバプー戦は、観るのもしんどかった。10分おきにVTRを 一旦停止にし、コーヒー飲んだり立ち直ったりする感じで観た。

この日のリバプーが特別によかったのかもしれない。 FWにサラ―、マネ、フィルミーノ。 2列目にエムレ.ジャン、少し後方にヘンダソンとワイナルドゥム。 解説の戸田氏によると、エムレ.ジャンはこのポジションが最適で あり、昨季は無理に3列目をさせられてたそうだ。納得。 コンフェデでは2列目で輝いたし、昨季は「煮え切らん人だ」と 感じてたのはそのせいだったか。 監督としては、人手不足をやりくりしなきゃいけないけど、 選手のイメージが歪んでしまうのは不憫なことです。 ともあれ、絶好調の彼とヘンダソンからスルーパスが量産され、 パワーとスピードの3FWが走りまくるので、 アーセナルは地獄でした。 4-0。シュート数18-8。 ゴールは、順にフィルミーノ、マネ、サラ―、スタリッジ。 次節リバプーとあたるのは、シティです。 やだなあ。 チェルシー、トットナムに次ぐ、フィジカル系が誕生。 テクニックも、スピードも、チームワークもあるフィジカル系は 手に負えない。


W杯最終予選、ジャパン vs オーストラリア。8月31日。 1列目にオーサコ、イヌイ、アサノ。 2列目にホタル、イデグチ、少し後ろにハセベ。 個々でみると、確かに素晴らしいけど、この組み合わせはどうよ。 オーサコの位置はそこでいいの? ハラグチ抜きで大丈夫なの?な開始だったが ラリアが謎のフニャフニャ感だったことも幸いし、 (コンフェデ杯・チリ戦のテンションはどこへやったんだか‥) 40分、アサノの飛び出し&相手のトラップミス?でゴール! きゃあ。ものすごい歓声。 NHK-BSの実況が、かき消される。 後半36分、ハラグチが潰されつつ奪ったボールをイデグチが 右に運び「おお、どこ行くんだ」と思った瞬間、わあ撃ったよ! パワフルな美しいゴール! よかったあ。ロシア行けるんだね、君たち。 ハリル監督はうるうるしていた。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
エジル

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オーストラリア戦 【 まだゼロ地点に到達していない。ゼロ地点はW杯でのグループステージ突破。 】【FCKSA66】

日本代表 オーストラリア代表 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

今季(2017-18シーズン)のプレミアリーグの順位を予想する。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconhanano

  • 昨日のページビュー:165
  • 累計のページビュー:712591

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人のサッカーが面白い
  2. カガワ その後
  3. スアレス、シルバ、カガワ
  4. アーセナル - マンチェスタ.シティ、カガワ ほか
  5. カガワを観た
  6. なぜ マンチェスタ.シティは 叩かれるのか / バルサ再び
  7. 決勝点のアサノは、スアレスのようだった
  8. 「シティらしさ」とは 何か
  9. ユベントス vs ローマ、チェルシー vs アーセナル ほか
  10. 敵が強い という恩恵、バルサ vs マンチェスタ.シティ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
05
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
12
10
09
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss