くうねるサッカー アラウンド

コンフェデ杯 追記

このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは、主に「自分のためのサッカー備忘録」を アップさせてもらってるのだけど、「しまった言い過ぎた」とか 「あれは気のせいだった」と後悔することがよくある。 注意してても、まだある。今回も。 「終わった」という言葉はとても強いので、よほど気をつけて 使わなくてはいけない、と自戒。 正確には「ドイツはもしかすると、天才的ストライカーの 出現への望みを捨て、MFタイプのFWを多用する道を選んだ」 というだけであり、 ルイス.スアレスとか、レバンドフスキとか、天才に恵まれた国は それを中心に据えるだろうし、そうするべきだから、 エースに恃む時代は終わったという言葉は不適当だった。 すいません。

また、「バイエルン風味」と片付けたのだが、本当はもっと、 レーヴ監督のドイツは底知れないものがあったので、 少し追記すると、可変型3バックだとか、ウィング重用は 「コンテ監督のチェルシー」ぽさを感じた。 また、ゼロトップの形態は「EURO2012の時のスペイン」も 思い出させた。あのときのスペインは、トーレスが不調で、 わりと「仕方なく」採ったテだったけど、 今回のドイツは「積極的に選択」したもののように見えた。 そして最高の結果を残したわけで、 また来年のドイツが愉しみだ、という気持ちは変わらないです。

まあ、本当に「好き」なのはエジルやミュラーではあるのだが。 あの人たちは、変なことするから。 意外性があるから。

前回ドイツとチリの特徴をざっくりまとめ、まとめ過ぎたので、 各試合、ゴールについて追記。 観れた試合のみです。 ◆ドイツ オーストラリア戦:ウィングのブラント→スティンドルがゴール。 PKでドラクスラーが、キミッヒ→飛び出したゴレツカがゴール。 チリ戦:ヘクターのクロス→スティンドルがゴール。 メキシコ戦:ウィングのヘンリク→爆走ゴレツカがゴール。 ベルナー→斜めに走り込んだゴレツカがゴール。 ウィングのヘクター→ベルナーが流し込み、 ブラント→ジャン→ユネスが得点。 決勝のチリ戦:相手のミスからベルナー→スティンドルがゴール。 (全体、ショートカウンターが多めのドイツ) ◆チリ ドイツ戦:相手のパスミスをビダルがカット→サンチェスゴール。 オーストラリア戦:バルデスのヘッド→ロドリゲスがゴール。 ポルトガル戦:0 決勝のドイツ戦:0 (全体、ビダルとサンチェスによる切り崩しが多めのチリ) あー。あんまし得点はできてなかったんだなあー。 面白かったけどなあ、チリ。

ほか、テアシュテーゲンはやっぱし凄い若手だった。 (例えば、決勝では枠内にきた8本を止めまくった) ほか、キミッヒをMFで観てみたい願望がある。 ほか、メダル授与式、マラドーナがいる風景に和んだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

バルセロナ、メッシと2021年までの契約延長で合意 12年間で8度目の更新【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

张玉宁がブレーメンへ!「人生でもっとも重要な瞬間」【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

サッカーの最新モードを ドイツにみる【くうねるサッカー アラウンド】

ブロガープロフィール

profile-iconhanano

  • 昨日のページビュー:595
  • 累計のページビュー:702058

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人のサッカーが面白い
  2. カガワ その後
  3. スアレス、シルバ、カガワ
  4. アーセナル - マンチェスタ.シティ、カガワ ほか
  5. カガワを観た
  6. なぜ マンチェスタ.シティは 叩かれるのか / バルサ再び
  7. 決勝点のアサノは、スアレスのようだった
  8. 「シティらしさ」とは 何か
  9. ユベントス vs ローマ、チェルシー vs アーセナル ほか
  10. 敵が強い という恩恵、バルサ vs マンチェスタ.シティ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
05
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
12
10
09
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss