no title

今季、高得点を5回も出し続けた羽生選手の舞台はフェルナンデス選手の優勝で完璧に整った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のみならず海外からもフィギュアスケート史上最高のスケーターと評価されていただけに、羽生選手のプレッシャーは比類なきものだった事でしょう。

今季ショート、フリーあわせて5回も出したあの恐るべき高得点の演技は、当たり前に出来るものではなく、本当に繊細な精神と肉体のコントロールで、ギリギリ一杯の演技をこなしていた事を、今回のフリーを失敗したことで改めて思い知らされた。 常に心のエネルギーを使い、命を削る様に、全身全霊で努力し続けたのだ。

それにしても、今回のフェルナンデス選手の圧巻の演技は、羽生選手にとっても待望のものだったのではないだろうか?

なぜなら、彼は4年前、自分の練習環境をより良いものにする為、ライバルを求めてわざわざカナダに渡ったのだから。

もはや、ライバルはいないと言われてきた昨今、彼はモチベーションをあげる起爆剤に不足していたに違いない。

チームメイトであるフェルナンデス選手が、世界選手権で2連覇する名演をした事で、正真正銘のライバルとなり、羽生選手の望む舞台がようやく出来上がったと言うわけだ。

今の時点では、完璧に演技をすれば、技術的にも芸術的にも羽生選手がまだリードしている状態なのかもしれない。

ただ、フェルナンデス選手は羽生選手より丈夫で健康な身体を持っているという意味では、アスリートとしても重要なポイントで有利と言える。

だから、いちファンとして、羽生選手の健康をただただ祈るばかりである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:
羽生結弦
世界選手権2016
フィギュアスケート
フィギュア

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

今季、氷河点を5回も出し続けた羽生選手の舞台はフェルナンデス選手の優勝で完璧に整った。

ご指摘感謝いたします。お恥ずかしいばかりです。無知丸だしで申し訳ないです。すぐさま表現を変えます。ありがとうございました。ここの読者の方は丁寧に訂正してくださるので本当にありがたいです。

今季、氷河点を5回も出し続けた羽生選手の舞台はフェルナンデス選手の優勝で完璧に整った。

「氷河点」ではなく「銀河点」ではないでしょうか。
また、この「銀河点」という言葉は「盛りに盛った普通では出ないはずの点数」という意味で悪意を込めて使われる言葉ですので、羽生選手を応援されるのでしたら使われないほうが良いと思います。

こんな記事も読みたい

4回転3本以上という男子フリーの世界に少々疲れました。【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

世界フィギュア男子シングル・羽生雪辱ならなかった要因を考察する【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

世界選手権2016 羽生結弦選手と実態なきイメージから守るバリケード【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconhanahanahana

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:27584

(03月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 世界選手権2016 羽生結弦選手と実態なきイメージから守るバリケード
  2. 今季、高得点を5回も出し続けた羽生選手の舞台はフェルナンデス選手の優勝で完璧に整った。

月別アーカイブ

2016
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss