コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ

海外サッカー

スロヴェニア代表(U15-19)のタレント育成の新たな試みと、成功の秘訣と問題点

ミラン・ミクラヴィッチ氏がスロヴェニア代表ヘッドコ-チとして2010年ワ-ルドカップ 出場に貢献した後、2011年スロヴェニアサッカ-協会ユ-スダイレクタ- (U15-19代表チ-ムを統括)に就任し、育成年代の選手が将来近代サッカ-に適応できるよう にスロヴェニア代表(育成年代)としてのプレイモデルを作り、次の年代代表にスム-ズに 移行させ一貫した指導で成功を収めています。 現在のA代表選手のほと......続きを読む»

ホッヘンハイムのトレ-ニングキャンプ

昨シ-ズン、ドイツブンデンスリ-グ3位のホッヘンハイムの戦いを注目して見ていました。 指導者にとって、良いプレイをする色々なチ-ムの動向やトレンドをキャッチするのは大事 な事です。中にはメディアの記事だけをみて判断している指導者も多いようですが・・・ 今自分はヨ-ロッパで監督を務め指導を行っている中で、ヨ-ロッパの監督がどのように 指導を行っているかを学ぶことは大事な機会になります。 今回、オ......続きを読む»

ヨ-ロッパサッカ-のトレンドの進化の速さとアップデ-ト

オ-ストリアに来て、一年以上が過ぎます。 この一年でも、ヨ-ロッパサッカ-のトレンドはさらに進化したように思います。 攻撃はよりスピ-ディ-に、プレイのテンポが速くになり、ゲーゲン・プレッシングに見られるように 守備はリスクを冒しながらも、よりアグレシッブになり、進化のスピ-ドが以前よりも 早くなったように思います。個々の選手を見ても、ダイナミックにフィジカル面の特徴がより 要求されていることが......続きを読む»

旧友ヴァスティッチとのオーストリアでの再会

2002-2003年に名古屋グランパスで活躍した、イヴィツァ・バスティッチ、 通称イヴォを覚えているいる方も多くいらっしゃるかと思います。 現役を39歳で引退してから様々なチ-ムで監督として活躍し、、 現在オーストリア一部リ-グのマッタ-ブルグの監督を務めています。 名古屋グランパスで初めてトップチ-ムでコ-チをした時の 選手で、家族ぐるみでの付き合いもあり、思い出深い選手の一人です。 ......続きを読む»

SVホルン オーストリアリ-グ3部 監督就任のお知らせ

4月11日付でオ-ストリアリ-グ3部 SVホルンの監督に就任いたしました。 子どものころからの夢であったヨーロッパでプロの監督に就任することができ、 数多くの方々の中から選んでいただいたクラブには本当に感謝しています。 スロヴェニア留学時の恩師である故ブランコ・エルスナ-氏(オーストリア代表監督・チロルインスブルック監督 ・スロヴェニア代表ダイレクタ-)そしてズデンコ・ヴェルデニック氏 が......続きを読む»

プロクラブにおける監督選び ビジョン無き所には冒険なし

世界中で時々監督人事においてサプライズが起こります。 かってACミランは80年代末、当時セリエBパルマを率いていたアリゴサッキに1年に2度敗れ、次のシーズン、アリゴサッキ氏を抜擢しました。ゾーンプレスDFで有名な監督である、彼の抜擢がなければ世界のサッカーの流れは変わっていたと思います。 クライフは現役を退いて直ぐに監督に就任しました。アヤックスで成功を収め、バルセロナに移り大きな成功を残しまし......続きを読む»

感慨深いボスニア代表のワールドカップ出場。国をまとめた、ユーゴサッカーの象徴オシム氏

先日BS1で、オシム氏のボスニア代表ワールドカップ初出場に関する特集番組が放映されていました。 ボスニアは個人的には、もっと早く出て来るべきだと常々思っていました。それほど旧ユーゴの中でも、タレントの宝庫であり美しいサッカーをする国の一つでした。 90年ワールドカップ代表にはボスニア出身者が最も多かったことにも表されています。その後もコドロ、サミハリジッチなどが活躍しました。 スト......続きを読む»

ヨーロッパ選手権2012 進化するプレイモデル

 約一か月わたり行われたヨーロッパ選手権は、スペインが4-0の大差でイタリアを下し優勝しました。イタリアとの決勝戦は、スコア-以上にスペインのレベルの高さに驚かされ人も多かったのではと思います。 私自身は近年まれにみるレベルの高い決勝戦だったように思います。決してイタリアも悪いチームではなかったと思いますが、それ以上にスペインのプレイモデルの精度の高さと進化成熟が上回っていたのではと思います。......続きを読む»

変われぬサッカーの母国 その1

変われぬサッカーの母国 その1 最近、イングランド代表監督退任問題に絡み指導者ライセンス制度や青少年育成システムの問題が取り立たされています。プレミアリーグはリーガエスパニョーラと並び世界最高峰のリーグであり、もっともレベルが高くサッカーの質においても魅力的なリーグの一つです。クラブの資金においても世界で最も裕福なリーグの一つであるがゆえに不思議に思われることが多い。しかしかなり深刻なようです......続きを読む»

バルサのように美しいサッカーは特別なのか? コレクティブに戦うプレイとは

ヨーロッパでは「コレクディブなプレイ」「コンビネーションが良い」「コンパクトにプレイしている」などの表現で評価することがあります。コレクティブなプレイとは集団的なプレイと訳すことができます。要は集団(チームやグループ)としてプレイをしているかを指します。 わかりやすく言うと集団としてサッカーをし、その中で個々が力を発揮していることを指します。 ヨーロッパにおいてプレイ哲学やプレイモデルにおき......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhamayoshi75

Author:濱吉 正則 Hamayoshi Masanori

SV HORN 育成アドバイザ-

HAMAサッカー塾 代表


資格
UEFA公認 PROコーチライセンス(UEFA PRO COACHING DIPLOMA)
スロヴェニアサッカー協会プロコーチライセンス
保健体育中学・高校教員免許

HAMAサッカー塾  現在休止中

問い合わせ先
メールアドレス:hamahamo@hotmail.com


1971年7月5日生まれ


選手歴
大阪体育大学サッカー部 1990-94
NK SVOBODVA 1995-1996

指導歴
スロヴェニア共和国1995-1999年
NK JEZICA U-8 監督 U-18 コーチ 育成フィジカルコーチ兼務
NK Domzale U18 監督 NK HitGorica U-9 監督

静岡県常葉橘高校ヘッドコーチ 1999.6-00.1
柏レイソル U-18監督 2000.2-03.1
名古屋グランパス エイト トップチームコーチ 2003.2-05.1
             強化部スカウト担当
U-15監督 2005.2-07.1
フェルヴォローザ石川白山FC(北信越社会人1 部) 監督 2007
石川県星稜高 コ-チ 2007.07-2008.01
石川県星稜高校サッカー部コーチ 2007.07-2008.01
徳島ヴォルティス  U-18監督 2008.2-09.1
      トップチーム コーチ 2009.2-11.1
ギラヴァンツ北九州 トップチームコーチ 2011.01-2013.01
大宮アルディージャ 監督通訳  2013.01-2014.01
静岡北高校サッカー部 コーチ 2014.2-2016.04

SVホルン 監督 オーストアリ-グ3部  2016.04-2016.05(3部優勝)
        オ-ストリアリ-グ2部 2016.06-2017.05

学歴
大阪体育大学 卒業
リュブリャナ大学体育学部(スロヴェニア)
1995−99年 在籍

その他
Jリーグ育成プロジェクト(現Jリーグアカデミー)メンバー 2001-02年
スロヴェニア代表チーム帯同 1995-98年
  • 昨日のページビュー:161
  • 累計のページビュー:544766

(11月20日現在)

関連サイト:HAMAサッカー塾

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ACミランで10年以上も活躍する日本人トレーナー
  2. タレント発掘その② 発育の遅い選手を見逃さないために
  3. タレント発掘 タレントを見落とさないために。 サッカーの上手さは同じではない
  4. 更に世界で活躍する選手になるために。上手い=ボールタッチではない、技術の捉え方とトレーニングを見直す。
  5. 育成・少年期の指導 技術を片寄らず複合的にトレーニングしていくことの重要性
  6. プロクラブにおける監督選び ビジョン無き所には冒険なし
  7. 大宮アルディージャ契約満了のご報告とお礼
  8. ギラヴァンツ北九州の契約満了の報告とお礼
  9. 旧ユーゴスラヴィア・テクニック教育 良い環境だけでは技術は上手くならない
  10. 浦和レッズそしてペトロヴィッチ監督優勝おめでとうございます!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
05
04
01
2016
12
06
04
02
01
2015
12
10
09
06
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
09
02
01
2012
11
07
05
03
01
2011
12
09
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss