コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ

更に世界で活躍する選手になるために。上手い=ボールタッチではない、技術の捉え方とトレーニングを見直す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに育成年代を指導し、新しい発見や気付きの毎日です。

ここ数年試合もあまり見れていなかったので、ブログでも育成年代について書いていきたいと思います。

改めて底辺は広くなったと思います。特にスペインなどヨーロッパサッカーの影響もありポゼッションサッカーの志向や、ボールを大事にする、技術のへの意識が高くなってきているのは良いことではと思います。

ただその一方で、技術の捉え方が十分ではないように思えます。特にボールタッチは上手くなったと思いますが「動きながら、蹴る・止める・運ぶ・抜く」といった試合で使う技術には、まだまだ課題が有るように思えます。

特に、蹴る・止めるの技術には改善の必要を感じます。特に蹴る技術はあまりしっかりチェックされていないように感じ、強いキックが十分に蹴れない様に思います。止めるということが止めるで終わり、自分が次に行う動作につながってない様に思います。

ここが十分でないために、ヨーロッパサッカーのようにゲームのテンポやを上げられない原因の一つではとお思います。

現代のサッカーはより集団でプレイすることが求められ、ポゼッションサッカーをしていくためには必要な要素だと思います。

グランパス時代ACミランの本田選手に、指導者とスカウトという立場で関わりました。

最初に17歳でテストに来た時に目を引いたのが、蹴る技術とゲームの流れを止めずにボール運ぶ技術です。

当時から彼はそれほど足の早い選手ではありませんでしたが、動きながらボールを運び、ゲームの流れを止めないでプレーができることが抜群に高い選手でした。当時からヨーロッパで成功する要素を持っていました。

派手な技術でかわすのではなく、ボールに置き方で自在にプレイができることが、今の彼の活躍につながっているのではと思います。

ヨーロッパトップクラスの育成プログラムでは、必ずと言ってよいほど「パス・コントロール」を修得するためのドリルトレーニングを行い、ポゼッションゲームなどのゲーム形式の練習を取り入れています。

特に、このドリルトレーニングは技術のベースとなる「蹴る・止める・運ぶ・動く」の基本的を習得するために必要なトレーニングとされています。

AJAXでは8歳から動きながら、蹴る・止める・運ぶ・タイミングを合わせるといったことを習得していきます。アーセナルでは16歳くらいに海外から来た選手は必ずと言ってよいほど、別にパスコントロールトレーニングを徹底して行っています。

バルサやアーセナルなどのトレーニングを見てきましたが、メッシ、セスク、イニエスタ、アンリなど世界のトップクラスの選手でも真面目に大人になっても取り組んでいます。

このドリルトレーニングで大事なのは
'1.ボールの蹴り方
2.止かた、運び方、ファーストタッチ
3.動きタイミング、受け方
4.動きのテンポとリズム'
になります。

今私は、こういった要素を自身のHAMAサッカー塾や高校で教えています。今の子どもたちはベースが高く、驚くことに非常に短期間のうちに習得していくことです。

指導して思いますが、週一回でも意識づけしていけば、かなりの効果があるように感じます。チェックを行うことの重要性を改めて感じます。

お箸の持ちかたを覚えたように、繰り返し行い癖をつけることが大切です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コーチング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

更に世界で活躍する選手になるために。上手い=ボールタッチではない、技術の捉え方とトレーニングを見直す。

味太様
コメントありがとうございます。

情報は非常にあふれていますが、何が大切なのか?より大切なことがまだまだ伝わっていないような気がします。

ポジションを決めていくのは非常に難しい作業だと思います。特にDFとGKは教えながら作っていく事が必要ではと思います。

以前、自分が指導した選手で今現在プロで活躍している選手は、高校3年からDFをやりましたがそれまでトップ下や中盤をやっていた選手で、説得するのに半年ほどかかりました。

興味を持たせるためにも、子供の時には色々なポジションをやらせてサッカーを理解させる必要があると思います。

大切なのは、指導者がポジションの適性やタレントの定義について、理解している必要があると思います。もちろん経験も必要です。

その子供にとってどこのポジションで力を発揮できるか導いてあげることが大切ではと思います。

日本では育成段階で、大柄で運動能力の高い子供の指導に課題が有るように思えます。技術がある子どもだけセレクトされている感があります。

更に世界で活躍する選手になるために。上手い=ボールタッチではない、技術の捉え方とトレーニングを見直す。

はじめまして
「流れの中でより速く、正確に」は日本サッカーについて語る際よく出てくる言葉ですね。オシムさんも似たようなことをなんべんも述べていたのを覚えています。

当たり前ですがサッカーというのは走りながらプレーをするわけですので走りながら「受ける、動かす、蹴る」が大切で、走りながら考え、周りの動きの何秒か先をイメージすることが大切でしょうね。そういうのは一々頭で考えていたら間に合わないからある程度は感覚として出来るくらいになるべきなのでしょうがそれには長い年月を要することでしょう。

近年の日本サッカーはある程度目指すものというのが固まりつつある気がするしパソコンなんかでも無料で色んなサッカーの戦術や練習法が紹介されているので本当いい環境になってきたと思います。子供達にはもっとこの環境を有効に活用して欲しいですが情報選択の際の判断だったり、言葉も難しかったりすると思いますので中々子供達自身では難しいことなのかもしれませんね。それが勿体無いなぁと思わずにはいられません。

ところで聞きたいことがあるのですが、やはりキーパーやディフェンダーなんかは子供達からのイメージは地味だから人気が無く、どうしても小さい頃から指導をってのが難しいのでしょうか?だいたいが他のポジションから来るという流れのような気がします。日本はここも弱いのでここの強化が今後の大きな課題の一つだと思うのですが。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconhamayoshi75

Author:濱吉 正則 Hamayoshi Masanori

SV HORN 育成アドバイザ-

HAMAサッカー塾 代表


資格
UEFA公認 PROコーチライセンス(UEFA PRO COACHING DIPLOMA)
スロヴェニアサッカー協会プロコーチライセンス
保健体育中学・高校教員免許

HAMAサッカー塾  現在休止中

問い合わせ先
メールアドレス:hamahamo@hotmail.com


1971年7月5日生まれ


選手歴
大阪体育大学サッカー部 1990-94
NK SVOBODVA 1995-1996

指導歴
スロヴェニア共和国1995-1999年
NK JEZICA U-8 監督 U-18 コーチ 育成フィジカルコーチ兼務
NK Domzale U18 監督 NK HitGorica U-9 監督

静岡県常葉橘高校ヘッドコーチ 1999.6-00.1
柏レイソル U-18監督 2000.2-03.1
名古屋グランパス エイト トップチームコーチ 2003.2-05.1
             強化部スカウト担当
U-15監督 2005.2-07.1
フェルヴォローザ石川白山FC(北信越社会人1 部) 監督 2007
石川県星稜高 コ-チ 2007.07-2008.01
石川県星稜高校サッカー部コーチ 2007.07-2008.01
徳島ヴォルティス  U-18監督 2008.2-09.1
      トップチーム コーチ 2009.2-11.1
ギラヴァンツ北九州 トップチームコーチ 2011.01-2013.01
大宮アルディージャ 監督通訳  2013.01-2014.01
静岡北高校サッカー部 コーチ 2014.2-2016.04

SVホルン 監督 オーストアリ-グ3部  2016.04-2016.05(3部優勝)
        オ-ストリアリ-グ2部 2016.06-2017.05

学歴
大阪体育大学 卒業
リュブリャナ大学体育学部(スロヴェニア)
1995−99年 在籍

その他
Jリーグ育成プロジェクト(現Jリーグアカデミー)メンバー 2001-02年
スロヴェニア代表チーム帯同 1995-98年
  • 昨日のページビュー:112
  • 累計のページビュー:544606

(11月19日現在)

関連サイト:HAMAサッカー塾

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ACミランで10年以上も活躍する日本人トレーナー
  2. タレント発掘その② 発育の遅い選手を見逃さないために
  3. タレント発掘 タレントを見落とさないために。 サッカーの上手さは同じではない
  4. 更に世界で活躍する選手になるために。上手い=ボールタッチではない、技術の捉え方とトレーニングを見直す。
  5. 育成・少年期の指導 技術を片寄らず複合的にトレーニングしていくことの重要性
  6. プロクラブにおける監督選び ビジョン無き所には冒険なし
  7. 大宮アルディージャ契約満了のご報告とお礼
  8. ギラヴァンツ北九州の契約満了の報告とお礼
  9. 旧ユーゴスラヴィア・テクニック教育 良い環境だけでは技術は上手くならない
  10. 浦和レッズそしてペトロヴィッチ監督優勝おめでとうございます!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
05
04
01
2016
12
06
04
02
01
2015
12
10
09
06
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
09
02
01
2012
11
07
05
03
01
2011
12
09
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss