コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ

UEFAプロライセンスコ-ス  受講生の良いところを引き出し指導者を育てていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

UEFAプロライセンスを2003年に取得して14年になります。細かい練習方法やメニュ-よりも、時代の変化の中で対応していく考え方や理論を学ぶことが出来た事に、今でも感謝しています。

プロライセンス講習会の講義で、今だに思い出すことがあります。当時責任者であったヴェルデニック氏(元大宮、名古屋、千葉etc監督)が受講生の指導実践が終わった後に「今の指導実践を見てどう思いますか?それぞれの意見を教えてください」と我々受講生に質問しました。受講生からはどちらかというと多くは否定的な意見が述べられましたが、10分位たった後ヴェルデニック氏が

「細かい改善点や間違いを探すのも大切であるが、理論的に外れていなければ問題ないのではと思う。もっと指導者の良い所を見て褒めたり、良いところを引き出していくことがが大切ではないか?」

「選手の指導と同じで、間違いを指摘することも大切だが、良いところを見つけ出すことが、より大切だと思う」

「たとえ理論的に間違えていても、ひょっとすれば新しいアイデアが生まれることにつながるのではないか?」

と受講生たちに問いかけ始めました。

プロライセンスコースはすでに監督や指導経験を積んだ者も多く、ただ講義を聞いて学ぶだけではなく講師と受講生のディスカッションも多くあり、試験や講義は厳しいものの、お互いをリスペクトし講師も受講生からアイデアを引き出しながら進んでいった感じでした。

また取得後、監督に就任する者も多く、良い所を引き出していくことが自信もって現場に送り出すことに繋がるのかなと感じました。選手への指導と同じで良くしたいがために、間違いや細かい事を指摘することが、決して伸ばすことに繋がらないのだなと、その当時感じました。

ヴェルデニック氏が今年2月、SVホルンがクロアチアキャンプをしている時に、3日間視察に来てくれました。練習後、毎晩連絡をくれて2時間ほど話しながら、20年前と同じで良いところを見て褒めながら改善点を教えてくれました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【 乾貴士 】 ピンポイントクロスで1アシスト。 【 エイバル vs レガネス 】【FCKSA66】

強豪同士の対決はバルセロナに軍配【巨人 大鵬 卵焼き】

俺から見たヘタフェ対バルセロナ【バルセロニスタ】

ブロガープロフィール

profile-iconhamayoshi75

Author:濱吉 正則 Hamayoshi Masanori

SV HORN 育成アドバイザ-

HAMAサッカー塾 代表


資格
UEFA公認 PROコーチライセンス(UEFA PRO COACHING DIPLOMA)
スロヴェニアサッカー協会プロコーチライセンス
保健体育中学・高校教員免許

HAMAサッカー塾  現在休止中

問い合わせ先
メールアドレス:hamahamo@hotmail.com


1971年7月5日生まれ


選手歴
大阪体育大学サッカー部 1990-94
NK SVOBODVA 1995-1996

指導歴
スロヴェニア共和国1995-1999年
NK JEZICA U-8 監督 U-18 コーチ 育成フィジカルコーチ兼務
NK Domzale U18 監督 NK HitGorica U-9 監督

静岡県常葉橘高校ヘッドコーチ 1999.6-00.1
柏レイソル U-18監督 2000.2-03.1
名古屋グランパス エイト トップチームコーチ 2003.2-05.1
             強化部スカウト担当
U-15監督 2005.2-07.1
フェルヴォローザ石川白山FC(北信越社会人1 部) 監督 2007
石川県星稜高 コ-チ 2007.07-2008.01
石川県星稜高校サッカー部コーチ 2007.07-2008.01
徳島ヴォルティス  U-18監督 2008.2-09.1
      トップチーム コーチ 2009.2-11.1
ギラヴァンツ北九州 トップチームコーチ 2011.01-2013.01
大宮アルディージャ 監督通訳  2013.01-2014.01
静岡北高校サッカー部 コーチ 2014.2-2016.04

SVホルン 監督 オーストアリ-グ3部  2016.04-2016.05(3部優勝)
        オ-ストリアリ-グ2部 2016.06-2017.05

学歴
大阪体育大学 卒業
リュブリャナ大学体育学部(スロヴェニア)
1995−99年 在籍

その他
Jリーグ育成プロジェクト(現Jリーグアカデミー)メンバー 2001-02年
スロヴェニア代表チーム帯同 1995-98年
  • 昨日のページビュー:102
  • 累計のページビュー:540892

(10月10日現在)

関連サイト:HAMAサッカー塾

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ACミランで10年以上も活躍する日本人トレーナー
  2. タレント発掘その② 発育の遅い選手を見逃さないために
  3. 更に世界で活躍する選手になるために。上手い=ボールタッチではない、技術の捉え方とトレーニングを見直す。
  4. タレント発掘 タレントを見落とさないために。 サッカーの上手さは同じではない
  5. 育成・少年期の指導 技術を片寄らず複合的にトレーニングしていくことの重要性
  6. プロクラブにおける監督選び ビジョン無き所には冒険なし
  7. 大宮アルディージャ契約満了のご報告とお礼
  8. ギラヴァンツ北九州の契約満了の報告とお礼
  9. 旧ユーゴスラヴィア・テクニック教育 良い環境だけでは技術は上手くならない
  10. 浦和レッズそしてペトロヴィッチ監督優勝おめでとうございます!

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
05
04
01
2016
12
06
04
02
01
2015
12
10
09
06
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
09
02
01
2012
11
07
05
03
01
2011
12
09
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss