コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ

日本とヨ-ロッパのキックの質の違い その②  オリジナルを作る為の段階指導

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの選手の練習前の様子を見ていると、比較的シュ-トゲ-ムやサッカ-テニス、キックボ-ドにキックの繰り返しや2人組でのパスなどをしている選手が多いように思います。あまり一人でリフティングやっている様子などを見ることは少ないように思います。

育成年代の技術指導は偏りがあってはいけません。近年の日本での育成指導は、足元のボ-ル扱いの練習に偏りがある様に思います。自分とボ-ルだけの関係で練習が多いように思います。また少年期での選手評価も、足元のボ-ル扱いが上手い子だけが評価されているように思います。 清水サッカ-の父である堀田哲爾氏は「ドリブルだけでもキックだけでもいけない、技術指導に偏りがあってはいけない」と40年ほど前に少年指導に対し語っていたそうです。 ヨ-ロッパのどの国でも多少の違いがあれど、技術習得の初期段階ではボ-ル扱いから始まり、技術を段階的に指導していきます。あまり、ボール扱いやドリブルだけなどに特化した指導を見ることはありません。

技術の学習順序  年齢    8     9    10     11     12      ドリブル(ボール扱い)    トラップ           キック         浮き球のコントロール                       ボレーキック  ヘディング

前回も紹介いたしましたが、技術の学習順序です。ボールが地面にあるところからはじまっているのがわかると思います。空中にあるボールを捕らえられるようになるのが10歳頃からと言われているのでこのような段階になっています。ただこれは一つの指標であり「これができたら進む・・・」と言ったものではなく、早くから浮き球のコントロールしてはいけないと言った物ではなく、あくまでも技術習得がしやすい順序です。

キックの学習順序

キックを教わるときにインサイドキックから教わった人も少なくないと思います、私もその一人です。スロヴェニアでは

インステップ → アウトサイド → インフロント → インサイド

の順に教えていきます。

インステップキックはキックまでの動作がすべて真っ直ぐなので、自然であると考えられています。実際インサイドキックは外側に開かないといけないので、むしろ複雑な動きです。インフロントやアウトフロントはインステップの変形です。足の甲を内側や外側に曲げれば良いので、移行しやすいと考えられています。インサイドは一番最後です。

強いキックの秘密 日本ではキックの時の立ち足はボールの真横に・・・教えることが多いかと思いますが、スロヴェニアではボールより後ろにと教えます。真横に置くと振り下ろした足がボールの上を捕らえるため、ボールに力が伝わりにくいということです。以前オフト氏も、日本人のキックの間違いについて、ボールから近すぎるとの指摘していました。

インフロントに関して、日本ではインサイドに近いところで蹴る感じが強いと思いますが、ヨーロッパの選手はどちらかと言えば、インステップキックで親指に近いところでボールを捕らえるように教えられます。このため強いカーブのキックが蹴れます。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【 柴崎岳 】 体を張ってボールをキープする力が必要。 【 ビルバオ vs ヘタフェ 】【FCKSA66】

2017/2018 UEFAチャンピオンズリーグ 今夜抽選会!! その前に!!【Cher démon rouge】

にしやん松戸ラグビー教室2017-34【Dream Rider  西山淳哉】

ウェイン・ルーニー、イングランド代表からの引退を発表【Cher démon rouge】

日常生活における基本動作再考:4 椅子からの立ち上がり動作再考:⑵【運動科楽からスポーツ再考!!】

日本とヨ-ロッパのキックの質の違い いかにして改善していくか その①【 コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ】

にしやん松戸ラグビー教室2017-33【Dream Rider  西山淳哉】

日常生活における基本動作再考:4 椅子からの立ち上がり動作再考【運動科楽からスポーツ再考!!】

ブロガープロフィール

profile-iconhamayoshi75

Author:濱吉 正則 Hamayoshi Masanori

SV HORN 育成アドバイザ-

HAMAサッカー塾 代表


資格
UEFA公認 PROコーチライセンス(UEFA PRO COACHING DIPLOMA)
スロヴェニアサッカー協会プロコーチライセンス
保健体育中学・高校教員免許

HAMAサッカー塾  現在休止中

問い合わせ先
メールアドレス:hamahamo@hotmail.com


1971年7月5日生まれ


選手歴
大阪体育大学サッカー部 1990-94
NK SVOBODVA 1995-1996

指導歴
スロヴェニア共和国1995-1999年
NK JEZICA U-8 監督 U-18 コーチ 育成フィジカルコーチ兼務
NK Domzale U18 監督 NK HitGorica U-9 監督

静岡県常葉橘高校ヘッドコーチ 1999.6-00.1
柏レイソル U-18監督 2000.2-03.1
名古屋グランパス エイト トップチームコーチ 2003.2-05.1
             強化部スカウト担当
U-15監督 2005.2-07.1
フェルヴォローザ石川白山FC(北信越社会人1 部) 監督 2007
石川県星稜高 コ-チ 2007.07-2008.01
石川県星稜高校サッカー部コーチ 2007.07-2008.01
徳島ヴォルティス  U-18監督 2008.2-09.1
      トップチーム コーチ 2009.2-11.1
ギラヴァンツ北九州 トップチームコーチ 2011.01-2013.01
大宮アルディージャ 監督通訳  2013.01-2014.01
静岡北高校サッカー部 コーチ 2014.2-2016.04

SVホルン 監督 オーストアリ-グ3部  2016.04-2016.05(3部優勝)
        オ-ストリアリ-グ2部 2016.06-2017.05

学歴
大阪体育大学 卒業
リュブリャナ大学体育学部(スロヴェニア)
1995−99年 在籍

その他
Jリーグ育成プロジェクト(現Jリーグアカデミー)メンバー 2001-02年
スロヴェニア代表チーム帯同 1995-98年
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:544766

(11月21日現在)

関連サイト:HAMAサッカー塾

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ACミランで10年以上も活躍する日本人トレーナー
  2. タレント発掘その② 発育の遅い選手を見逃さないために
  3. タレント発掘 タレントを見落とさないために。 サッカーの上手さは同じではない
  4. 更に世界で活躍する選手になるために。上手い=ボールタッチではない、技術の捉え方とトレーニングを見直す。
  5. 育成・少年期の指導 技術を片寄らず複合的にトレーニングしていくことの重要性
  6. プロクラブにおける監督選び ビジョン無き所には冒険なし
  7. 大宮アルディージャ契約満了のご報告とお礼
  8. ギラヴァンツ北九州の契約満了の報告とお礼
  9. 旧ユーゴスラヴィア・テクニック教育 良い環境だけでは技術は上手くならない
  10. 浦和レッズそしてペトロヴィッチ監督優勝おめでとうございます!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
05
04
01
2016
12
06
04
02
01
2015
12
10
09
06
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
09
02
01
2012
11
07
05
03
01
2011
12
09
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss