コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ

日本とヨ-ロッパのキックの質の違い いかにして改善していくか その①

このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログで何度か触れています、キックの日本とヨ-ロッパの違いについてです。 こちらに来て約1年半になりますが、やはりこの差の違いを感じます。 おそらく、ヨ-ロッパのサッカ-を触れたことのある方は、一番感じる点ではと思います

こちらで指導して感じるのが、例えばオーストリアの2部や3部でも、チームに一人はFKの 名手がいたり、質の高い強烈なシュ-トや日本ではあまりないタイミングでシュ-トが枠 に飛んできます。矢のような質の高いパスや時限爆弾のようなクロスが随所に見られます。

キックについて、SVホルンでプレイしたGK権田選手(現鳥栖)や川島選手 (メッツ・フランス)らも同じような事を述べており、GKはポジション的にもおそらく 一番Jリ-グとの違いを感じると思います。

キックの質が、ヨ-ロッパのスピ-ディ-でダイナミックなサッカ-が展開される大きな 要素ではと思います。

この違いに関して、筋力や骨格や形態が大きな違いだと指摘する方もいますが、確かにそれも 一因では思いますが、その違だけは片づけられる問題ではなく、もう少し根本にあるのではと 思います。

日本人の選手が多くヨ-ロッパでも活躍し、十分順応しています。技術指導のアプロ-チや プレイの習慣を変えることで、改善できるではと思います。

ゴ-ルへのアプロ-チから逆算したゲ-ムの捉え方

こちらに来て改めて感じるのはゴ-ルへのアプロ-チの高い意識です。それは育成年代の サッカ-を見ていても感じます。ゴ-ル前のシュ-トへの意識もそうですし、ゴールを 見ながらプレイしているので、どの様に人を早く使う、つまりラストパスやクロスの判断も 早くなります。

ゴ-ルを意識しているため、奪った後素早く縦パスを入れたり、またゴ-ル方向へ向かう のが早く、ボ-ルを保持しながらも、積極的に縦パスや背後へのパスを狙っています。

これはパスを探してのプレイではなく、集団プレイでどのようにゴ-ルを奪いに行き行く かの意識の違いです。必然的に人をうまく使うためにパスの精度も求められます。

もちろん良い状況であれば積極的にゴールに向かい突破を仕掛けていきます。シュ-トを意識 した部分では怖さを感じます。

集団でのプレイにパスやキックの質は、ドリブルボ-ル扱い同様に不可欠な要素です。

また、相手もボ-ルを奪う意識の高く大柄な選手が多いため、そのDFを崩すためには 強いパスでの縦パスやラストパス、強い精度の高いクロスが必要になり、自然と身につい ていく部分もあります。

ゴ-ルへ向かうプレイへの、子供の時から積極的なアプロ-チが感じられます。指導者も積極的 なトライにかなりポジティブです。ミスして取られて安全に・・というアプロ-チは少ないよう にい思います。

技術指導方法の違い

日本の少年指導を見ると少しボ-ル扱いやリフティングなどの、自分とボ-ルとの関係の トレ-ニングが多いように思います。極端なチ-ムは12歳くらいになっても ドリブルしかしてはいけないや、パス禁止などの制限を付けた指導をする チ-ムもあるようです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
コーチング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2年目のモウリーニョ マンチェスターユナイテッドの開幕戦について【フトボル男】

にしやん松戸ラグビー教室2017-33【Dream Rider  西山淳哉】

リバプールの直近の2試合(ホッフェンハイム、ワトフォード)を観て思ったこと【フトボル男】

日常生活における基本動作再考:4 椅子からの立ち上がり動作再考【運動科楽からスポーツ再考!!】

リーガ開幕前 バルサの仕上がりは?【no title】

夏の強化合宿 part2 ~お盆編~【ソニーHC BRAVIA Ladies ブログ】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-25【Dream Rider  西山淳哉】

第66回石巻ライノスラグビースクール【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconhamayoshi75

Author:濱吉 正則 Hamayoshi Masanori

SV HORN 育成アドバイザ-

HAMAサッカー塾 代表


資格
UEFA公認 PROコーチライセンス(UEFA PRO COACHING DIPLOMA)
スロヴェニアサッカー協会プロコーチライセンス
保健体育中学・高校教員免許

HAMAサッカー塾  現在休止中

問い合わせ先
メールアドレス:hamahamo@hotmail.com


1971年7月5日生まれ


選手歴
大阪体育大学サッカー部 1990-94
NK SVOBODVA 1995-1996

指導歴
スロヴェニア共和国1995-1999年
NK JEZICA U-8 監督 U-18 コーチ 育成フィジカルコーチ兼務
NK Domzale U18 監督 NK HitGorica U-9 監督

静岡県常葉橘高校ヘッドコーチ 1999.6-00.1
柏レイソル U-18監督 2000.2-03.1
名古屋グランパス エイト トップチームコーチ 2003.2-05.1
             強化部スカウト担当
U-15監督 2005.2-07.1
フェルヴォローザ石川白山FC(北信越社会人1 部) 監督 2007
石川県星稜高 コ-チ 2007.07-2008.01
石川県星稜高校サッカー部コーチ 2007.07-2008.01
徳島ヴォルティス  U-18監督 2008.2-09.1
      トップチーム コーチ 2009.2-11.1
ギラヴァンツ北九州 トップチームコーチ 2011.01-2013.01
大宮アルディージャ 監督通訳  2013.01-2014.01
静岡北高校サッカー部 コーチ 2014.2-2016.04

SVホルン 監督 オーストアリ-グ3部  2016.04-2016.05(3部優勝)
        オ-ストリアリ-グ2部 2016.06-2017.05

学歴
大阪体育大学 卒業
リュブリャナ大学体育学部(スロヴェニア)
1995−99年 在籍

その他
Jリーグ育成プロジェクト(現Jリーグアカデミー)メンバー 2001-02年
スロヴェニア代表チーム帯同 1995-98年
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:540892

(10月11日現在)

関連サイト:HAMAサッカー塾

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ACミランで10年以上も活躍する日本人トレーナー
  2. タレント発掘その② 発育の遅い選手を見逃さないために
  3. 更に世界で活躍する選手になるために。上手い=ボールタッチではない、技術の捉え方とトレーニングを見直す。
  4. タレント発掘 タレントを見落とさないために。 サッカーの上手さは同じではない
  5. 育成・少年期の指導 技術を片寄らず複合的にトレーニングしていくことの重要性
  6. プロクラブにおける監督選び ビジョン無き所には冒険なし
  7. 大宮アルディージャ契約満了のご報告とお礼
  8. ギラヴァンツ北九州の契約満了の報告とお礼
  9. 旧ユーゴスラヴィア・テクニック教育 良い環境だけでは技術は上手くならない
  10. 浦和レッズそしてペトロヴィッチ監督優勝おめでとうございます!

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
05
04
01
2016
12
06
04
02
01
2015
12
10
09
06
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
09
02
01
2012
11
07
05
03
01
2011
12
09
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss