コーチング備忘録   濱吉正則公式ブログ

育成・少年期の指導 技術を片寄らず複合的にトレーニングしていくことの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

育成年代・少年サッカーの指導であまり片寄りがない指導が望ましいのではないかと思います。

パスサッカー?ドリブル・リフティング?足元の技術?など色々なスタイルを打ち出しての指導がありますが、どれもサッカーには大切なことだと思います。大切なことはゴールに向かうこと、ゴールをさせないことなどサッカーを理解させながら、正しい技術と判断を身に付けていくことではと思います。

以前、名古屋グランパスでネルシーニョ監督(現柏レイソル監督)と仕事をさせてもらった時に、「ブラジルの上手い子どもは最初はボールを持つと、ゴールに向かいながら相手を抜くためにドリブルをする、持ちすぎることも多い。しかし、だんだん成長する過程で相手のレベルも上がり、ドリブルだけでは通用しなくなり、取られることが多くなるとパスを覚え周りを使うことを覚えていく。」と言っていました。

以前スロヴェニアで育成年代の指導にあたっていましたが、この国は旧ユーゴスラヴィアでありテクニックがある選手を輩出することで有名でした。サッカーを始めたばかりのような子供も、ドリブルでもパスでもゴールに向かう姿勢が印象的でした。日本に帰国した時に日本の子どもは上手いけど、ゴールに向かわないことに違いを感じました。

かなり昔の話ですが、あるJリーグのジュニアチームでパスをつなぐことに重きを置いて指導していたチームがありました。美しいパスワークで大人のようなサッカーで、この年代では有名なチームでした。しかし、成長する過程の中で後から入った町クラブの選手に抜かされていったり、思ったような伸びが見られずジュニアチームからプロになる選手があまり出ない時期がありました。

このチームのジュニアからジュニアユースに上がるセレクションの中で、最初はジュニアチーム所属の子ども方が教えられていること多くサッカーの知識も豊富なため、パスワークも上手く、スピーディーなため上手く見えますが、だんだん慣れていくと町クラブで育った技術のある子どもたちは順応し、最終の選考では下部組織で育った選手は、ボールを持ってもパスを探すことしか出来ず困るような現象が生まれました。

フランスはフィジカル重視の時代がありましたが、旧ユーゴのテクニック教育を取り入れたり、育成センターを作り育成プログラムを見直ました。以前フランスサッカー協会のテクニカルダイレクターを務めていたジェラルウリエ氏は「相手のプレスを受けた時に困る選手ではいけない、相手を打ち負かすようなテクニックを身に付けなくてはいけない。だから我々はクーバーメソッドと提携しテクニックを教育をしていく」と語っていました。

しかし、ドリブルや足元の技術に偏重していくと「自分とボールの関係」だけでサッカーをしていく傾向があるように思えます。かって東欧のブラジルと言われた旧ユーゴスラヴィアでは、一時期テクニックに偏重した指導に問題があったことで、国外に出た選手が上手く活躍できないことがありました。

パスばかり探すようでもダメです、サッカーに関係ないテクニックばかりでも問題です、ボールを持つことだけでゴールに向かえない技術でもダメです。

ドリブルだけ、パスだけ、足元に技術だけにならないようにそれぞれをバランス良く、それらをうまく組み合わせて、 複合的にトレーニングしていくことが必要です。

ヨーロッパでは30年ほど前から、ストリートサッカーで学んでいた技術をトレーニンで身に付けさせれるように、様々なトレーニングの研究が日々されています。

HAMAサッカー塾でも行っている、少年期から「判断をしながら技術を複合的に組み合わせながら習得する」モダンなトレーニングが主流です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
育成
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconhamayoshi75

Author:濱吉 正則 Hamayoshi Masanori

SV HORN 育成アドバイザ-

HAMAサッカー塾 代表


資格
UEFA公認 PROコーチライセンス(UEFA PRO COACHING DIPLOMA)
スロヴェニアサッカー協会プロコーチライセンス
保健体育中学・高校教員免許

HAMAサッカー塾  現在休止中

問い合わせ先
メールアドレス:hamahamo@hotmail.com


1971年7月5日生まれ


選手歴
大阪体育大学サッカー部 1990-94
NK SVOBODVA 1995-1996

指導歴
スロヴェニア共和国1995-1999年
NK JEZICA U-8 監督 U-18 コーチ 育成フィジカルコーチ兼務
NK Domzale U18 監督 NK HitGorica U-9 監督

静岡県常葉橘高校ヘッドコーチ 1999.6-00.1
柏レイソル U-18監督 2000.2-03.1
名古屋グランパス エイト トップチームコーチ 2003.2-05.1
             強化部スカウト担当
U-15監督 2005.2-07.1
フェルヴォローザ石川白山FC(北信越社会人1 部) 監督 2007
石川県星稜高 コ-チ 2007.07-2008.01
石川県星稜高校サッカー部コーチ 2007.07-2008.01
徳島ヴォルティス  U-18監督 2008.2-09.1
      トップチーム コーチ 2009.2-11.1
ギラヴァンツ北九州 トップチームコーチ 2011.01-2013.01
大宮アルディージャ 監督通訳  2013.01-2014.01
静岡北高校サッカー部 コーチ 2014.2-2016.04

SVホルン 監督 オーストアリ-グ3部  2016.04-2016.05(3部優勝)
        オ-ストリアリ-グ2部 2016.06-2017.05

学歴
大阪体育大学 卒業
リュブリャナ大学体育学部(スロヴェニア)
1995−99年 在籍

その他
Jリーグ育成プロジェクト(現Jリーグアカデミー)メンバー 2001-02年
スロヴェニア代表チーム帯同 1995-98年
  • 昨日のページビュー:125
  • 累計のページビュー:544890

(11月21日現在)

関連サイト:HAMAサッカー塾

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ACミランで10年以上も活躍する日本人トレーナー
  2. タレント発掘その② 発育の遅い選手を見逃さないために
  3. タレント発掘 タレントを見落とさないために。 サッカーの上手さは同じではない
  4. 更に世界で活躍する選手になるために。上手い=ボールタッチではない、技術の捉え方とトレーニングを見直す。
  5. 育成・少年期の指導 技術を片寄らず複合的にトレーニングしていくことの重要性
  6. プロクラブにおける監督選び ビジョン無き所には冒険なし
  7. 大宮アルディージャ契約満了のご報告とお礼
  8. ギラヴァンツ北九州の契約満了の報告とお礼
  9. 旧ユーゴスラヴィア・テクニック教育 良い環境だけでは技術は上手くならない
  10. 浦和レッズそしてペトロヴィッチ監督優勝おめでとうございます!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
05
04
01
2016
12
06
04
02
01
2015
12
10
09
06
03
02
01
2014
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
09
02
01
2012
11
07
05
03
01
2011
12
09
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss