YOKOHAMA lover

月別アーカイブ :2017年06月

井納投手が菅野投手との投手戦を制す 筒香選手の四球と梶谷、ロペス選手のホームランが試合を決めた

こちらの井納投手も開幕以来ローテーションを守り、試合を作ってきているとは言え、相手は侍ジャパンのエースです。菅野投手はそう簡単に点を取れる相手ではありません。ただ巨人打線はけして調子が良くない、はっきり言って不調ですから、まず僅差の展開になるということは、誰もが予想していたでしょう。今日から筒香選手が3番、ロペス選手が4番という新打線。その打線がどう機能するか。それも楽しみな試合でした。 そして実......続きを読む»

パットン投手を欠いたリリーフはどうなるのか

パットン投手が出場登録を抹消され、お祖母様が亡くなったとのことで、帰国しました。パットン投手は、開幕直後は7回を投げる役割で全く点を取られず、山崎投手の不調もあって4月中旬にはクローザーに。しかし4月18日のマツダスタジアムでの広島戦で開幕後初失点してセーブ失敗、負け投手になっています。2日後の広島戦ではセーブをあげているので、この時点では広島に対する苦手意識はなかったと思いますが、その後も横浜スタ......続きを読む»

2017年型打線ついに完成、と思ったら3番筒香選手!

いろいろありましたが、昨日の試合で筒香選手の完全復活が確認され、倉本選手が昨年の3割近くを打った打撃を取り戻す兆しを見せ、石川選手も打撃と走塁でアピールして、ようやく2017年型の打線が完成しました。 1 (中) 桑原 将志 右 2 (右) 梶谷 隆幸 左 3 (一) ロペス 右 4 (左) 筒香 嘉智 左 5 (三) 宮﨑 敏郎 右 6 (捕) 戸柱 恭孝 左 7 (二) 石川 雄洋......続きを読む»

久保投手の援護率と横浜高校トリオの活躍 そしてデジャブ 

久保投手は例によって初回に大量失点、でも大丈夫。今年の久保投手には、味方の援護が半端ではありません。今季ここまで久保投手が投げた試合の味方の得点は10、12、14点で今日また11点。すべて二桁得点です。援護点(その投手が投げている間の味方の得点)だけに限っても、7,3,6、9点。援護率((降板する前に取った味方の得点×9)÷(降板するまでの攻撃回))は実に10.7。久保投手が9回投げると味方が10点......続きを読む»

広島に対抗できるチームでありたい

広島が走っています。昨年の同時期には43勝29敗で貯金14だったのが、今季は現在44勝25敗貯金19。昨年よりハイペースで勝ち続けています。少し前にこのブログで、打線を引っ張る福留、糸井、鳥谷選手のベテラン勢が健在ならばと書いた阪神が、最近福留選手の不調とともに失速気味で、ますます広島の独走ぶりを際だたせています。ベイスターズについては、いつもかなりポジティブな私も、今季ベイスターズとカープの戦力に......続きを読む»

私が倉本選手を応援する理由

2014年のドラフトで、DeNAがその年の社会人ナンバーワン遊撃手と言われる倉本選手を狙っているという情報を知って、石井選手が去って以来レギュラーがいなかったショートに、ついに待望の選手が現れたという予感がしました。ただし格としてはドラフト3位の選手、いくら欲しくても1、2位は投手を指名して、3位で狙い通りに倉本選手を指名できたらDeNAの勝ちだとも思っていましたので、実際1、2位で山﨑、石田投手を......続きを読む»

ベイスターズを左腕王国にした5人

先発3人、リリーフ2人、合わせて5人もの左腕投手が戦力になっているのは、球団史上初のことです。 以下のDATAは、奪三振率と与四球率と左右打者別の被打率は「データで楽しむプロ野球」から、他はDELTAのものを使わせていただいています。 先発とリリーフの違いはもちろんありますが、先発の3人だって、少しずつタイプが違います。3人のうち、ストレートの平均球速が一番速いのは、ルーキーの濱口投手です。......続きを読む»

今永投手の好投に、妄想は膨らむ

DeNAの今永、成長示した141球=先発の自覚示す-プロ野球 jiji.com 6/25(日) 18:45 最速149キロの直球の威力が抜群だった。四回、2四球で2死一、三塁のピンチを招いたが、谷内に直球を5球続けて空振り三振に仕留めた。八回に3番の山田を迎えた場面では、「完封してもこういう打者を抑えないと次につながらない」と真っ向勝負し、内角低めの直球で見逃し三振。 今季、1人で......続きを読む»

開幕投手の帰還

昨日残念な負け方をしただけに、今日は絶対勝たなければならない試合でした。 昨日の先発の井納投手は、もちろん期待する投手のひとりです。しかし、今季は12試合に先発しながら、まだ2勝しかあげていません。リリーフ投手が追いつかれた試合などもありましたが、昨日は6回、6月9日の西武戦では7回に、それまで好投しながら、崩れています。あるいは6月1日の日ハム戦では、3回に連打されてこの回だけで4失点。これでは......続きを読む»

8番投手はずっとやっていく

DeNAラミ監督「8番投手ずっとやっていく」 東スポ 6/22(木) 18:54 「8番投手にいろいろな意見はある。賛否両論。ただ自分は戦略上、(メリットを)信じている。ずっとやっていく」 私はこの件についてはあまり関心がありません。今のままの下位打線の低打率では、投手が8番でも9番でも、そう大きな変わりがないからです。ただ、倉本選手に、いつまでも9番なんか打っていないで、昨年並みの打撃......続きを読む»

リーグ戦再開後は下位たたき?

2017.6.22 05:02 ラミDeNA“下位たたき”ローテ!井納から石田、D1浜口投入も 「(上位の)広島、阪神戦より重要なのは巨人、中日、ヤクルトに勝ち切ること。集中してたたいていけばAクラスとBクラスの差が、どんどんついてくる」 交流戦後の休みもあったので、明日からのリーグ戦再開には、先発ローテーションが再編されます。いろいろな予想がありますし、ラミレス監督はしばしば敵を撹乱す......続きを読む»

交流戦の濵口投手の投球内容を分析してみる

試合がなく余った時間があるので、交流戦の濵口投手の投球内容を振り返って私なりに分析してみました。 まず今季ここまでの球種配分です(DATAはDELTAのサイトより)。 平均球速143.3km/hですから、左腕としてはかなり速い方ですが、このストレートが投球の55.1%を占めています。 失点増減および100球あたりの失点増減も示されていますが、失点増減とは、DELTAのサイトには、”投手が投......続きを読む»

交流戦MVPは濵口投手 横浜九州人会の新星

DeNA・ラミレス監督 交流戦のチームMVPはあの左腕「非常に頑張ってくれた」6/19(月) 23:12 交流戦のMVPが濵口投手、そして準MVPが宮崎選手、新人賞が飯塚投手というところで、異論のある方はそれほどいらっしゃらないのではないかと思います。 正直に言って、私は濵口投手を過小評価していました。昨年10月にはブログに次のようなことを書いています。 今年の日米野球でも、柳投手と佐々......続きを読む»

飯塚投手に瞠目

飯塚投手を過小評価していた理由は、2軍での与四球率が4.34という数字もありますが、先週6月14日の2軍の試合で先発したときの初回の投球を動画で見た内容が芳しくなかったこともあります。 ストレートは(スピードガンの違いはあるにせよ)140キロを超えたのが1球だけ、それも制球があまりよくなく、先頭の左打者をいきなり歩かせます。二人目の左打者は、外角の球をひかっけてくれてショートゴロで併殺を取りました......続きを読む»

ローテーションの谷間を埋めた投手たち

今季の開幕ローテーションは次の投手たちでした。 石田 クライン 濵口 今永 井納 ウィーランド しかしクライン投手が日本の野球に適応できず、石田投手とウィーランド投手が故障で離脱して、先発ローテーションに3つの穴ができてしまいました。この交流戦でその穴を埋めたのは、あるいは埋められなかったのは、熊原、平良、三嶋、久保投手でしたが、昨日の雨天中止のためにもうひとり先発投手が足りなくなって、今日そこ......続きを読む»

金子投手は、飯塚投手とベイスターズ打線にとっての試練

今日の試合は2回を終わったところで雨で中止となりました。悪コンでションの中、今永投手は2点を取られましたが、本当なら良い条件のもとで、最後まで試合を見たかったです。しかし、終わったことはくどくど言っても仕方ありません。この試合の代替え試合は、明日行われます。 今季の先発ローテーションは、首脳陣がいろいろなことを想定し、ファームともしっかり情報を共有して、かなり先まで読んだ、合理的な投手起用をしてき......続きを読む»

オリックスに大勝で4連勝

水曜日からの3連勝は最高でしたが、三上投手と山﨑投手も3連投となり、昨日はよほどのことがなければこのふたりに投げさせるわけにはいかない試合でした。始めからセットアッパーとクローザー抜きで戦う覚悟の試合、先発は今季かつてほどの力は示せていない久保投手です。ちょっと厳しい戦いになるかと思っていたのですが、久保投手が粘投で、6回を3失点のQS。そして、相手の先発左腕松葉投手に、5回までは3安打に抑えられて......続きを読む»

オリックス第1戦は、井納投手の好投と戸柱選手の逆転スリーラン

井納投手がよく踏ん張ってくれました。オリックスの西投手は、今季はもうひとつ勝ち星がないとは言え、昨年まで3年連続二桁勝利の投手です。完封されることはなくても、2,3点しか奪えないだろうと予想され、勝利のために井納投手に許される失点は2点だと思っていましたが、まさにその2失点で7回まで投げきりました。球数はまだ90球で、続投の選択肢もあったかと思いましたが、直近の試合で続投が裏目に出て逆転されていたこ......続きを読む»

ロッテ戦第3戦は、今季もっとも嬉しい勝利のひとつだった

交流戦が始まる前に妄想したのは、交流戦勝ち越しでした。昨年も広島が第3週に6連勝して交流戦に勝ち越して、そこから流れに乗りましたが、そこまで極端でないにせよ、毎年交流戦の結果は、ペンントレースの結果にまで大きく影響します。交流戦に勝ち越すぐらいでないと、とても優勝など望めません。しかし、ウィーランド、石田投手を欠き、代役の投手たちが誰も思ったような結果を出せず、筒香選手の完全復調もなく、第1週の段階......続きを読む»

濵口投手、ホーム初勝利で交流戦3連勝

昨夜はロッテに快勝しました。もっとも、若きエース候補濵口投手と、ロッテはチェン投手の先発だった昨夜の試合は、勝ってもらわなければ困る試合でしたから、私としては勝ってほっとしたというところが本音でしょうか。 濵口投手は交流戦3連勝ですが、昨夜が一番出来が悪かったです。1試合目の札幌ドームでの投球が一番良くて、ストレートの球速も多くが145キロを超えており、右打者のインロー、左打者へのアウトローへにス......続きを読む»

2017年ベイスターズの本来あるべき姿

山口投手が去って、球団は開幕(予定)投手にして勝ち頭の先発投手の穴を埋めることを、補強の最優先にせざるを得なくなりました。ドラフトも山口投手にかわる右の先発候補を獲得するというのが優先だったと思われますが、柳投手、佐々木投手と抽選を外して、結局左腕の濵口投手を外れの外れの1位指名で獲得することになりました。 いずれにせよ、ルーキーだけで山口投手の穴を埋めることはできませんが、幸いファンが増え、球団......続きを読む»

今永投手とウルフ投手の投手戦に惜敗するも、人間万事塞翁が馬

昨日は今永投手とウルフ投手の投手戦に惜敗でした。 今年の交流戦も戦前に先発予想と勝利数の皮算用をしてみましたが、ここまで私にとって最大の誤算は、交流戦直前に離脱したウルフ投手がもう少しかかるかと思っていたのに、最短で戻ってきて、ベイスターズが対戦することになってしまったことでした。5月29日のブログにも、「千賀、則本、菊池投手との対戦は避けられないとしても、美馬、東浜、岸、ウルフ、金子、高梨投手ら......続きを読む»

交流戦勝ち越しに黄信号

平良投手は現状まだ1軍の打者には、なかなか通用しないようです。今日の結果を受けて、登録抹消になりそうです。 交流戦勝ち越しを妄想している私としては、今日の試合を中5日で今永投手、明日の試合を石田投手と期待していましたが、実際にはそうなりませんでした。ラミレス監督は既に先日、交流戦の目標は勝ち越しではなく勝率5割だと語っていましたので予想はしていましたが、今日は平良投手の先発でした。石田投手の状態は......続きを読む»

スター誕生

私はチームが今より強くなるためにまず第一に必要なのは、サードを守る右の強打者であると思い、昨年はロマック選手に報われることのない期待を抱き、今年は白崎選手の打撃覚醒という実現可能性の低いことを妄想していましたが、実はその選手は既にチームにいたのでした。 宮﨑選手の打撃には、梶谷選手が天才と呼んだという素晴らしいものがあることは分かっていても、これほどの仕事をやってのける選手とは思っていませんでした......続きを読む»

楽天戦に勝ち越し、西武戦に臨む(三嶋、柴田選手抹消、エリアン選手昇格)

恥ずかしながら、私は一昨日から昨日の午後まで、何度も仙台の天気予報を確認して雨を願い、だんだん予報が悪くなっていく(雨が少なくなっていくという意味です)のを見て、がっかりしていました。さほど現在の則本投手の投球は良いのです。ベイスターズの先発が誰でも、まず勝つのは難しいのは分かりきっていたので、つい雨乞いという姑息な道に走ってしまいました。しかし、結局試合は行われ、案の定の大敗でした。 しかしその......続きを読む»

楽天に連勝

点の取り合いになってしまいましたが、2番手の田中投手が完璧に楽天打線を抑えたことで、試合を落ち着かせ、勝利を確実なものにしました。田中投手がヒーローインタビューに呼ばれたのも納得です。三上、砂田、山崎投手、今日は投げなかったパットン投手も含めて、今季のリリーフ陣は、ベイスターズの大きなストロングポイントです。 楽天は、4番ウィーラー選手と9番嶋捕手以外は、左打者を並べてきました。熊原投手は左打者を......続きを読む»

強敵楽天を粉砕す

今や濵口投手は安心して見ていられる投手になりました。もちろん制球には欠点があるのですが、この2試合ぐらいの制球があれば、むしろ相手は荒れ球で的を絞りにくいと感じてくれるかもしれません。何よりストレートに力があり、右打者に対しては伝家の宝刀チェンジアップがあります。右打者に対しては内角低め、左打者に対しては外角低めのストレートが軸になります。おそらくこの球に関しては、徹底的に練習もしているのでしょう、......続きを読む»

交流戦 今後の先発投手予想と展望ならぬ願望

今後の先発投手予想です。 6日(火)  濵口  辛島 7日(水)  熊原  塩見 8日(木)  雨(三嶋)     雨(則本) 8日(金)  井納  菊池 10日(土) 今永 ? 11日(日) 石田 ウルフ 13日(火) 濵口 石川 14日(水) ウィーランド    チェン 15日(木) 三嶋or熊原     唐川 16日(金) 井納   西 17日(土......続きを読む»

千賀投手のソフトバンクに快勝

今や日本を代表する投手とも言える千賀投手を擁するソフトバンクを破りました。気持ちのいい試合でした。今のチーム状況の中でこの勝ち方ができるのは、やはりベイスターズは強くなっているということだと思います。ベイスターズよりもっと強いチームがリーグにいるのが問題ですが、あとは打線に強打者がひとり加われば、上位チームとも争えるチームになるでしょう。残念ながらそれは来季以降のことになりそうですが、今季の戦力でも......続きを読む»

苦境の中、敢えて明るいことを探せば

石田投手の不在、筒香選手の故障と不調、ウィーランド投手の故障による離脱と、今季最大のピンチに立たされていますが、そこで敢えて明るい点を探してみます。 1 ウィーランド投手は軽症で、10日で帰ってくるらしい。 DeNA・ウィーランドが抹消 右ひじに違和感6/1(木) 17:44 ラミレス監督は「そんなに深刻じゃない」と強調し、「(最短抹消期間の)10日ぐらいあれば帰ってこられると思います」......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:8763
  • 累計のページビュー:19039322

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss