YOKOHAMA lover

月別アーカイブ :2017年01月

新外国人選手たちが来日し、イェーツ氏時代を振り返る

3人のそれぞれ活躍が期待される投手たちが来日し、期待の高まるところですが、少し気になることがあります。在米スカウトを7年間にわたってつとめてきたイエーツ氏が、昨年秋に契約を終えましたが、昨年まで外国人選手の外れが多かったのはイエーツ氏のせいで、イエーツ氏が辞めたのでベイスターズの外国人選手が良くなるという声が、ネットで見られることです。本当にそんなことがあるのでしょうか。外国人スカウトについては、今......続きを読む»

新外国人選手たちの入団会見 と各球団の新外国人選手

パットン、シリアコ、ウィーランド、クライン選手と、新外国人選手が次々に来日しています。 【DeNA】 投手陣の救世主に!クラインとパットンが入団会見 ベースボールキング2017.01.27. 18:30 クラインは201センチの“長身右腕”。記者会見に同席した高田繁GMは「先発ピッチャー候補の一番手としてずっと追いかけていた。正直、競争(相手)も多かった」 韓国、NPBの複数の球団との......続きを読む»

ベイスターズファンが見た今季カープの戦力

セ・リーグ各チームの戦力を見てきましたが、最終回は昨年の覇者広島カープ編です。 カープの年齢別戦力構成を見てみます。赤字が昨年戦力外になった選手、緑が今季の新戦力、斜体で示すのは育成選手です。また投手、野手の計で括弧内に示すのは、そのうちの育成選手の数です。なお表は私が作成したものであり、間違いがあるかも知れません。 広島の戦力構成は、日ハムのそれと同じように実にリーズナブルです。一般に選手......続きを読む»

春季キャンプのメンバーに期待が膨らむ

春季キャンプのメンバーが発表されました。人数は例年通り投手20人と野手18人の計38人。これは毎年まったく変わっていません。私が予想していた以上に、主力と育成を除く大卒社会人の新人および移籍の新戦力をすべて1軍スタート、ベテランと育成中の選手は2軍スタートと、はっきり分けられていました。 青が1軍キャンプ、赤が2軍キャンプのメンバーです。 その中で意外だったのは、昨季1軍に定着した宮﨑選手と......続きを読む»

ラミレス監督が新潟で語った、注目選手と前半戦の勝算

昨日、ラミレス監督が新潟県民会館でトークショーを行い、以下のようなことを語っています。新潟はベイスターズが唯一地方球場で公式戦を行う地であり、DeNAになる前に移転が噂された地でもあり、また南場オーナーの出身地でもあります。 飯塚投手の1軍デビューに期待 【DeNA】ラミ監督、3年目右腕・飯塚の1軍デビュー期待 スポーツ報知 1/21(土) 19:00 7月4日にハードオフ新潟で行われる......続きを読む»

ベイスターズファンが見た今季中日の戦力

「俺はそう長く先のことまで考えていない。来年1年のことに必死になるしかない。その準備を今している。覚悟は決まっている。ただ、次の人(次期監督)にマイナスにならないようにしないと。駒をそろえた上で次の人に渡さないとな」 森監督は就任のときに、このように語っていました。次の監督へのつなぎということを言っているように見えて、よく読むと、先のことは考えず、来年(今季)1年間のことを必死にやると言っているの......続きを読む»

恒例の1軍キャンプメンバー予想 主力、新戦力、有望な若手たち

1軍春季キャンプ 宜野湾市立野球場 2017年2月1日(水)~2月26日(日) ファーム春季キャンプ 嘉手納野球場 2017年2月1日(水)~2月26日(日) あと10日もすれば、春季キャンプが始まります。ここまでくると、CSファイナルステージを戦ったあとのオフは、なんだか短かったような気もします。毎年この時期には、1軍キャンプのメンバーを、主力、新戦力、有望な若手などにグループ分けして、予想し......続きを読む»

FOR REAL 狂ったような努力

FOR REAL観てきました。本当は日曜日に観るつもりだったのですが、朝予約をとろうと思ったら、ブルグ13の一番大きい部屋が、もう最前列にわずかに席が残るだけの完売状態だったのであきらめ、平日に時間がとれたので行ってきました。平日昼間だというのに、かなりの席が埋まっており、さすがに子供こそいませんでしたが、私より年配の方もおり、若い女性のグループもおり、まさに老若男女、皆がベイスターズファンだと思う......続きを読む»

ベイスターズファンが見た今季ヤクルトの戦力

優勝するためには、上位の2チームを倒さなければなりませんが、3チームを例え僅差でも上回ればCSには進できます。その意味では、昨季Bクラスであった阪神、ヤクルト、中日が、今季どこまで戦力を伸ばしているか気になりがます。どのチームも、昨季の反省を踏まえて対応策をたて、補強もしてくるのですから、ベイスターズはそれを上回る必要があります。 一昨日は阪神の戦力を見て、数年後は若手野手がもっと力をつけて恐いチ......続きを読む»

ベイスターズファンが見た今季阪神ガイガースの戦力

昨年は悲願のCS初出場、しかも巨人を破ってファイナルステージまで進出して、ファンを喜ばせてくれたベイスターズですが、1年だけで終わってはなりません。今季もまたAクラスを目指してもらわなければなりません。充実の広島カープと大補強の巨人もいますが、まず当面のライバルは昨季4位の阪神タイガースでしょう。まして昨季阪神には9勝15敗と惨敗して6つの負け越しをつくっています。今季も同じようなことを繰り返しては......続きを読む»

新しい横浜の文化が横浜スタジアムから始まる

昨年暮に原稿を書きながら他の方のブログやメディアのそれとかぶってしまって、全然面白くないのでボツにした、私の2016年十大ニュースは以下のようなものでした。 1 CS進出 2 山口投手退団 3 三浦投手引退 4 筒香選手2冠王 5 センターライン固定にあと1歩 6 ルーキー今永投手の活躍 7 外国人選手不発 8 セットアッパーの活躍 9 ラミレス監督名将の片鱗を見せる   10 横浜スタジアム......続きを読む»

DeNAの外国人選手獲得が新体制に How a BayStar Is Born

外国人スカウトのイェーツさんが、既に辞めていたことを今日ネットの情報で知りました。まさかロマック選手の失敗の責任を取らされたわけではないとは思いますがどうでしょうか。外国人スカウトのことは、ネットで断片的な情報が出るだけで詳細を知ることはできませんが、外国人選手の成功不成功はチームの成績を大きく左右するので、球団でも重要なポジションのひとつです。 ベイスターズ外国人選手獲得体制の歴史と現在というタ......続きを読む»

今季のエースに石田投手を指名 (球場別防御率による考察)

ラミレス監督は予告通り、今日今季の開幕投手を発表しました。石田投手です。いずれにせよ井納、今永投手を含めた3人の中のひとりになると思われていましたが、ラミレス監督は3年目の左腕石田投手を指名しました。開幕投手に指名ということは、今季のエースに指名したということです。 ラミレス監督はそれを秋季キャンプ前から決めていたが、石田投手には数日前に鉄板焼きの店で告げたとのこと。この時期の発表は、開幕投手を誰......続きを読む»

日ハムは金銭補償を選択 日ハム、巨人、DeNAの年齢別戦力構成を見る

日ハムはFA陽選手の補償に、予想どおり金銭を選びました。日ハムの戦力補強は他球団以上に計画的で、相手のプロテクト次第である人的補償を選択することは過去にもあまりなく、金銭補償を選ぶことが多いです。例外は鶴岡捕手の人的補償でソフトバンクから得た藤岡投手でしたが、彼も昨年金銭トレードでベイスターズに来ましたから、結局金銭補償と同じ結果になりました。もちろんひとつには、DeNAが先に平良投手を獲得してしま......続きを読む»

人的補償は平良拳太郎投手

正式な発表はまだですが、今朝各紙が報じています。 私は平良投手はてっきりプロテクトされていると思っていました。昨年プロテクト予想をこのブログでもやりましたが、要するに私が欲しい28人をプロテクトされると予想して、欲しい選手が誰もいないと勝手に嘆いていたわけです。その28人に入っていた平良投手は、当然私が欲しかった選手のひとりです。 ややスリークォーターぎみのサイドスロー?から、よく変化する球をな......続きを読む»

2017年の10大ニュースを妄想する

あけましておめでとうございます。1週間ぶりの投稿になります。 実は年末に例年通り10大ニュースの記事を書いたのですが、皆さんのブログやメディアの10大ニュースと完全にかぶってしまい、それでは投稿しても面白くないと思ってお蔵入りにしてしまいました。 元旦に次の記事を見つけました。 筒香3冠王は? 山口代役は? DeNA、2017年に予想される注目ニュースは Full-Count 1/1(日) 2......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:19017671

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss