YOKOHAMA lover

月別アーカイブ :2016年09月

野球を愛し、野球に愛された男が、昨夜マウンドを去った

本人の言葉を借りれば、速い球を投げられるわけでもない、凄い変化球があるわけでもない、ドラフト6位の投手が、25年間現役を続け、昨夜最終登板を終えました。 24年連続の勝ち投手となって、かっこよく終わるか、早い回にノックアウトされて終わるか。私の想像ではせいぜいそのどちらかぐらいしか思いつかなかったですが、どちらも違いました。その引退試合は、前代未聞、おそらく空前絶後の引退試合でした。打たれながらも......続きを読む»

3位が確定した夜。 三浦投手の最終登板に向けて。

昨夜は初回に石川投手から、筒香選手と宮﨑選手の連続ホームランで3点を奪いながら、今永投手が踏ん張れず、代わった小林投手もいきなりツーランホームランを打たれて、結局これが決勝点となって敗れました。巨人が勝ったため、これでベイスターズの3位が確定しました。これでシーズン142試合が終わり、あとは今日の三浦投手の引退試合を残すだけです。 三浦投手が今日勝てるかどうかは、勝負ですから分かりません。しかし三......続きを読む»

筒香嘉智とは何者か3 ”つくられた左打者”の理論を越えたホームランキング

プロ野球の歴代本塁打記録ベスト20です。 順位 選手 本塁打 実働期間 試合 打数 1 王 貞治 868 (1959-1980) 2831 9250 2 野村 克也 657 (1954-1980) 3017 10472 3 門田 博光 567 (1970-1992) 2571 8868 4 山本 浩二 536 (1969-1986) 2284 8052 5 清原 和博 ......続きを読む»

筒香嘉智とは何者か2 異次元の勝負強さを持つ打者

筒香選手はそのバットで、今季何度鳥肌の立つような感動を味合わせてくれたことか。筒香選手のバッティングの魅力は、試合を見ていれば、今まで野球に興味のなかった方でも、あるいはもしかしたら敵チームのファンの方であっても、感じられたのではないでしょうか。だから筒香選手の魅力を言葉で語る必要なんてないのかも知れません。でも敢えて、書かせてもらいましょう。 ホームラン43本(2位山田選手38本)、打点108点......続きを読む»

筒香嘉智とは何者か1 進化し続ける打撃とキャプテンシー

昨年あたりまで筒香選手のことを、一足早く完全覚醒したヤクルトの山田投手と比べて、山田選手には遠く及ばないというようなことをおっしゃる方が、ベイスターズファンの中にもいらっしゃったのが、私にはちょっと違和感でした。まだ完成していないものの、筒香選手は、毎年トリプルスリーを狙える山田選手とは違ったタイプの大打者であることは間違いないと思っていたからです。今季、筒香選手はそれを証明してくれました。 もっ......続きを読む»

本来のラミレス構想、2番梶谷、3番ロペス、4番筒香選手で勝利をつかむ。須田投手の代役はモスコーソ投手?

2位を、ホーム横浜スタジアムでのCS開催を目指し、昨日も巨人を粉砕したベイスターズです。やはり、梶谷、ロペス、筒香選手の3人が好調なら、どんな相手でも怖くありません。開幕前、ラミレス監督が思い描いたのは、この打線なのでしょう。それがシーズン最終盤の今になって完成しました。打線は今季最高の調子だと思われます。3人には、このままポストシーズンまで、好調を保って欲しいです。 5番を想定されていたロマック......続きを読む»

CSに向けて勢いのつく大勝

CSまでとっておきたかったような、痛快な勝ち方でした。17安打12得点、ホームラン6本です。 ヒーローインタビューは、6回裏2死満塁のピンチで登板し、強打者阿部選手に対してスリーツーとなった10球目、ストレートで空振り三振に取ってピンチを切り抜けた砂田投手でした。この投球が流れを変えたのは間違いありません。砂田投手は、次の回の攻撃でも、送りバントで全力疾走で内野安打を奪って、追加点に貢献したのも好......続きを読む»

今日のヤクルト戦は雨で中止 その影響とクライマックスシリーズへの期待

今日は雨で予定されていたヤクルト戦が中止。今日先発予定だった小川投手はどうやら土曜日の広島戦にスライドするようなので、Aクラスをベイスターズと争っているときから既に予定されていた、残り2戦ともエース小川投手をベイスターズにぶつけるということは、もうなくなったということです。 DeNA・三浦の引退登板は「本拠地最終戦」高田GMが明言 スポニチアネックス 9月22日(木)7時1分 DeNAの高......続きを読む»

三浦投手引退

恐れていたことが起きてしまいました。いや、本当は予感していたのかも知れません。先日の登板の後の、中継ぎに迷惑をかけてしまって申し訳ないという言葉を聞いて、自分がまだ投げられると思っても、後輩のリリーフ陣に迷惑をかけるわけにはいかないと、番長なら考えてしまうだろうとは思っていました。昨日のクライマックスシリーズが決まったときの笑顔は、今まで見たことのない、吹っ切れたような笑顔でした。懸命にそれを否定し......続きを読む»

一夜明けて ラミレス賛歌とこれからのベイスターズ

昨夜は祝杯を重ねてかなり酔ってしまいましたが、一夜明けてまた続きを書いています。 ラミレス監督がインタビューで、我々は立ち止まらない、最後まで2位を目指して戦うというのを聞いて、私がなぜラミレス監督が好きなのか、改めて分かりました。采配の細かいことは、素人には知るよしもない部分がありますが、ラミレス監督が言葉にして示すビジョンにいつも共感させられるのです。 今CS進出を決めて、まず私が望むのは2......続きを読む»

ただただ、ありがとう。そして、おめでとう。

クライマックス・シリーズ出場決定!!! 試合後のインタビューでラミレス監督が「おめでとうございます」と言うのを聞いて、思わず「ありがとう」と声に出して言ってしまいました。本当に良くやってくれました。もちろん選手たちにも、そしてこの雨の中最後まで応援していたファンの皆さんにもありがとうと言いたい。そして、すべてのベイスターズファンに、おめでとうを言いたい。 11年間長かった。ただ長いだけではない......続きを読む»

三嶋投手の好投と1,2,3番の活躍で、勝つべき試合を勝って、いよいよCS進出に王手 

CSクリンチ0.5 残り5試合 勝ちました。相手の広島は既に優勝を決めてCSに備えた調整段階にあり、一方のベイスターズはCS進出に大きく近づいているとは言え、未体験のCS進出争いをヤクルトと繰り広げているまっただ中、この2連戦で決着をつけるべく、何としても勝ちたい試合でした。勝たなければいけない試合でした。 今日は、桑原選手の4出塁、エリアン選手の3安打猛打賞、そしてロペス選手の逆転ツーランとサ......続きを読む»

ラミレス監督の原点 2013年8、9月のファーム

これは、2013年、夏以降1軍に昇格することのなかったラミレス選手が最後にファームでプレーした9月14日の試合のスタメンです。4番ラミレス選手を囲む3番、5番は、現在のベイスターズの4番、5番である筒香選手と宮﨑選手です。センターは桑原選手、実に今のレギュラーメンバーのうち3人までが、あの頃ラミレス選手と一緒に、ファームで汗を流して練習し、試合に出ていた選手なのでした。この表には、今はもうベイス......続きを読む»

白崎選手と筒香選手 ふたりのドラ1野手が試合を決めた

CSクリンチ2.5 残り6試合 筒香選手は入団のときから、もちろん期待が高かったのですが、2軍で大活躍したルーキーイヤーの終盤1軍に昇格し、初安打のホームランを放ったのを見て、私は筒香選手が今の姿になることを確信したものです。高校時代、甲子園でのホームランも凄かったですが、プロの投手から打ったあの一撃は、また衝撃的だったのです。 一方の白崎選手も、六大学の首位打者ですから、守備と打撃を兼ね備えた......続きを読む»

24年連続勝利逃してもまだまだ

CSクリンチ3.5 残り7試合 【DeNA】三浦、24年連続勝利逃してもまだまだ!黒星も制球力光った無四球73球 スポーツ報知 9月17日(土)6時5分 敵地の拍手が、帽子を取ってベンチに戻るDeNA・三浦を出迎えた。史上初の24年連続勝利がお預けになっても、少年時代から観戦に通った甲子園は温かかった。 そうか、つい忘れてしまっていますけど、三浦投手は関西圏の出身だったですね。だからこ......続きを読む»

点の取り合いも、守備と粘りと足が勝敗を分けた そして明日の試合は特別な試合

CSクリンチ4.5 残り8試合 5回に3点を追加してリードしたのをチェックしつつ帰宅して、テレビをつけると6回裏無死1塁、ゴメス選手の強い打球を倉本選手が好捕、ファインプレーを見せたところでした。いいものを見せてもらいました。これがヒットになっていたら、もしかしたら次の陽川選手のホームランはスリーランとなり、逆転されて最悪の流れになっていたかも知れません。石田投手の投球はこのふたりの打席しか見られ......続きを読む»

「我に七難八苦を与えたまえ」あるいは「道のりを楽しむ」 今後の対戦

CSクリンチ5.5 残り9試合 どんな強いチームだって、すべての試合に勝てるわけではありません。今季これだけ圧倒的な強さを見せ、現時点で貯金を36としているカープだって、48試合は負けているのです。そうと知りつつやはり負けはいやなものです。 昨夜の試合は、石川投手にやられました。さすが石川投手、意地を見せました。今季、横浜スタジアムの石川投手は打っているのですが、相手のホーム神宮球場となるとまた......続きを読む»

3番エリアン選手が呼んだ、望むことがすべて叶った最高の試合

CSクリンチ5.5 残り10試合 午前中の雨と天気予報を見る限り、今日は中止かと覚悟していましたが、雨は小降りになり、試合が開始されました。このヤクルトとの2連戦は、CS進出のための天王山です。とくに今日の試合は、ヤクルトはエース小川投手、ベイスターズはローテーションを変えてまで敢えて中8日でこの大事な試合に抜擢された今永投手。どちらも負ければダメージが強く、勝てば勢いのつく、本当に大事な試合です......続きを読む»

人間万事塞翁が馬 天気と怪我には勝てない

雨が降っています。天気予報によればかなり続きそうで、今日の試合は無理かも知れません。秋雨前線が停滞して、もしかしたら明日もできないという可能性もあります。この2戦がベイスターズとヤクルトにとっての天王山だったのですが、天気には勝てません。 DeNAのラミレス監督 また中止に「やりたかった」 スポニチ 2016年8月19日 先発ローテーションも、また変更を余儀なくされます。確かに8月16日と18日......続きを読む»

広島の助っ人に“ハズレ”なし そしてDeNAは

25年ぶりの恩返しできた 優勝の広島・松田オーナー独占インタビュー サンスポ 2016.9.11 ドラフト制度とかFA制度で、あんたんところ苦労したじゃろうと。だけど、ウチはウチらしく何か工夫して、絶対にそれを覆してやるんだという気持ちだった。だけど、25年もかかたということは、できんかったということじゃろな。本質は素質のある選手を入れて、育成してという形なんだけど、どうしてもそれでうまく結......続きを読む»

リリーフが崩れて敗戦。しかしヤクルトとの直接対決が重要。

CSクリンチ7.5 残り11試合 このブログには公開していませんが、私には先発ローテーションを予想するという楽しみがあり、それで少し先までのチームのおおよその戦いぶりを予想したりしています。少し前の予想では、ヤクルト戦で星を落としても他で勝ちを拾うつもりで、シーズン終了まであえてヤクルト戦を意識してローテーションを動かすことをせず、ただ小川投手が先発してくるであろう最後の2戦には石田投手を当てると......続きを読む»

今季一番しびれた試合 エース山口投手は9回を守護神に任せた

CSクリンチ8.5 残り12試合 カープが優勝を決めました。25年ぶりとのことです。心からおめでとうと言いたいと思います。今季のカープは、本当にいいチームでした。そして来季は、この喜びを私たちが味わいたい。 カープの優勝決定を他所にして、CS進出のためにはどの試合も重要になっている我らがベイスターズは、ドラゴンズとの対戦です。ドラゴンズの先発は、今季3試合対戦して3試合とも2点しか奪えず、一度も......続きを読む»

ストロングポイントとウィークポイント ーCS進出に必要なもの4ー

この記事は、9月4日仕事が一段落して、忙しくてずっと書けなかったブログを、”CS進出に必要なもの”と題して、一気に6つの記事を書き上げた中のひとつです。CS進出に必要なもの1,2,3は順次仕上げて公開しましたが、”必要なもの4”になるはずだったこの記事は、あまり面白くもないのでお蔵入りにしていたものです。しかし、いろいろ所持雑感さんの、ベイスターズの外国人選手がいかに活躍しなかったかをRSWIN、R......続きを読む»

とにかかく目の前の試合に勝つしかない

CSクリンチ9.5 残り13試合 昨夜勝っていれば、CS進出を大きく引き寄せることができたのですが、残念な負け方をしてしましました。6回までに1点でも追加点を取っていれば、流れはこっちのものだったでしょう。石田投手をもう1イニング投げさせていたら、違う結果になっていたでしょう。あるいは石田投手に代打を出した6回に1点でも入っていれば、流れ的にベイスターズの勝利だったでしょう。6回無死1塁、ランナー......続きを読む»

CSへのカウントダウンはもう始まっている

CSクリンチナンバーは一桁9.5となり、残り試合は14試合です。14試合を10勝すればCS進出確定ですが、ヤクルトもそこまで連勝はできないでしょうから、9勝5敗で借金を0にすることを目標にしておけば、間違いないと思います。 優勝マジックも途中で消えることがあり、だからマジックと呼ばれるそうですが、そういう意味では、まだまだ油断はできません。しかし、このヤクルト戦2連勝で、ベイスターズがかなり有利に......続きを読む»

CS進出を引き寄せる大きな勝利と、三嶋、三浦投手にかける期待

CSクリンチ9.5 残り14試合 今日の勝ちは大きいです。昨日も重要な試合でしたが、昨日は絶対負けられない試合、負ければCS争いで、ヤクルトの方が有利になりかねない試合でした。それを勝ったのも大きかったですが、今日は相手はエース小川投手、こちらは今季未勝利の三嶋投手ですから、なかなか勝ちを計算しづらい試合。それを素晴らしい試合展開で勝ったのですから、なお大きいです。 昨年の7月30日の”過去は振......続きを読む»

旬の選手たちがチームをCSに、そしていずれ優勝に導く ーCS進出に必要なもの3ー 

CSクリンチ10.5 CS進出を争うヤクルトとの残り7試合の大事な大事な初戦、さい先よく今日の試合は完勝でした。前回のブログでキーマンとした井納投手が完投です。野手たちも倉本選手を中心によく守り、トップバッター桑原選手の出塁からはじまり皆良く打って、井納投手を効果的に援護しました。 6月18日の”突きつけられた絶望と、新たなる希望”と題したブログに以下のように書きました。 セ・リーグの他......続きを読む»

表ローテと裏ローテを見直す ーCS進出に必要なもの2ー 

CSクリンチ12 5月はじめのには、”想定エースから真のエースへの第1歩”と題するブログで、山口投手を想定エース、新人ながら見事な投球に瞠目させられた今永投手を左腕エース、開幕投手の井納投手を(山口投手が戻ってくるまでの)暫定エースと呼んで、この3人を表ローテとしていました。 それが5月の終わりには、石田投手の大活躍があって、”山口投手に送る言葉と、もうひとつのTomorrow is anoth......続きを読む»

山﨑投手の転落と復活を考察する ーCS進出に必要なもの1ー 

CSクリンチ12.5 しばらく広島方面に行っていて、野球も思うように見られませんでした。広島はもう優勝したような雰囲気でしたが、それも当然でしょう。カープの優勝はもう動かないところです。 私が横浜にいない間に、一昨日にはベイスターズの優勝の可能性が完全消滅しました。例年優勝を目指し、少しでも可能性がある限りそれが目標と思っていますが、その第一目標が消滅しました。ここからはCS進出に集中です。そし......続きを読む»

広島の地からベイスターズに声援を送る

この数ヶ月、ろくに野球も見られないほど忙しかった仕事が終わりました。今はまだ広島にいて、横浜には明日帰ります。 広島との3連戦は、ホテルにいても、周り中から歓声が聞こえて来る完全アウェイ状態でしたが、こうなったら広島にはヤクルトも蹴散らしてもらうことを願うばかりです。 明日からは横浜で、目前に迫ったCS初進出に向けて、思う存分応援できます。 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:5586
  • 累計のページビュー:19867189

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  5. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss