YOKOHAMA lover

月別アーカイブ :2016年06月

ホームランでやられた大敗は切り替えて、甲子園での打線のつながりを期待する 倉本選手のコース別ヒット

ひとりの選手に3連続ホームランで7打点もあげられては、勝てるわけがありません。どうして3打席ともやや内角寄りの真ん中低めのストレートを打たれたか。もっと低くても高くても、そうは打たれたかったでしょうし、変化球を交えれば、結果も変わったと思います。 戸柱捕手が暑さと疲れで呆けていたか。もっとも、開幕直前のオープン戦で、戸柱捕手のサインにことごとく首を横に振り続けて、自分の投げたい球を戸柱捕手に教え込......続きを読む»

夏の攻勢への準備はできていた

6対4とリードされた6回裏。桑原選手は昨日ストレートを打って大活躍したので、今日は巨人バッテリーは変化球を多用し、実際初回の第一打席ではカーブで空振り三振に倒れましたが、この回は変化球を狙い打ってヒット。桑原選手は単にストレートに強いだけではありません。この辺の対応力には、大きな成長が見られます。 昨年からマイコラス投手は、ランナーがいるとストレートの球速も落ち、被打率が急に悪化していましたが、W......続きを読む»

ようやくだどりついた打線で、菅野投手を打ち崩す

一昨日の”外国人選手の不発で交流戦を失速したが、後半戦に向けて明るい面はある”と題したブログに、以下のように書きました。 宮﨑選手です。守備面はともかく、打撃面ではロペス選手の穴を埋めてくれています。クリーンアップを打てる生え抜きの打者がひとり出てきました。ずっと探し続けていた右の強打者は、実はもうチーム内にいたのでした。 梶谷選手は、明後日の巨人戦からはライトに戻るようです。後半戦勝......続きを読む»

外国人選手の不発で交流戦を失速したが、後半戦に向けて明るい面はある

首位広島とは8ゲーム差、広島に追いつくことは、もう至難の業というか、現実的な目標にはできないぐらいの差をつけられていますが、2位以下はまだどうなるか分かりません。2位の巨人とはわずか2ゲーム差です。なんとか勝ちを拾っていって、最終的に3位以内に食い込むことが当座の目標です。そして、まだその話をするのは早すぎますが、モスコーソ投手以外の助っ人がほぼいないような状況の今季3位以内に食い込めたなら、来季の......続きを読む»

楽天戦3連勝

これで5連敗ですか。戦力的に攻撃力が弱いのはしかたのないところもありますが、ちょっと流れが悪すぎます。今日も山下選手の必死の内野安打と盗塁、梶谷選手の久々のタイムリーとなるツーベース、宮崎選手のホームランまではとても良かったのです。山口投手もけして悪くはなく、今日はいけそうだという感触で、5回表も簡単にツーアウト、そこで藤田選手のツーベースが出て、ちょっといやだなと思いながらも用事でテレビの前を離れ......続きを読む»

交流戦残り2連勝を願い、先発ローテーション再編で交流戦後の巻き返しに期待する。

今日の今永投手は良くありませんでした。変化球の制球が全く定まらず、無駄な四球も多かったです。いつもならヒットにさせない高めのストレートを狙い打たれ、長打にされていました。疲れでしょうか。開幕から雨による中止もなく、毎週ローテションを守ってきたのは、今永投手ひとりですから、少し休ませたい時期には来ています。交流戦明けの休みもありますから、いずれにせよ明日登録抹消されるのではないでしょうか。 先に4点......続きを読む»

突きつけられた絶望と、新たなる希望

昨日の試合については、久保投手が1回の表に3点を失ったことで、半分決まってしまったのかも知れません。いきなり3点では、試合の流れが良くなるはずがありません。久保投手はいい球も投げていたのですが、オコエ選手に打たれたのも、ウィーラー選手に打たれたのも、なんでこんな球をと思われる力のないど真ん中の球。久保投手は昨年から、しばしば初回にこういう姿を見せてしまいます。最高のピッチングを見せたと思えば、初回に......続きを読む»

DeNAはホークスにはなれないが日ハムにはなれる?を再考する。

昨夜も負けました。一昨日有原投手に抑え込まれたような、完敗ではありませんでしたが、2連敗です。しかし、日ハムは粘り強いです。こちらがいい当たりを打っても、なぜか野手がいいところに守っていてヒットにならない。かなりデータを持っていて、攻撃も守備も、徹底してデータに基づいて行っていることがうかがわれます。 もちろん日ハムにも失敗はあります。たとえば、昨夜の7回表、無死でレアード選手のツーベースのあと、......続きを読む»

完封負けの中に、ポジティブな要素はあったか?

完敗でした。ポジティブな要素を探そうと思っても、それが難しい試合でした。モスコーソ投手は、2回の2死から3回までを除くと、来日以来一番かと思うほどの素晴らしい投球で、5回までに10三振を奪いましたが、それで3失点が帳消しになるわけではありません。リリーフした熊原、小杉投手も奪三振を増やし、昨夜は日ハム打線から計15の三振を奪いましたが、やはりそれではポジティブになれません。野球は三振の数を競うのでは......続きを読む»

1,2,3番、ライトは誰になるか?

若手外野手トリオのここまでの成績です。 3,4月のチームの低迷期を支えて、打率も高かった3人ですが、揃って5月6月と打撃が下降線をたどっています。彼らに期待される打順は1番だと思われますが、桑原選手が.284を残しているだけで、あとのふたりは1番打者としての期待に応えているとは言えません。 乙坂選手は、相手の先発が右投手のときの3番として、ある程度機能しています。しかし、乙坂選手と関根選手が......続きを読む»

守備と采配を楽しむ

今日も勝ちました。苦手と言われていたオリックスをスウィープです。連敗でオリックスの選手が元気がないようにも見えましたが、やはり山口投手の投球が良かったです。2試合連続の完封。あと2試合も好投すれば、先月の石田投手に続いて、自身4回目の月間MVPです。ちょっと気が早いですね。山口投手は、今日は敢えて三振を狙うのではなく、リラックスして内野ゴロを打たせるスタイル。今季のベイスターズの内野守備がいいからこ......続きを読む»

九州人躍動す 今永投手5勝目、宮﨑選手スリーランホームラン、下園選手マルチ、戸柱選手猛打賞

私は縁あって横浜に永住することになりましたが、先祖代々は九州でした。両親は神様仏様稲尾様の時代の西鉄ライオンズのファンで、母はライオンズが埼玉に去ったあとも、最後までライオンズファンでした。稲尾さんも同県人ですが、ベイスターズだと山口投手がそうです。ソフトバンクには当然九州人が多いですが、内川、今宮選手が同県人です。何でこんなことを書き始めたかというと、ベイスターズにもオリックスにも宮﨑選手がいて、......続きを読む»

ストロングポイントを活かしきれば、ベイスターズは勝てる

勝ちました。その勝因については、既に多くの方がブログにも書かれていますが、改めてあげてみます。 久保投手の好投 2試合連続の好投でした。久保投手の投球術がオリックス打線を抑え込んだことが、最大の勝因であることは間違いのないところでしょう。長い2軍生活は、精神的にも期するものがあったでしょうし、体調的にも1軍復帰に備えて万全の調整をしてきたはずで、久保投手はそれを無駄にすることはありませんでした。......続きを読む»

ロペス選手前半戦絶望が意味するものをポジティブに考える

ロペス選手は前半戦絶望と報道されています。数字どおりに考えると、シーズン143試合の半分は71.5ですから、既に61試合を消化していますので、あと10試合ほどで中間点です。交流戦はあと9試合ですから、交流戦終了時点で、ほぼシーズンの半分は終わることになるのです。 でも、ロペス選手は骨折ですから、交流戦が終わってすぐ戻って来られるわけではありません。プロ野球では、慣習としてオールスターまでを前半戦と......続きを読む»

ソフトバンク戦3連敗のあとも続くロペス選手の不在にどう対応するか

恐れていたソフトバンク戦3連敗が現実のものとなってしまいました。もっともロペス選手がいれば、第2,第3戦のどちらかは、勝てたようにも思います。先発投手があと1点少なく抑えていたら、流れは変わったようにも思います。ベンチも田中、須田投手を繰り出して、最後まであきらめず戦いましたし、再三いい守備もありました。ソフトバンク戦は終わりましたが、しかし現実問題として、ロペス選手は骨折で当分いないのですから、こ......続きを読む»

柳田選手に力負け 得点のバリエーションはどこにあるのか と、ファームのローテーション

石田投手はけして不調ではなかったと思いますが、柳田選手の方が上でした。凄いバッターです。ヤクルトの山田選手も一流のバッターですが、怖さは柳田選手の方が上のように思います。どの打席も、打たれても不思議がないというような迫力を感じます。実際には3打席のうち2回は打ち損なってくれるわけですが、完璧な球を投げても打たれる打席もあります。須田投手が打たれた松田選手のホームランも、もう少し外を狙ったのが少し中に......続きを読む»

ソフトバンクの強さを見て、ベイスターズの新たな勝ちのバリエーションを切望する 追記;今日のスタメンを見ての感想

昨夜は会合があり、仕事が終わって出かけるまでの間、一球速報を見ただけで、会合が終わったときには、もう試合も終わっていました。録画も見ていません。したがって、以下は結果を見ての感想で、リアルタイムで観戦していた方から見るとおかしなところもあるかもしれません。ご容赦ください。 試合開始直後、一球速報を見ていて思ったのは、ソフトバンクの足を使った攻撃のいやらしさです。あの強打のチームが、足も使ってくる。......続きを読む»

ソフトバンク戦を前に、12球団1の防御率を確認してみる

一時ベイスターズの防御率は12球団1でしたが、現在は3.06で、3.05のソフトバンクにわずかに抜かれています。ただし、先発防御率3.06、救援防御率も3.06で、ソフトバンクは先発3.30、救援2.47ですから、先発防御率では勝っています。 12球団防御率ベスト20ですが、ベイスターズの投手が4人も入っています。12球団あるのですから平均すればひとりかふたりでいいはずなのに、4人もです。投手......続きを読む»

打線は18安打11得点。山口投手は10奪三振の完封。エリアン選手は来日初安打を含む3安打。

打線は18安打11得点。山口投手は10奪三振の完封。言うことのない試合でした。貯金ができたとか、セ・リーグの首位広島と2ゲーム差になったとか、3位になったとか、昨年の交流戦の勝ち数をもう超えたとか、交流戦の3位(西武と同率ですが、直接対決で負けているので)とか、いろいろありますが、今はそういった順位はあまり重要ではありません。交流戦を勝率5割で乗り切り、そして交流戦後の夏の勝負所に向けて、戦力を見極......続きを読む»

ザ・4番バッター筒香選手のサヨナラ・ホームランとそれを呼んだリリーフ陣

私たちのチームには、全日本の4番バッターがいるのです。延長10回の裏も二死となり、相手はロッテの絶対的守護神西野投手。ベイスターズの打者たちは、西野投手の変化球に翻弄されており、勝つためにはここでホームランを打つしかないというところで、サヨナラホームランを狙って打つ筒香選手。凄いです。このチームのファンでいて良かったと思った瞬間でした。 ロッテの打線はやはり怖い。一発なら西武打線の方が上ですが、け......続きを読む»

久保投手意地の投球で勝利 とスモールベースボールにおけるエリアン選手への期待

けして調子が悪いわけではないのに、1ヶ月のファーム生活を強いられていた久保投手が戻ってきました。当然悔しい思いもあったでしょうけど、ネガティブになることなく、しっかり仕上げて今日の登板に臨んだ久保投手には、頭が下がります。今日の投球はエース級の投球でした。今永投手と石田選手をダブル左腕エース、井納投手を暫定エース、山口投手を想定エース、モスコーソ投手を助っ人エースと呼んできましたが、ベイスターズにま......続きを読む»

西武戦の敗戦は切り替えて、ロッテ戦を展望する

昨夜も高橋投手に抑え込まれ、連敗となりました。投手は強力西武打線に対して自責点3ですから、合格点でしょう。戸柱捕手のエラーが残念でしたが。ルーキー捕手にとって、ようやくセのチーム相手のリードが軌道に乗ったところで、また未知のパの相手との戦いというのでは、リードだけでめいっぱいかも知れませんが、なんとかがんばって欲しいものです。打線には、やはりこの2試合の菊池、高橋級の投手を打つだけの力はまだありま......続きを読む»

可能性がある限り優勝を信じて応援する

昨夜は負けました。西武打線は怖い打線だし、もともと力のある菊池雄星投手が最近好調なのは知っていましたので、昨日のブログには、打線では劣るベイスターズが勝つためには、石田投手が菊池投手以上の投球をしなければならないと書きましたが、昨夜の菊池投手は良すぎました。昨夜は負けるべくして負けたということでしょう。もともと交流戦は、対戦するチームの先発ローテーションの巡りを見ても、勝率5割が目標と思われるので、......続きを読む»

オールスター中間発表 今永投手、三上投手2位、山﨑投手、筒香選手1位

7月15日には福岡ヤフオクドームで、7月16日には横浜スタジアムで開催される今年のオールスターのファン投票の第一回中間発表がありました。 セの先発投手部門の1位は菅野投手(24,632票)ですが、今永投手が21,420票で、僅差の2位につけています。これは嬉しいことです。もっとも、石田投手がベスト10にも名前が出ていないのが納得いきませんが、5月の月間MVPを取れば、また状況は変わってくるでしょう......続きを読む»

ラミ流スモールベースボールと、エリアン選手今日にも合流

【DeNA】足攻で苦手・交流戦白星発進!2位タイ浮上 2016年6月1日6時0分 スポーツ報知 絶好調のDeNAが「ラミ流スモールベースボール」で交流戦白星発進だ。 「『スモールベースボール』をすること。先発陣はパ・リーグにも遜色ない投球ができる。小技も含めてロースコアに持ち込み、ウチらしい試合運びにしたい」 チーム防御率は試合前まで12球団1位の3・06。盤石な投手力を支えにしてビッグイ......続きを読む»

交流戦開幕戦に勝利 計画通りのスモールベースボール

昨夜は仕事が遅くまでかかり、帰宅したのは9時頃、遅い夕食を食べながらテレビをつけるともう8回裏、4点差で三上投手。ああこれは勝ったなと安心しながら見ていると、めずらしく三上投手が乱調で、もともとアバウトな制球の三上投手ですが、昨夜はそれでころではなかったです。サイドからの動くストレートは、普通は左右にはぶれても高めに浮くことは少ないのですが、昨夜は浮きまくりでした。1点を返されてなお1死満塁。しかし......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:4247
  • 累計のページビュー:19871435

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  5. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss