YOKOHAMA lover

月別アーカイブ :2016年04月

阪神に勝利 さらなる希望は

先取点は4回表のベイスターズ。関根選手がチームの今日初めてのヒットで出塁すると、次の石川選手への初球に盗塁(ヒットエンドランで石川選手は空振り)。今季ここまでは、盗塁をからめた攻撃があまりできなかったベイスターズですが、関根選手がそれを変えてくれそうです。さらに乙坂選手が四球を選んだ一死1,2塁から、ダブルスチールを見事に成功させます。不調のロペス選手も、ここは犠牲フライで1点を取ります。ワンヒット......続きを読む»

5月反攻は現実となる

野球の神様は横浜の選手とファンに、さらなる試練を与えられるおつもりのようです。獅子が我が子を千尋の谷に突き落とすようなものでしょうか。この試練に耐えて、もっと強くならなければいけません。昨日の試合途中、筒香選手が脇腹を傷めて途中交代しました。軽傷であることを祈るばかりです。 昨日の試合は、なぜかベイスターズを得意とする(これで3戦3勝)小熊投手から、5回まで2点しか奪えず、6回に砂田投手がつかまっ......続きを読む»

マクブライド選手は来ない?

McBride called up from Nashville; Triggs sent back 私はMLBのことはよく知らないのですが、これはアスレチックの”オフィシャルサイト”に載った記事です。”オフィシャルサイト”=球団発表ではないのかも知れませんが、同サイトの40人ロースターどころか25人のactive rosterに既にマクブライド選手の名前は載っていますから、完全にメジャー昇格です......続きを読む»

采配的中で勝利 苦しんだだけ大物になる

開幕から3連敗中の久保投手。とくに前回4月12日の阪神戦では、初回に3点を失って、チームはそのまま逆転できずに負けたのでした。日程が緩かったこともあって、翌日には2軍へ。2軍での調整登板でも初回に失点しており、2週間ぶりの1軍の試合でどういう投球を見せてくれるかと思いましたが、鬼門の初回を切り抜けると、絶好調の中日打線を涼しい顔で抑えていきます。 ベイスターズのオーダーは、ロペス、ロマック選手のい......続きを読む»

サード筒香選手を再び妄想する

三塁守備の上手さについては、何の数字の裏付けもありませんし、ご異論も多いとは思いますが、私は次のような印象を持っています。 倉本>白崎≧山下≧ロペス>飛雄馬≧宮﨑=筒香≧ロマック 倉本選手は一番上手い内野手としてショートで使うべきだし、白崎、山下選手は、サードのレギュラーとしては今のところ打撃がまだまだです。いろいろな意味でロペス選手はファーストでしょう。飛雄馬選手以下は、守備面ではサードのレギ......続きを読む»

朗報 梶谷選手、関根選手復活す

昨日の2軍フューチャーズ戦で、梶谷選手が実戦に復帰しました。センター3番で出場して、初回初打席でセンター前ヒット。第2打席もセンターに抜けようかという当たりのショートゴロだったようです。昨日はこの2打席で交代。守備機会はなかったようです。しかし試合に出られただけで、朗報です。梶谷選手は、早ければ来週にでも、1軍に復帰するでしょう。 そして3回からは、梶谷選手に替わって関根選手。彼も、キャンプの時点......続きを読む»

マット・マクブライド選手の獲得はどういう意味を持つか

DeNA新外国人獲り、菅野を打った男マクブライド(日刊スポーツ) 2016/4/26 8:06 DeNAが、マット・マクブライド捕手(アスレチックス傘下3A=30)を獲得に向け、本格交渉に乗り出すことが25日、分かった。マクブライドは昨年11月のプレミア12に米国代表外野手として出場。首位打者&ベストナインを獲得した強打者で、日本戦では巨人菅野から本塁打もマークした。 マイナー通算打率......続きを読む»

パークファクターを考慮して、中日3連戦の勝利を期待する。

下のグラフはベイスターズのホームとビジターにおける防御率と、それと比べやすくするためOPSを10倍にした値を示しています。2016年は昨日までのデータです。 一目瞭然、毎年ホームではOPSが高く、防御率が悪い(高い)。防御率は下手をするとビジターのときと1点違うことがありますし、OPSだってどうかすると0.1ぐらい違います。誰でも知っていることとは思いますが、こうしてグラフにしてみると、横浜ス......続きを読む»

倉本選手の打球方向別打率とコース別打率

今日は負けでした。エースと期待する山口投手は6回を3失点。QSと言えばQSですが、私が山口投手の期待しているのは、こんなものではありません。今日は山口投手自身を含めて、エラーが4つ。これでは勝てないでしょう。今日の試合を反省して、もうこんなことは繰り返さないで欲しいものです。その中で、倉本選手は守備はもちろんですが、今日もマルチヒットの活躍でした。 DeNA倉本 5戦連続マルチ、“守備の名手”がチ......続きを読む»

巨人に完封勝ち 3,4月の勝率4割越えが見えてきた

昨夜は会合があってリアルタイム観戦ができませんでした。速報をチェックすることもなく会も終盤になって、やはりベイスターズファンである友人に、勝ちましたよ、と声をかけられて結果を知りました。帰宅も遅かったので、まだ録画もすべては見られていません。完封した井納投手の投球。そして贔屓の倉本選手の打での大活躍。とりあえず、その辺だけは、ピックアップして見ました。 倉本選手の最近の流し打ちばかりのバッティング......続きを読む»

負けない試合で投手陣の投球を楽しむ

負けない試合ができるようになった、というのは今日解説の中畑さんの言葉です。巨人の先発投手は、斉藤雅投手以来27年ぶりという3試合連続完封勝利を狙う、山本昌さんが今や日本のエースと言う、菅野投手。完封を阻止できたら上出来という相手です。勝てなかった試合か、負けなかった試合か、どちらかと言われればベイスターズにとっては、負けなかった試合と言ってよいでしょう。 とにかく先発の今永投手が素晴らしかった。明......続きを読む»

梶谷選手、復帰までと復帰後

治りました~! もうそろそろファームの試合に復帰します! 痛みがとれずに長引きましたが、試合に出れる喜びを感じています! 感覚を戻すのに時間を掛けないようにしたいと思います! 昨日梶谷選手のオフィシャル・フェイスブックに、嬉しいニュースがありました。先日ファームでの梶谷選手の練習ぶりを伝えてくれた方がいて、それなら復帰は遠くないと期待はしていましたが、どうやらそれが現実になりそうです。もち......続きを読む»

倉本選手の振り子打法と坪井コーチ、ロマック選手のオープンスタンスと高須コーチ

昨日見た倉本選手は、開幕時とはまたバッティングフォームが変わってきており、右足をひねりつつ前に蹴り出すようなスタイル、あれよく考えたら、未完成型ながら坪井さんの振り子打法ではないですか。 倉本選手は社会人時代、門田さんに短期間コーチを受けただけで、クローズドスタンスから足を大きく上げる門田さんばりのスタイルになり、それで打撃力が向上して、ドラフトで指名される選手になったわけですが、常にライトスタン......続きを読む»

夜明けが来た

2度のヒットエンドランで3点を先取 会心の試合でした。そうは打てない好投手ジョンソン投手に対して、初回、2回とヒットエンドランを決め、3得点。その立役者は、今日チャンスメイクにタイムリーヒットと猛打賞の大活躍だった桑原選手と、若手にはまねの出来ないしぶといバッティングで最初のヒットエンドランを決めた石川選手ですが、私としては、2度目のヒットエンドランを含めたマルチヒットに四球と三度出塁の、倉本選......続きを読む»

ロマック選手昇格 (今日のスタメン)

ある程度予想していたことですが、ロマック選手が1軍昇格です。かわりに2軍に行くのは白根選手。白根選手には、短い期間だったですが、このプロ入り初の1軍の経験を糧にして、さらに大きな選手になって戻ってきて欲しいです。 今日のイースタンは長浦で楽天戦。ロマック選手が出場していないので、もしかしたらと思っていましたが、スタメンだった山下、乙坂選手が途中で交代したのに、白根選手はそのまま出場を続けて、やはり......続きを読む»

朝の来ない夜はない

今朝は素晴らしい晴天です。さすがに昨夜の試合の後は、ブログをアップする気力がありませんでしたが、一夜明ければ新しい日です。今日も仕事をがんばるぞ、今日こそベイスターズは勝つぞという、確信に満ちた爽快な気分です。寝れば気持ちを切り替えられるのは、大洋ファン歴三十数年の間に培った特技です。そうでなければ、ファンを続けていられるわけがありません。 苦しいこと、悔しいことがあっても、その気持ちに潰されるこ......続きを読む»

横浜スタジアムのイースタン楽天戦の結果を見て、妄想を膨らませる

今日の横浜スタジアムは、ファームの試合と1軍の試合の”ダブルヘッダー”です。ファームのスタメンは、 1 中 乙坂 2 遊 柴田 3 三 白崎 4 一 白根 5 右 ロマック 6 DH 宮﨑 7 二 飛雄馬 8 捕 嶺井 9 左 青柳 P 三嶋 でした。なんだか1軍のメンバーが何人か混ざっていますが、おそらく首脳陣も観戦して、白崎選手のかわりに昇格させる野手や、リリーフ投手の見......続きを読む»

どん底で希望の光を探す

ベイスターズファンにとって、つらい日々が続いています。昨日の逆転サヨナラ負けも、シーズンにはこんな試合もあるさなどとは、言っていられなくなりました。 先発投手陣が崩壊ぎみだった昨季ですが、後半戦から石田、砂田投手の台頭もあり、ドラフトで今永投手らを獲得し、さらに山口、モスコーソ投手の復活も期待できる今季は、投手には心配はいらないと思っていました。今季の課題は、一にも二にも野手だと、はじめからファン......続きを読む»

雨には勝てないが、人間なら誰が相手でも勝てないことはない

昨日の試合は雨で中止になりました。天気には勝てません。今永選手がオープン戦で日ハム大谷選手と投げ合ったときも、雨でした。雨の中、大谷選手が乱調だったのに対し、今永投手はコンディションに適応して自分のピッチングをしていたので、小雨の中の試合になっても今永投手に歩があるなどとも考えましたが、万が一怪我でもしたら大変なことです。中止で良かったのだと思います。 考えてみれば、昨年の4月22日(Wikiで確......続きを読む»

ヤクルト戦連勝 3番打者を探せ

昨日も勝って、ヤクルト戦を2勝1敗としました。今季初の連勝です。 横浜スタジアムでは、味方投手がどんなに好投しても、ある程度の失点は覚悟しなければなりません。スタジアムが広くはない上に、打者有利の風が吹いていることが多く、他の球場の外野フライがホームランになってしまう球場です。高めに投げられないので、ボール球も増え余分な四球も増えてしまうことだってあるのではないでしょうか。ここで勝つためには、相手......続きを読む»

祝開幕 山口俊投手 

山口投手は開幕投手に指名されながら、守備のときの捻挫で登板できなくなり、今日ようやく1軍に戻ってきました。山口投手にとっては今日が開幕です。チームは引き分けを挟んで5連敗中ですが、連敗をストップするのもエースの仕事です。山口投手には大いに期待していました。 結果は6 1/3回、117球を投げて失点5。6回まで1失点だったのに、7回の4失点が余計でした。しかし味方の(自身のツーランを含む)大量点のお......続きを読む»

ロマック選手2軍へ

明日は山口が昇格するが、代わって野手が降格するのか。 「2人落とします。宮崎と、ロマックも2軍に落とします。1軍にいてもなかなか打席を与えてあげられない。この状況では2軍に行って打席に立って勘を取り戻してほしいというのと、それがチームにとってベストな選択だと思ったので」 ラミレス監督語録として、ロマック選手と宮﨑選手の降格が伝えられています。ロマック選手の降格は必要なことですが、遅すぎる......続きを読む»

ヤクルト3連戦を前にポジティブになる

DeNA・ラミ監督、3連戦で1点も前向き「ポジティブに考えたい」(サンケイスポーツ) 2016/4/8 7:00 「1点取れたことをポジティブに考えたい」 私もポジティブに考えてみました。 延長戦13連敗を阻止す 昨季から延長戦に入ると12試合連続負けで、引き分けすらなかったのですね。昨夜は13試合目にして、敗戦を免れました。と言っても、勝つこともできなかったのですが。でも負けるよ......続きを読む»

現在の勝率0.272は、DeNA元年の3,4月と同じ

それにしても打てません。打線は水物、今が底だと思いたいです。 1月31日の”過去4年間を振りかえり、今季の大局的な戦いを考える”と題したブログに、この4年間の月別のOPSと防御率(の逆数)の推移を示したグラフをご紹介しました。そのときの本文を再掲すると、 3,4月は勝率4割程度ならよしとして新しいチームの戦い方を確立し、5月から調子をあげていくこと~いい状態で6月に入って、交流戦では勝率5......続きを読む»

DeNA故障者リスト更新 5人にひとりは故障者の異常事態を乗り切れ

3月14日のブログに、当時の故障者のリストを載せましたが、それに現在の状況を加筆しました。 その後既にに復帰した選手は横線で消し、新しい情報はアンダーラインで示しています。 投手 飯塚悟史 右肘手術(2015/6/9)→3月3日神奈川大戦に先発、5回無失点と復活 林昌範 左肘クリーニング手術(2015/8/27)→いまだ2軍でも登板なし 野川拓斗 左肩痛(1/28)→いまだ投球再開の情報なし→イー......続きを読む»

打線は低迷、中継ぎ陣は失点。 山積の課題の解決策は。

DeNA単独最下位、ラミレス監督ガックリ…大胆テコ入れも デイリースポーツ 4月4日(月)9時0分 打線の低迷に加え、中継ぎ陣はこの日も失点を重ねた。課題は山積。指揮官は「(1、2軍の)入れ替えを含めて、検討している状態」と大胆なテコ入れを示唆した。まだ9試合を終えたばかりだが、いきなり試練を迎えた。 ベイスターズファンにとっては、辛い日々が続いております。 基本的に打者有利の横浜スタ......続きを読む»

歓喜の勝利で3位に浮上

強敵能見投手に抑えられて完封寸前、井納投手もけして劣らない投球をしながら、わずか1点を奪われ、それが重くのしかかる。そんな試合を、9回裏、筒香選手がひっくり返してくれました。左中間の深いところへ、同点ホームラン。その瞬間すべてのベイスターズファンが感激したでしょう。 もともと、前日の試合で守護神マテオ投手が3回を投げており、守護神不在の阪神。阪神としても、1点差の流れでは、能見投手に完封してもらわ......続きを読む»

巨人3回戦 筒香選手のホームランは素晴らしかったが

見応え十分の菅野VS筒香 新たな平成の名勝負に…槙原寛己の視点(スポニチアネックス) 2016/4/1 8:41 無死一、三塁。初球、巨人バッテリーは内角低めのカットボールを選択した。2回の第1打席で打ち取ったのと同じ球種。菅野は捕手の構えたミットに寸分たがわず投げた。そんな一球を筒香は右翼へ同点3ラン。投手からしてみれば「参った」と言うしかない。こんな本塁打を打つ選手がいるんだ…。久々にそ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:2828
  • 累計のページビュー:19340661

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss