YOKOHAMA lover

月別アーカイブ :2015年10月

ウィークポイントをいかに改善するか2 先発投手編〜今永投手はラミレス野球の申し子になれるか〜

おそらく来季も1軍ローテーション6人、育成および1軍のバックアップのための2軍ローテションも6人で回していくことになるでしょう。先発投手の候補が足りなくても困りますが、12人以上いて、ファームでも実戦登板ができなくなるのも、困ります。その12人とは誰かと考えると、 井納、山口、石田、久保、モスコーソ、三嶋、砂田投手の7人は確定でしょう。来季も三浦投手はコーチ兼任でしょう。コーチングスタッフの発表に......続きを読む»

ウィークポイントをいかに改善するか1 捕手編〜嶺井捕手の捕球率に対する考察〜

捕手が重要なポジションであることに、異を唱える者はいないでしょう。MLBでは配球は投手主導のようですが、日本では捕手主導ですから、なおさらです。しかし、配球、リードの上達には、経験と努力が必須です。才能だけでは、どうしようもないところです。時間が必要です。だから、本来は今年のように、3人の捕手が同じぐらいの試合数マスクをかぶるのではなく、最も期待される捕手ひとりに、たくさん機会を与えた方が良いのです......続きを読む»

DeNAはどこに向かっているのか

ここで言うDeNAは、ベイスターズのことではなく、親会社のDeNAのことです。南場オーナーの本職は株式会社DeNAの取締役会長で、ベイスターズのオーナーとしては、大きな事案の決断や、方向性の承認にはかかわるでしょうけど、球団のひとつひとつの仕事には、いちいち関与していないと思います。 一昨日、横浜開港記念会館で、健康講座・シンポジウム「ヘルスケア ニューフロンティア」~未病を治す取り組みと遺伝子検......続きを読む»

凡事徹底 期待される選手だけが秋季キャンプに選ばれる

一番技術が身につくのは秋季キャンプだと、誰かがおっしゃっていました。そして、それをオフの間に忘れてしまうことを嫌って、春季キャンプの初日に紅白戦を予定して、選手たちにオフにものんびりさせなかったのだと、落合元中日監督がおっしゃっていました。 秋季キャンプのメンバーが発表されました。今年のスローガンは、凡事徹底(なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと、または、当たり前のことを極めて他人の......続きを読む»

コーチ陣の概要が決まり、あとは外国人選手

未定だった内野守備コーチですが、楽天の1軍内野守備走塁コーチだった永池さんを2軍コーチとして招き、万永現2軍内野守備走塁コーチを1軍に配置換えするという報道がり、これでコーチ陣の概要は決まったように思います。 永池さんは、ベイスターズでプレーしたあと、阿波野投手とのトレードで巨人へ、さらに近鉄、楽天でもプレーした、どこでも守れる内野手で、その後は楽天で守備走塁コーチやプロスカウト(スコアラー)を務......続きを読む»

ポジション別チーム守備成績とベイスターズ戦力俯瞰

今週のDELTAのメルマガのDATAボックスは、ポジション別チーム守備成績外野手編。ポジション別に、各チームのUZRを見ています。 ライトは中日10.9、ソフトバンク9.3にはわずかに遅れをとっていますが、DeNAが12球団中第3位の8.2。梶谷選手は内野もまだできるのではないかとおっしゃる方もいますが、梶谷選手のライトの守備は、プロ野球のトップクラスなのです。この守備と走塁で、梶谷選手のWARは......続きを読む»

ソフトバンクにはなれなくても、セで上位にいけるチャンスはある~フェニックスリーグの若手と新コーチ陣~

日本シリーズは、ソフトバンクが2連勝しました。これで最悪でもまた福岡に戻ってこれます。神宮で1勝でもすれば、おそらくソフトバンクの日本一は動かないでしょう。 ソフトバンクは強い。4番キャプテンの内川選手を欠いても、そんなことは全く影響ないかのような打線です。カニザレス選手などファームの打点、ホームラン王なのに1軍に上がってこられません。数年前の首位打者が代打、盗塁王が代走に出てくる層の厚さです。さ......続きを読む»

ドラフト会議も終わり、あとはコーチと外国人選手 朗報:木塚コーチ復帰

平日に行われるドラフト会議は、例年は仕事が終わって帰宅したときには終了しているのですが、今年はまだ育成ドラフトが始まるところでした。5時から始まった会議が8時過ぎまで続いていたのですね。もうラミレス監督も池田社長の姿もありませんでした。吉田スカウト部部長は元気でしたが、同年代の高田GMには疲労の色が見られました。欠端スカウトグループリーダーの顔を見るのは、現役の時以来だと思います。 もうひとりテー......続きを読む»

今年のドラフトは85点

1位 今永 昇太 駒沢大 投 故障のことがなければ、単独指名にはならなかったであろう投手でしょう。故障さえ治れば、今年のドラフト候補の中でもトップクラスなのは間違いありません。もちろん、実際に来季の投球を見なければ分かりませんが、エース候補未満ではあっても、ローテーション候補としては十分期待できる今永投手を単独指名できたのは、ドラフト戦略的には成功と言えます。DeNAとしては、まずローテーションを担......続きを読む»

今年も素人のドラフト予想をやってみる

今年も懲りずに素人のドラフト予想をやってみます。予想というより、希望というところでしょうか。私は高校野球も、大学、社会人野球も、全く見ていないので、ドラフト予想をする資格などないのですが、素人の楽しみです。突っ込みどころ満載だと思いますが、お目こぼしください。 1位 高橋純平(県岐阜商)投手 ドラフト1位は、「その年の一番の選手に行く」というGMの変わらない方針があります。ただし、来年なら田中正......続きを読む»

ラミ流 マインド・ゲームに勝つ 

ラミレス新監督が2009年に出した本を見つけたので、読んでみました。タイトルは”ラミ流 How to succeed and be positive.”(中央公論社)。帯のキャッチ・コピーはマインド・ゲームに勝つ!。ラミレス選手がいかにして良い選手に育ってきたのか、そして日本に適応してきたのか、もともとラミレスファンの方なら知っていることが多いのかも知れませんが、私には十分興味深い内容でした。 野......続きを読む»

宮本さん、ラミレス監督のヘッドコーチ要請を断っていた?

8真中 6宮本 9稲葉 2古田 7ラミレス 5岩村 3池山 4土橋 1石井一 ヤクルトの優勝は14年ぶりのことでしたが、上は前回優勝した2001年の開幕戦のスタメンです。ちなみに対戦相手はベイスターズで、先発は小宮山投手でした。ついこの間のことのようでもあり、ずいぶん昔のことのようでもあります。この試合は、ラミレス選手の日本プロ野球の公式戦デビューでもありました。 それにしれも、そうそうたるメ......続きを読む»

ラミレス新監督決定! (追記:高田新監督を思い出す)

ニッカン、報知、サンスポの3紙が同時に報じているので、間違いないでしょう。新監督はラミレス氏に決定しました。 ラミレス氏がDeNA新監督 交渉まとまり正式決定 日刊スポーツ 10月19日(月)6時4分 【DeNA】ラミちゃん新監督!キヨシ後任19日にも発表へ スポーツ報知 10月19日(月)5時33分 ラミちゃん、DeNA新監督に決定!19日にも正式発表 サンケイスポーツ 10月19日(月)5......続きを読む»

新監督候補ヒルマンさんについて、ヒューストン・クロニクル紙の記事を読む

Astros bench coach Trey Hillman says he hasn’t been contacted by team in Japan HOUSTON CHRONICLE October 17, 2015 at 2:37 PM 横浜ベイスターズの監督第一候補となっていることを、多くの電話やメールで知らされたが、まだ球団からのコンタクトはないと語っている。 ヒルマン氏は......続きを読む»

新監督にヒルマン氏が上位候補浮上~組閣構想も大詰め

【DeNA】キヨシ後任にヒルマン氏が上位候補浮上(スポーツ報知) 2015/10/16 7:04 「そろそろ交渉にあたっていかないといけない」と状況の進展を口にした。ヒルマン氏が所属するアストロズは同日、ア・リーグ地区シリーズで敗退が決定。交渉に向けて支障がなくなった。また、高田GMはヒルマン氏が03年から5年間監督を務めた際、GMと監督として二人三脚でパ・リーグ連覇を果たした縁がある。 ......続きを読む»

ニュース2題 コミュニティ・ボールパーク化&プレミア12のグリエル選手

DeNAがハマスタ買収へ!「コミュニティ・ボールパーク化」への第一歩(ベースボールキング) 2015/10/14 13:00 グラウンドの天然芝化や、観客席の増設、座席の色の変更など、球団がかねてから推し進めている「コミュニティ・ボールパーク化」の実現へ向けての大きな足掛かりとなる。 スタジアムを手中に収めるのは、単なく経費節減ではないと思われます。コミュニティ・ボールパークというのが、......続きを読む»

横浜スタジアムを手に入れるというマジック 新監督招聘にもマジックを

大きなニュースが飛び込んできました。日経の記事です。 DeNA、横浜球場運営会社買収へ 広告料収入取り込む 2015/10/14 2:00日本経済新聞 電子版  ディー・エヌ・エー(DeNA)は傘下のプロ球団の本拠地球場、横浜スタジアム(横浜市)の運営会社を買収する方針を決めた。2011年に買収した球団「横浜DeNAベイスターズ」が公開買い付けし発行済み株式の過半の取得を目指す。球団と球場......続きを読む»

どのような遊撃手が望まれるのか 日ハム岩井スカウトと中島選手

先日のブログで、日ハムのスカウトは人数が多いということを書きましたが、そのひとりに岩井隆之さんがいます。私の郷里である大分県出身。法政大では江川投手の2年先輩の遊撃手で、1975年ドラフト2位で大洋に入団。しかし、山下大輔選手の壁は厚く、主として守備固めが役割となりました。それでも、大洋が横浜に移ってきた1978年には、打席数は60ながら打率.321とバットでも存在感を示し、同郷ということもあって、......続きを読む»

春季キャンプ終了時の中畑語録を見て、今季を振り返る。

キャンプが終了してオープン戦が始まる前の今年3月2日、THE PAGEの「警戒は巨人より広島」と題したインタビュー記事の中で、中畑監督は次のようなことを言っていました。 新人の山﨑は面白いんだよ。中継ぎ、抑えのところが不安だったが、左の岡島が入ったし、新外国人のキューバ人のエレラが、まとまっていて掘り出し物。我々の中で評価が上がっている。外国人枠の問題があるが、国吉、2年目となる三上の2人に......続きを読む»

98V戦士による進藤内閣を妄想する

進藤さんは、98年のV戦士の中で、谷繁捕手と並んで最も早くに頭角を現しました。1987年 ドラフト外入団の高卒ルーキーながら、1988年に1軍に昇格し、1989年からは控えとして1軍に定着して、1992年には、ショートのレギュラーをつかみました。 V戦士には進藤選手と同じ1970年生まれが、石井、谷繁、斎藤隆、島田直也(現2軍投手コーチ)、佐伯、波留選手と何人もいますが、石井選手はこの年1992年......続きを読む»

フェニックスリーグ(秋季教育リーグ)ここまで無敗

10月5日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 横浜DeNA 1 0 0 0 2 0 0 0 0 3 阪神  0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 三嶋(7回)-萬谷(1回)-平田(1回) 10月6日    1 2 3 4 5 6 7 8 9 R 四国IL選抜  0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 横浜DeNA  0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 柿田(6回)-田中(1回)-福地(......続きを読む»

ベイスターズファンが見た日ハムコーチ陣

先日、DeNAが目指すべきは日ハムではないかと、いかにもよく知っているように書きましたが、実はそんなことはありません。知らないことの方が多いです。そこで今日は、今季の日ハムのコーチ陣を調べてみました。 ヘッドコーチ 阿井英二郎(51) 1982年 ヤクルトスワローズドラフト3位。栗山監督とはヤクルトでチームメイト。プロ通算17勝。1992年引退。 引退後、会社員として働きながら、通信教育で大学を卒......続きを読む»

次期監督にヒルマン元日ハム監督が浮上?を妄想する

池田社長「複数、外国人が入っている」「NPB経験者じゃないと外国人としては難しい。」(9日毎日新聞など多紙が報道)その後鐵智文広報部長を通じて「横浜市の花はバラですよね」(9日スポニチのみ)。 外国人が複数候補になっているのは、確かでしょう。それもNPB経験者ということです。NPBでプレーをしなおかつアメリカで監督の経験のある人、あるいはNPBで指導者の経験のある外国人です。そうなると、......続きを読む»

DeNA次期監督候補を報道から推理する

DeNA 中畑イズム継承後任選定急ぐ GMと球団社長に一任 スポニチアネックス 10月4日(日)7時1分 南場智子オーナーは「中畑監督の野球を踏襲して結果に結びつけること、強くすることができる人。高田GMと池田球団社長に一任しています」 池田純球団社長は「相手もあること。早いに越したことはない。選手個々の力は伸びている。流れを継続してもらいたい」 高田繁GMも「監督が決まらないとコーチを含め......続きを読む»

今後の日程

10月10日(土)  CSファーストステージ開幕 10月14日(水)  CSファイナルステージ開幕 10月20日頃 第二次戦力外通告解禁(クライマックスシリーズ全日程終了翌日から日本シリーズ終了翌日まで) 10月22日(木) ドラフト会議 10月24日(土)  日本シリーズ開幕 10月26日(月)  フェニックスリーグ終了 11月1日頃 日本シリーズ終了 11月初め頃 来季コーチ陣発表予定 11......続きを読む»

ベイスターズファンが見たカープ日本一の可能性

だいぶ前に、CSや日本シリーズといった短期決戦は、しっかりした先発投手が数人揃っているチームが有利で、層が厚いチームが結局は勝つペナントレースとは、違う結果になることがあることから、阪神にも可能性があるということを書きました。その後阪神は、和田監督の退任の発表とともに大失速してしまいましたが、セ・リーグには阪神以上に先発投手が揃っているチームがあります。広島カープです。 開幕前、私が優勝候補筆頭と......続きを読む»

横浜を去る指導者と、新しい指導者

大村打撃コーチについては、このブログでも何回も取り上げており、もう書き足すこともありません。やはり大村コーチの真骨頂は若手の育成にあり、1軍より2軍コーチとして、その真価を発揮するコーチだったのかも知れませんが、好きなコーチだったので、さらに大きくなって、いつかはまた横浜に戻ってきて欲しいと思います。 大村コーチに続いて馬場コーチも辞任しました。馬場コーチは3塁ベースコーチとして、失敗も目について......続きを読む»

”各球団の戦力を見て順位を妄想する”を反省して、フェニックスリーグ第1戦の結果を見る

1月11日、”各球団の戦力を見て、DeNAベイスターズの順位を妄想する”というタイトルのブログを、書かせてもらいました。ベイスターズの戦力に不安を覚えて、よく分かりもしない他球団の戦力を見て、無理矢理そこに欠点を見つけようという無謀な内容でしたから、異論をたくさんいただき、他球団のファンの方からは、お叱りも受けました。 優勝したヤクルトについては、次のように書いています。 大型補強を敢行し......続きを読む»

the show must go on 戦力外とフェニックスリーグ

今夜も阪神と広島の熾烈な3位争いが繰り広げられており、その後にはCS、そして日本シリーズが控えています。しかし残念ながら、ベイスターズにとってはもう今季はもう終戦し、新監督とコーチ陣がどうなるかが、最大の関心事となってしまっています。それでも、まだベイスターズにオフが来たわけではありません。球団は必死に来季の新体制の確立と選手の補強のために動いているでしょうし、選手たちにとっても来季のための秋季練習......続きを読む»

DeNAの功罪と最大の危機

中畑監督の功罪については、多くの方が既に書かれていますし、私は試合の中での場面場面の作戦より、チームを編成し、選手たちをひとつの方向に向かせ、鍛え上げるという、試合が始まる前の方が、もっと言うと、シーズンが始まるまでが重要だと思っていますので、もう中畑監督についてこれ以上書き足すことはありません。ここでは、高田GMの功罪と言うよりDeNAの功罪について、書いてみようと思います。 まず、球団の発足に......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:2828
  • 累計のページビュー:19340661

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss