YOKOHAMA lover

月別アーカイブ :2015年09月

ピンチはチャンスである

昨夜の試合の幕切れは、阪神ファンの方たちに、笑いとCS進出確保の希望を提供した、何とも情けないものになってしまいました。三上投手の球は、打者がバットに当てられないどころか、捕手も捕れないぐらい切れが良くなっているんだ、完全復活なんだ・・・いや、それは悪い冗談で、本当はいくら切れが良くても、それをコントロールできなければ何もなりません。1塁への送球まで変化球では、さすがにだめです。 人間誰でもミス......続きを読む»

守備を真剣に考えなければならない~昨夜の広島戦とチームUZRから

昨夜の広島戦は、またも守備の乱れから、完敗を招いてしまいました。後藤選手の6回表のあのプレーは、バッターランナーも十分にアウトにでき、スリーアウトになって、あの回の3失点はなかったはずです。公式記録は内野安打と送球エラーですが、リプレーをスローで見ると、あれが安打では投手がかわいそうです。後藤選手は好きな選手ですが、スリーランホームランでも打ってようやくプラスマイナス0になるような、とんでもないエラ......続きを読む»

それぞれの天王山

もちろん本物の天王山は、東京ドームの巨人ーヤクルト戦です。優勝をかけた一戦です。ヤクルトはこの2連戦、一勝でもすれば、かなり優勝に近づくでしょう。巨人には2連勝しかありません。その一試合目、一昨日の試合では、1回の表、高木勇人投手が先頭の上田選手に死球、小林捕手の打撃妨害で無死1,2塁となったところで、山田選手がスリーランホームラン。巨人としては、最悪のかたちでいきなり3点を与えてしまいました。これ......続きを読む»

報道に見る中畑監督の去就と来季

DeNA石田、最短4回途中KO「とにかく悔しい」日刊スポーツ9月24日21時47分 「初回の連続安打、山田に打たれた2本のホームラン、四球からの失点…とにかく悔しいです。ボール自体は、最近の試合の中でも良い方だとは思っていましたが、試合を重ねているので、相手も慣れてきているのかもしれないですし、読まれたりしているのだと思います。そういう中で、どう勝負していくかというのが今後の課題です」 ......続きを読む»

ファーム巨人戦と中畑語録から、先発投手を考える

昨日巨人の2軍がベイスターズに勝って、イースタン・リーグの優勝を決めました。ファームの最大の目的は勝利ではなく選手の育成ですが、やはり勝つということはチーム全体の選手層の厚さを示しており、そして育成しながら勝つということは評価されることです。とは言っても、ウェスタンのソフトバンクが64勝33敗貯金31で圧勝したのとは違い、巨人の2軍は貯金10、ベイスターズは貯金1で4位につけています。イースタンは1......続きを読む»

打線爆発 番長通算172勝目

今日は中日のエース大野投手を打ち崩して勝利。番長が今季6勝目をあげました。三浦投手は立ち上がりは不安定でしたが、味方の援護もあり、途中からしっかり修正しました。通算172勝、200勝まであと28勝です。ベンチに帰るとコーチの顔になっており、すっかり選手とコーチの二刀流が板についてきましたが、まだまだ若い。あと5年はやれます。 3回裏、嶺井選手が幸運な内野安打で出塁、番長がしっかり送って、荒波選手が......続きを読む»

山口俊投手 苦手広島に6回2/3自責点1

山口投手は今季ここまで対広島戦はたった2試合とは言え防御率7.71。あれだけ良かった昨年も広島には4.50、リリーフ時代の一昨年は9.00!これだけ毎年悪いと、やはり相性というのはあると言わざるを得ません。たった2試合なのは、首脳陣も広島戦への起用を避けていたのではと勘ぐりたくなるほどです。広島の各打者が山口投手に合っているのか、足を絡める広島の攻撃を山口投手が苦手にしているのか。いずれにせよ、その......続きを読む»

初回の失点について考える

中畑語録では、白崎選手と捕手ひとりが降格して、山口投手と山崎選手が昇格とのこと。サンスポ が、降格は西森捕手と断定していますが、サンスポは以前も同じようなときに誤報をしていますので、おそらく推測だけなのでしょう。もちろん、普通に推測すれば、西森捕手ということになるのでしょうが、私は黒羽根捕手である可能性も少しあると思っています。 嶺井捕手の打撃が良くなったことによって、捕手に代打を出す必要がなくな......続きを読む»

3連勝 Bクラスは確定していない

今日の広島戦、JSPORTSのアナウンサーが、当たり前のように、「今シーズン既にBクラスが確定しているDeNA」と言い、解説者も同意していましたが、失礼な。まだ確定しているわけではありません。限りなく0に近い可能性になってしまっていますし、自力でのCS進出はなくなっていますが、まだAクラスの可能性はあるのです。 昨日に続いて今日も二桁13本の安打。砂田投手は今日はあまり良くなく、それでも5回2/3......続きを読む»

連勝 センターライン、倉本、嶺井、荒波選手が活躍

今日も勝ちました。井納投手が5回4失点で勝ち投手。今日は悪かったです。今までいい投球をしても勝ちがつかない試合も多かったので、こういう日もありなのかも知れません。本人の”酷使”志願で今日は中5日で登板。今季あと2回の先発があると思いますので、あとの2回はしっかり投げてください。 今季も残すところあと10試合。井納投手以外は、おそらく砂田投手が明日を含めて2回、石田、山口投手が2回、三浦投手が1回の......続きを読む»

久々の勝利! もうひとりの助っ人

昨夜は久しぶりの勝利。先発石田投手は昨夜はできが悪く、しかし制球に苦しみながら5回を1失点に抑えたのが第一の勝因でしょう。リリーフ陣も健闘し、とくに三上、山﨑投手の復活は、来季の見通しまで明るいものにします。 打線は梶谷選手が右へ左へふたつの2塁打と好走塁、筒香選手のタイムリーヒット、ロペス選手の福留選手の好守で犠牲フライにはとどまりましたが大飛球と、結局この3人だけでチャンスメークも打点もあげる......続きを読む»

ソフトバンク優勝を見て、新たにする思い

パ・リーグはソフトバンクが早くも優勝を決めました。それにしても今年のソフトバンクは強かったです。先日、優勝するチームでも、”WARの合計”が45を越えることはめったにないと書いたばかりですが、今季のソフトバンクは、9月14日の時点で、野手25.2、投手22.4で、計47.6と45を越えています。 その中心にいたのは柳田選手でした。柳田選手のことを、このブログではじめて取り上げたのは、昨年の春2......続きを読む»

WARの推移を見て、ベイスターズの過去と未来を考える

1軍デビューのビロウ投手は期待に応えてくれませんでした。先週2回にわたる雨による先発予定試合の中止、最後に実戦登板したのがファームの8月28日の試合で3週間近い間隔があり、昨夜も雨ぶくみの天候、はじめての1軍登板、対するのがリーグナンバー1のヤクルト打線と、気の毒な面もあったのですが、それでもプロは結果がすべてです。 DELTAから、9月13日終了時のWAR(RAR)が配信されました。WARについ......続きを読む»

山口俊はふたりいる? 2軍戦で見た山口投手の今後を占う

昨夜も負けました。昨夜の三浦投手も7回を1失点、先発投手はこのところずっと合格点を出しているのですが、勝てません。残念ながら、今季のうちに打線が大躍進する可能性はもうないでしょう。しかし、私はここまできたら、もうそれを悲観することはやめよう思っています。ただ、投手陣には、最後までいい投球を続けて欲しい。暗黒時代の、投打何もかも足りないところだらけで、どうしたら良くなるのか妄想さえ難しかったことに比べ......続きを読む»

14連勝は夢のまた夢でも、最後まで応援する

今季も残りあと14試合となりました。少し前までは、広島を抜き、さらに借金を減らして3位を窺うことも、必ずしも非現実的ではなかったのですが、事ここに至っては、上に行くことは奇蹟でも起こらない限り、望めないかも知れません。数字上は、14連勝すれば借金を完済し、交流戦で負け越した今季のセ・リーグでは、数字上は他の5チームがすべて貯金なしになる可能性がまだ0ではないので、ベイスターズにも、優勝の可能性が残っ......続きを読む»

昨季の4本柱は全員2軍にいるが、先発ローテーションは崩壊していない

今日は試合が雨で中止となりました。リリーフ陣を休ませられるという意味では、良かったというように考えましょう。しかし、楽しみにしていたビロウ投手のデビューも、流れてしまいました。 現在、昨年の先発4本柱、久保、井納、モスコーソ、山口投手は揃って2軍にいます。昨年活躍した投手が今年も活躍するとは限らず、むしろ限られたエース級の投手以外は、年によって成績が上下する事の方が多いぐらいです。逆に言えば、毎年......続きを読む»

須田投手に感動 そしてセンターラインに一筋の光

先週は横浜を離れており、野球をリアルタイムで見ることもできませんでしたので、昨夜は久しぶりの野球観戦でした。1週間野球を見られず、野球に飢えていたことを割り引いても、素晴らしい試合でした。 何よりも試合を締めた須田投手の投球に感動しました。エレラ投手のアクシデントで急遽登板した長田投手が1点を失って1点差とされ、なお1死1,3塁のピンチに登板して、アンダーソン選手をすべてストレートで空振り三振。堂......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:4247
  • 累計のページビュー:19871435

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  5. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss