YOKOHAMA lover

月別アーカイブ :2015年04月

広島6回戦 今年のベイスターズは本当に強いのかも知れない

大瀬良≧久保 前田≫高橋 野村>三嶋 現在のところ打線がベイスターズの方が勝っているのを計算に入れても、敵地広島での戦いで、戦前にはこのような投手の力関係が予想されてしまいました。うまくいって1勝2敗、下手をすると3タテもあり得るかと心配していたのです。しかし、結果は2勝1敗。今年のベイスターズは本当に強いのかも知れません。 それにしても今日の三嶋投手は良かったです。今日の投球がいつもできれば、......続きを読む»

モスコーソ投手の不在 広島5回戦

本来はモスコーソ投手が登板して勝利を狙うのはずの、3連戦の2戦目。モスコーソ投手不在の影響が出始めるのは、今日からです。 今日の試合は序盤で決まってしまいました。1回の表、関根選手がヒットで出ながら盗塁死。その裏、高橋尚投手が自らのエラーもあって大炎上5失点。2回の表、2塁走者のバルディリス選手が、倉本選手のヒットで、3塁コーチの、回していた手を一瞬ストップの指示に変え、すぐにまた回し始めるという......続きを読む»

野球はチームでやるもの と山﨑投手の特殊球 広島4回戦

久保投手の試合後のコメント、「大瀬良投手には完敗、でも野球はチームでやるもの」というのが、この試合を端的に表しているでしょう。見事な勝利でした。 久保投手は今季常にそうであるように、立ち上がりが不安定でしたが、そのあとは立ち直り、らしいピッチングで8回まで無失点に抑えました。9回表久保投手の代打白崎選手が内野安打。石川選手が1球目を確実にバント。倉本選手は振りは一時ほど悪くないように見えましたが、......続きを読む»

私が捕手に求めるもの

素人の悲しさで、捕手をリードの善し悪しで判断することができません。肩についても、盗塁を刺せるかどうかは投手にもよるので、これも自分ではっきり判断できないところがあります。素人が見てある程度分かるのは、捕球と打撃でしょう。記録にならないものも含めたパスボールが多いかどうか、というのも素人が見ていても分かる動かしようのない事実となりますが、恥ずかしながら私が捕手にまず求めるのは、何よりもかっこよさなので......続きを読む»

先発投手が崩れても勝てる 中日第6戦

今日もいい試合でした。2回でKOされた先発の高崎投手にはがっかりさせられましたが、その後の投手が踏ん張って味方打線の逆転を待ち、リードした2点を守りきりました。 お立ち台には、勝ち越し打の梶谷選手と勝ち投手となった国吉投手が上がりましたが、中畑監督も解説の衣笠さんも言っていましたが、私的にはヒーローは小杉投手でした。あの流れの中で3回から登板し、3イニングを抑えて完全に試合を落ち着かせ、その流れの......続きを読む»

こんな試合が見たかった 中日5回戦

私が好きなのは、当たり前ですがまず勝ち試合です。その中でも最高なのは、打線が大量得点して投手が完璧に抑える試合ですが、実際にはそんな試合はめったにありません。長くファンをやっていますが、ファンになりたての頃に見た、平松投手が阪神打線を完封し打線は23点を取った試合を超える試合は、その後見ていません。次に良いのは、投手がしっかり抑え、大量得点はなくても中押し、ダメ押しの得点を重ねて勝つ試合です。昨夜は......続きを読む»

快勝中日4回戦とイースタン西武戦@横浜スタジアム

昨日は危なげのない勝利でした。筒香選手のグランドスラムと井納投手の粘投が一番の勝因ですが、石川選手の先頭打者としての出塁も大きいです。筒香選手はこれぐらいやってくれると思っていましたし、井納投手もらしいといえばらしい働きをしていますが、石川選手がここまでやってくれるとは、実は思っていませんでした。 しかしこの中日3連戦は、最低でも2勝して欲しいカードです。今日明日も勝たなければならず、喜んでばかり......続きを読む»

中10日の投手たち

本当はこのタイトルの10日というのは、厳密ではありません。肉離れのモスコーソ投手は、ある程度の期間の離脱を余儀なくされると思われ、これはその穴埋めを期待される投手たちについての記事です。モスコーソ投手は今やベイスターズのエース格なので、ひとりの投手がその穴埋めをすることはできません。しかし、中6日のローテーションから1度は外れて、中9~11日で登板した、あるいはこれから登板することになるであろう、こ......続きを読む»

連敗ストップの試合で嬉しかったことと心配なこと 阪神5回戦

やっぱり勝つっていいなあ。連敗を止めたのはやはりモスコーソ投手でした。 絶対やってはいけないカード全敗なのに、(巨人戦は雨で2連戦でしたが)2カード連続して全敗、結局7連敗を喫してしまいした。あとから考えると巨人戦、初戦が雨で中止となり、第2戦で菅野投手がスライド登板してきて打線が抑え込まれ、終盤モスコーソ投手が失点して負けた試合は勝ちたかった。たらればになりますが、雨がなければ、1勝2敗でのりき......続きを読む»

セイバーを使わずにこれまでの成績を分析してみる

昔ながらの数字だけで、この20試合の成績を見てみました。私はまだセイバーメトリクスは勉強中でよく分かっていないし、セイバー初心者の私が考えても、まだ20試合ではサンプル数が少なすぎてばらつきが大きくなり、セイバーでの分析は難しいと思うのです。 昨年の8月以降は、ベイスターズの投手陣の成績が好調で、その残像は今季が開幕するまで残っており、そのため投手陣にもの足り無さを感じますが、9,10月などは......続きを読む»

今持っている力は出せた ヤクルト6回戦 

何とも精神的ダメージの大きな試合でしたが、1敗は1敗です。3位でCSに進出するチームだって半分近くは負けるのだし、優勝するチームだって60試合ぐらいは負けます。 中畑監督は、うちが今持っている力は出し尽くしたと言っていますが、その通りでしょう。良い面も随所に出ただけに、手も足も出なかったり、あるいは不完全燃焼で負けるより、ましな負け方です。 飛雄馬選手の守備は、キャンプの練習のときから倉本選手と......続きを読む»

今は我慢のとき ヤクルト5回戦

つい1週間前には首位にいたのが信じられないような、この数試合ですが、下はその1週間前、4月13日のブログの内容です。 私としては、ベイスターズが首位に立っていることは、予想通りとは言いませんが、期待通りではあります。昨年3,4月の借金をとうとう返せずに終わったことを反省し、明らかに今年はキャンプで意図して早く仕上げ、他チームの外国人選手は開幕してから調子をあげていく選手が多いのに、ロペス、バ......続きを読む»

4連敗で目標を下方修正する 巨人5回戦、ヤクルト4回戦

先発6人が毎月2勝ずつすれば、シーズン6ヶ月で72勝。CS進出の最低条件とも言える、勝率5割を越えます。それに、先発に勝ち星がつかなくてもリリーフで勝つ試合も加われば、もっと上を目指せます。 今季の先発4本柱には、月に2勝を期待し、5番手、6番手には月1勝プラス1試合は試合をつくってリリーフに勝ちをつけることを期待しています。目標がCS進出なら、それで可能になります。しかし、妄想を優勝争いまで上げ......続きを読む»

モスコーソ投手で落としたのは痛かった 巨人4回戦

昨日の試合、私の妄想ではライトはバルディリス選手とならんで杉内投手をよく打っていた多村選手、2番ショートは僅差の場面で小技を決められる山﨑選手だったのですが、そうはなりませんでした。だからというわけではないでしょうが、杉内投手に見事にやられてしまいました。 6回裏、無死1,2塁から得点できなかったのは、杉内投手の決め球が、このプレッシャーのかかる場面で完璧な球だったので、これは杉内投手の勝ちで仕方......続きを読む»

雨で試合中止 独断と偏見混じりの明日の展望

天気予報どおりの雨で、今日の試合は中止。リリーフ陣が登板過多ぎみで、バルディリス選手がもう1日休めるという意味でも、恵みの雨だったと言えます。今日先発予定だった井納投手は、スライドすることなく1回飛ばされるようで、明日はモスコーソ投手の先発が予告されています。巨人の方は、今日の先発予定だった杉内投手が明日スライド登板です。 桑原選手にかわって多村選が昇格することが噂されています。若い選手の成長も魅......続きを読む»

中日3回戦 対戦カードが一巡して、今後の展開を考える 

昨夜は、敵地ナゴヤドーム、不利な試合になると思いましたが、主砲のひとりバルディリス選手を欠きながらあそこまでよく踏ん張ったとも言えます。逆にあそこまでいったら、引き分けて欲しかったとも言えます。この借りは、ホーム横浜ズタジアムで返してもらいましょう。これで対戦カードが一巡し、成績は9勝6敗でした。 カズキ同士の一騎打ちです。Wikiによれば、”両者の実力の差に明白な差異がある場合は、「一騎打......続きを読む»

現在のセ・リーグ打撃成績1位

現在のセ・リーグ打撃成績1位 打率   川端 慎吾 ヤ .390  (2位 バルディリス De .372) 安打  川端 慎吾 ヤ 23   (2位 ロペス De 20 ) 2塁打 梶谷 隆幸 De 10 3塁打 関根 大気 De 2 本塁打 ロペス De 5 打点  ロペス De 12、バルディリス De 12 得点 筒香 嘉智 De 10 四球 筒香 嘉智 De 1......続きを読む»

中日2回戦 頭部死球のバルディリス選手は軽傷と聞いてほっとする

バルディリスは頸部打撲=プロ野球・DeNA 時事通信 4月11日(土)22時58分 「頸部(けいぶ)打撲」と診断され、明日の試合出場は当日の様子を見て決めるとのことなので、軽傷だったようです。良かった。 大量得点差、投げているのは多少不安定とは言え、球に力のある山口投手ですから、途中までは楽勝だと思っていたのに、6回表のバルディリスの頭部への死球以降、流れがかわってしまいました。その裏、山口投手......続きを読む»

中日1回戦 久保投手の投球と、荒波選手の走塁

開幕投手は、どのチームもエースを立ててくるので、中6日のローテーションだと、そのあともずっとエース同士の対戦ということになる。考えてみれば、開幕投手は大変です。簡単には勝たせてもらえません。久保投手の場合は、過去の2戦は、相手どうこうより自ら崩れてしまったので、どうしようもなかったのですが、昨日は6回を2失点と、最低限の役割は果たしました。できれば4回の失点の場面で、もう少し踏ん張って欲しかったし、......続きを読む»

荒波選手昇格す

荒波選手が1軍に昇格しました。昇格してくるからには、足も完治したということでしょう。センターの本命がいよいよ復帰です。関根選手と桑原選手が、それぞれ魅力はありながら、コンスタントに結果を出せず、まだセンターのレギュラーに定着するだけの力はないと思われていたところでの昇格です。実は私は、松本選手のセンタースタメンも試されるかも知れないと思っていたのですが、これでそれもなくなったかも知れません。 荒波......続きを読む»

エースの仕事とクローザーの仕事 阪神3回戦

相手は昨年苦手とした岩崎投手。しかし初回、先頭打者石川選手がヒット。桑原選手が送って、梶谷選手も四球で出て、ランナー1,2塁。筒香選手はセンターフライ、ツーアウト。でも次は右打者のロペス選手、チャンスはある・・・何で石川選手が走ってるの?アウトカウントの勘違いか?これでチェンジ。野球はミスをした方が負けます。4回のチャンスでも、ヒットのバルディリス選手が2塁を狙ってゆうゆうアウト。積極的な走塁と言え......続きを読む»

ソツなく点を取る6つの方法 阪神2回戦

昨夜は阪神岩本投手に、球速はさほどないものの低めに制球され、なかなか打ちづらいストレートに、変化球も低めのいいところに決められて、岩本投手ってこんないい投手だったんだと気を引き締めながら観戦。 モスコーソ投手はしばしば制球に苦しみ、はじめは球速もあまり出ず明らかに不調。1,2回は連続して満塁のピンチを背負います。昨年5月に登板したときに、甲子園のマウンドは苦手と言っていたことを思い出しました。モス......続きを読む»

快勝の中の石川選手と飛雄馬選手 阪神1回戦

昨夜は、ベイスターズの良い面がたくさん出て、みごと阪神に勝利しました。井納投手は6回1自責点ですから、ストレートがシュート回転することが多く、簡単に四球を出し暴投もあるなど何か焦りを感じさせる投球で、阪神の打者が140キロ後半ながら制球の甘いストレートを打ち損ない、外角低めのボール球のスライダーを振って助けてくれたのもありましたが、6回を1自責点ですから、前回の投球を思えばましだったでしょう。しかし......続きを読む»

投手戦を、勝ち切る ヤクルト3回戦

各カードで絶対避けなければならないのは3連敗することです。この時期簡単に3タテを食うようでは、開幕ダッシュには失敗したと言わざるを得ないし、今のベイスターズのような経験の少ないチームにとって優勝争いなど夢のまた夢になってしまいます。しかし昨日は、山口投手の危険球退場という失態で2連敗、ヤクルトに3タテされることを半ば覚悟しました。三嶋投手は前回炎上して、今日が1軍ローテーションに残れるかどうかのラス......続きを読む»

今季もっともショックな試合 ヤクルト2回戦

夕方仕事が終わって試合経過をチェックすると、なぜか山口投手がたいして打たれてもいないのに4回途中で降板しており、初めは訳が分かりませんでした。よく見ると危険球退場とのこと。またやってしまったのか。ヤクルトの田中選手、すみません。チームメイトの野手たちもさぞがっかりしたでしょう。ましてリリーフ投手たちには、大変な負担をかけてしまいました。本当に申し訳ない。私が謝ってもしかたないですが。 リリーフ陣は......続きを読む»

カード第2戦が重要

昨日の試合、倉本選手が待ち望んでいたであろう、大学の同級生小川投手との対決は、2年間プロの修羅場で結果を出してきた小川投手が、新人を手玉に取るような投球で、倉本選手を寄せ付けませんでした。倉本選手には次の機会にリベンジを期待です。小川投手とは、倉本選手がレギュラーでいる限り、これから何度も対戦があるはずです。 久保投手が、阪神戦で活性化してしまったヤクルト打線をどう料理してくれるかと期待して試合を......続きを読む»

グリエル選手のいい思い出と、倉本選手の辛い記憶

今日、1ヶ月前に注文した映画シェフのサウンドトラックCD(輸入盤)が届きました。映画自体が面白かったのと、映画の中で演奏される陽気なキューバ音楽が好きになって、映画を見て即注文したのですが、国内に在庫がなかったようで、ようやく今日になって届いたものです。キューバ音楽を聴きながら、グリエル選手を待つつもりだったのが、グリエル選手の契約破棄が決まった翌日になって届くとは、皮肉なものです。 ロペス選手と......続きを読む»

10年ぶり広島3タテ 戻ってきたエース候補高崎投手

今年はよく何年ぶりという言葉を聞きます。貯金が何年ぶりだとか、広島戦カード勝ち越しが何年ぶりだとか、本拠地開幕戦勝利が何年ぶりだとか。そして今日は6年ぶり、本拠横浜では10年ぶりに広島を3タテ。暗黒時代の負の記録が次々と消えていきます。 キャンプに入る前に各選手の得失点貢献を予想して、優勝争いをするためには、どうしてもグリエル選手が必要と思っていましたが、嬉しい誤算が続いて、予想を上方修正できそう......続きを読む»

グリエル選手契約解除

DeNAグリエルと契約解除!高田GMが発表(日刊スポーツ 4月2日(木)16時54分) 残念なニュースが入ってきました。DeNAが、グリエル選手の契約を解除しました。ファンの方たちの多くは、既にグリエル選手に見切りをつけていたと思われますが、私はまだ事態が好転することを願っていました。あの打撃をもう見られないかと思うと本当に残念ですが、しかしこのような状況になっては仕方ありません。 私の考えは、......続きを読む»

今年のベイスターズは違うぞ

モスコーソ投手は本当にすばらしかったです。落合監督時代の中日で、各カードの第2戦に一番いい投手を持ってくるようにしたという話を、森コーチが書いていたのを読んだ記憶があります。理由は忘れてしまいましたが、各カードで一番大切なのは3連敗しないこと、それには第2戦を確実に取ることがポイント、第2戦を確実に取れば、カード勝ち越しも見えるとのことだったでしょうか。ここまでの試合を見る限り、今季のベイスターズの......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:19363337

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss