YOKOHAMA lover

月別アーカイブ :2015年03月

誕生 小さな大魔神! 

疲れました。そして感動しました。山﨑投手が広島の最後のバッター、ルーキーの野間選手を、格が違うとでも言わんばかりの三振に切って取ったときには、感極まって、ちょっと心臓が苦しくなりました。山﨑投手、ファンにならざるを得ない、かっこよさでした。 山﨑投手が、1点差のこのような場面で自分の投球ができるということは、球威で相手打者封じ込めることができるということは、この試合に勝っただけの意味ではないのです......続きを読む»

対広島、ヤクルト6連戦を前に

正直に言って巨人戦は勝ち越したかったですが、しかたありません。気持ちを切り替えて、今週のホーム開幕6連戦を戦うだけです。 1月11日に、”各球団の戦力を見て、DeNAベイスターズの順位を妄想する”というタイトルのブログで、広島の先発投手陣について、 3年前の6人(大竹、バリントン、前田、篠田、福井、野村)すべてドラフト1位だったローテーションのことを達川さんがセクステットと呼んでいますが、......続きを読む»

大敗の中に、希望を見つける

先発ローテーション5,6番手は、もともとシーズン6勝、言い換えると月に4回ある先発のうち1試合勝って、もう1試合リリーフに勝ちがつくような試合のつくり方をしてくれればいい、という程度を期待される立場で、毎試合勝つことを期待しているわけではありませんが、オープン戦の三嶋投手にはここまで悪くなかったのになあ。もう少しやってくれると思っていました。結局いい時もあるが悪いときもあり、投げてみなければ分からな......続きを読む»

巨人戦第2戦 大勝利

楽しい試合でしたね。今日は仕事も5時過ぎには終わり、帰宅して録画による観戦。それでも、大いに楽しめました。 9回の筒香選手の看板直撃大ホームランのとき、中畑監督も当然だろという顔をしていましたが、私も梶谷選手、筒香選手の打撃に関しては、これぐらいではもう驚きません。期待どおり、ふたりはリーグを代表する選手に育ってくれています。筒香選手が目指すのは、左右の違いもありますが、けして村田選手のレベルでは......続きを読む»

開幕戦敗戦するも、力負けはしていない

昨日は待ちに待った開幕戦でしたが、例年のことではありますが、3月が1年で一番仕事が忙しく、忙しさの峠を越えたとはいえ、昨日も仕事が終わって帰宅したらもう8時過ぎ、遅い夕食を食べながらのテレビ観戦は、7回表、1死1,2塁、ゴメス後藤選手の打席からでした。5回の無死満塁のチャンスは無失点に終わらせた、さしもの菅野投手ももう7回ともなると、しっかり制球できない球も出てくるはずです。菅野投手は、失投を打たれ......続きを読む»

いざ開幕

今年のベイスターズの強みは、先発投手が揃っていることです。野球はまず投手、とくに先発投手です。昨年まで巨人のコーチだった川口さんが、先発投手たちに言っていたことは、1ヶ月に2勝してくれということだったそうです。1ヶ月に2勝すれば、約6ヶ月ペナントレースで、12勝することになります。中6日だと、だいたい1ヶ月に4回の先発があり、そのうち半分の2試合で勝ち投手になってくれれば、6人で計72勝。中継ぎに勝......続きを読む»

グリエル選手の不在は穴ではない

グリエル選手の来日が先になりそうなのでがっかりです。キューバ国内リーグの最終盤、大事な試合なのにスタメンから外れていたので、故障だとは思っていたのですが、右大腿の故障とのことです。代打で1打席立てる程度の故障と思っていましたが、逆に準決勝進出をかけた大事な試合なのに代打でしか出られない程の故障とも言えます。弟も、カリビアンシリーズ以来最近まで全く試合に出ていなかったのは、左手首の故障だったのですね。......続きを読む»

オープン戦とセ・ファンミーティングで見えた開幕1軍メンバー

オープン戦最終戦が終わって、開幕1軍メンバーがほぼ決まったようです。 キヨシ監督V逸も表情晴れやか「いい負け方だった」日刊スポーツ2015年3月23日8時0分 山崎康、倉本、山下幸のルーキー3選手に加え、靏岡、飛雄馬、桑原、関根の7選手が初の開幕1軍に名を連ねる。 内野は1塁ロペス、3塁バルディリス、遊撃倉本、2塁石川選手に、最高のユーティリティである山崎選手、右の代打の切り札と1塁の......続きを読む»

オープン戦最終戦に完敗して良かった

ずいぶん昔で、もう何で読んだか全く憶えていないのですが、中国だかの絵師が完成した絵に必要のない一筆を描き加えたので、見ていた人が驚いて質問すると、「完成されたものは、もう先がないということで縁起が悪い。わざと欠点をを残すのがよいのだ」と答えたというエピソードを思い出しました。まさかわざとした訳ではないでしょうが、ここまでオープン戦を首位で終えるのではないかという、順調すぎるぐらいの結果を出してきたベ......続きを読む»

開幕間近 オープン戦西武戦の結果に悦ぶ 

オープン戦も残り2試合、開幕まで1週間を切ったとなれば、両チームとも本気モードです。この時期どんな試合ができるかは、ペナントレースの戦い方につながると言って良いでしょう。そして今日は、良い戦い方を見せてくれました。 山口投手は力強い投球で、ランナーを許してピンチになってもギアを上げて踏ん張り、6回までを最小失点に抑えました。心配していた山口投手ですが、これなら大丈夫でしょう。7回裏の田中投手は今日......続きを読む»

昨日のオープン戦の結果から、開幕に思いを向ける

【巨人】菅野、3回4失点KO!開幕に不安残す(スポーツ報知) 2015/3/20 19:05 マエケン5回7失点…広島に不安(デイリースポーツ) 2015/3/20 21:39 開幕内定の阪神メッセがボロボロ…5回8安打5失点(日刊スポーツ) 2015/3/20 20:13 ライアン7失点…粘土質マウンド「思ったとこに投げられない」(スポニチアネックス) 2015/3/21 7:01 開幕までちょ......続きを読む»

オープン戦首位に立って心配なこと

たとえオープン戦でも、てっぺんは気持ちいいものです。 うまくいきすぎて…キヨシ不安だゼ OP戦首位、開幕前哨戦逆転G討ち(スポニチアネックス) 2015/3/19 7:53 でも、慣れない位置で、なんだか不安なのは、中畑監督だけではないかも知れません。 私も心配なことがいくつかあります。 1 仕上がりが早すぎて、開幕後反動がないか これはある程度覚悟しなければなりません。キャンプは4......続きを読む»

速報 グリエル選手のキューバリーグ終戦す

グリエル兄弟の所属するIndustrialesが、先ほど(現地時間3月18日)終了した試合に5対6で逆転負けし、明日の最終戦を待たずにリーグ戦敗退が決まりました。セペダ選手は、自分のチームが第1ステージで敗退した後も、カリビアンシリーズが終わるまでは、他のチームの補強選手として出場していましたが、キューバも直近に国際試合の予定もないし、明日の最終戦を消化すれば、グリエル兄弟はフリーとなるはずです。 ......続きを読む»

今日のオープン戦巨人戦とグリエル選手

今日がオープン戦初登板の高崎投手は、2回に連打を浴びて3点を失いましたが、腕が横振りになってスライダーが曲がらず、気がついて修正しようとしましたが、このイニングのうちにそれをすることはできなかったとのことです。しかしその後は3回にセペダ選手にソロホームランは浴びたものの、しっかり修正して、6回まで98球。早い回に点を取られても、こうやって自ら立ち直れば、味方は今日のように逆転してくれるのです。ベンチ......続きを読む»

37年目にして、強豪チームのファンの気分を味わえるか オープン戦阪神戦

先発投手が好投して最小失点に抑えながら、相手の投手がもっと好投したり、味方の打線がふるわなかったりして僅差で負けて、せっかくの好投をなんてもったいないと悔しい思いをしたことが、横浜ファンなら何度もありますよね。先発投手がそんな好投する試合なんて、めったにないことだったですから。でも、もしかしたら、今年は違うかも知れません。ファン歴37年にして初めての経験となりますが、好投したって負けるときはあるさ、......続きを読む»

楽天戦快勝と優勝を誓う出陣式

三嶋投手、良かったですね。昨年の三嶋投手には本当にがっかりさせられたので、こんな三嶋投手が今見られるなんて思ってもいませんでした。すべてがダメだった2年目はもちろん、1年目の150キロのストレートをコントロールにおかまいなしに投げるだけで、変化球は付け足しのようなスタイルとも、全く違う投手になっています。球速こそ150キロは越えませんが、140キロ後半のストレートはそれで威力は十分で、高めに抜けるこ......続きを読む»

オープン戦 阪神戦の結果と今後の予定

阪神打線は、三浦投手の球が少しでも甘くなると、打ちます。やはり怖い打線ではあります。今日の収穫は、国吉投手の好投でしょうか。いつも今日の投球ができれば、立派なクローザーです。もっともそれができないから困るのですが。林投手も勝ちパターンのリリーフとして、今季も頼れる存在になりそうです。東野投手は、失点はないものの、相手を押さえ込んだという印象もなく、開幕1軍に残りそうですが、その役割はロングリリーフと......続きを読む»

2年連続ルーキーがクローザーを担うという奇跡 昨日のオープン戦とイースタン開幕戦から

昨日も1日中仕事で、結果はもう知っていたのですが、遅い夕食を食べながら録画しておいたオープン戦日ハム戦を観戦。お楽しみは9回の山﨑投手の投球です。 先日奇跡を願ったばかりですが、2年連続ルーキーがクローザーを担うという奇跡が、本当に起こるかも知れないと期待させる、山﨑投手の投球でした。ここに来て9回に投げさせるというのは、首脳陣にもそれを期待する色気があるということです。8回裏ロペス選手のタイムリ......続きを読む»

求む救世主 もう隠すことのできないクローザーの不在 と倉本選手にかける期待

大方のベイスターズファンの方は、口には出さなくてもご存じだったと思われますが、今季はクローザーがいません。三上、国吉、岡島投手の3人で、7,8,9回を何とか抑えてもらうしかないと思っていましたが、そのうち三上投手と岡島投手は故障で離脱し、岡島投手は開幕には間に合うという情報もありますが、三上投手は開幕絶望とのことです。ひとり残った国吉投手だけではどうしようもないので、そこにエレラ投手に対する期待が急......続きを読む»

昼はベイスターズのオープン戦、夜は欧州代表戦

今日は仕事が休み。昼はベイスターズのオープン戦、夜は欧州代表戦です。 侍ジャパンは、今日は先発メンバーをだいぶ入れ替えてきました。不動なのは、4番中田選手と5番筒香選手だけで、山田選手は今日は2番を打ちます。筒香選手は、もう侍ジャパンに欠かせない中心打者です。 1 中 大島 2 二 山田 3 右 柳田 4 一 中田 5 DH 筒香 6 三 銀次 7 左 丸 8 遊 今宮 9 捕 伊......続きを読む»

今日の試合で1軍の先発ローテーションがほぼ決まり、2軍のローテーションも考えてみる。

昨日のオープン戦は残念ながら中止でした。昨日、今日の2試合で、高崎投手と三嶋投手が先発して、ローテーション入りの見極めがされるものと思っていましたが、昨日先発予定だった高崎投手は、今日の2軍戦にスライド登板することになりました。高崎投手については、中畑監督も「本来の彼のピッチングをしてくれればいい」と言っていますので、今日よほどおかしな投球をしない限り、ある程度ローテーション5番手に想定されているの......続きを読む»

対欧州代表戦 筒香選手が魅せた

欧州代表のスターティングメンバーは次のとおり。今日激励に訪れたというヤクルトバレンティン選手と同じキュラソー出身が3人、スペイン語圏ということでスペインでプレーするベネズエラやドミニカ出身の選手もいて、カリブの野球族がメンバーの大半を占め、実は日本人がイメージするオランダ人やイタリア人は、少ないです。元メジャーリーガーがふたりおり、多くの選手がアメリカのマイナーリーグを経験しています。 1(三)イ......続きを読む»

欧州代表戦を見たい3つの理由

まず侍ジャパンのメンバーが素晴らしいこと。5番レフト筒香選手はもちろんですが、今私が誰を選んでもいいからチームを作れと言われたら、このラインナップを選ぶだろうというメンバーです(ただし例外はライトで、雄平選手もいい選手ですが、私は梶谷選手を選びます)。私にとっては、オールスター戦以上のオールスターメンバーです。このメンバーが、シーズン開幕前とは言え、この試合のために早めに仕上げてきているはずで、ベス......続きを読む»

映画シェフを見てグリエル選手のことを思う

今日のオープン戦日ハム戦は、3−3の引き分け。山口投手は普通の投球でしたが、中田選手には全球ストレートで勝負するなど、まだ結果にこだわる投球になっておらず、見ていて楽しいレベルの投球ではなく、主力級の選手にとっては、やはりオープン戦はオープン戦にすぎないのだと、今更ながら思ったものです。8回に投げたクローザー候補国吉投手は、今日ぐらいの投球ができれば、希望が持てます。制球が以前とは雲泥の差です。それ......続きを読む»

オープン戦日ハム戦を終えて、開幕先発ローテーションを考える

昨日のオープン戦は、欧州代表戦に備えて札幌遠征に帯同しなかった筒香選手を欠いて得点が伸びませんでしたが、それでも勝ちました。開幕1軍当落すれすれの立場にいる関根選手が9回2点タイムリースリーベースを打ってアピールしたものです。スギ花粉のない札幌ドームでは、梶谷選手も活き活きとして、本来の姿を見せてくれました。 3月5日(木)ロッテ戦で結果を出せなかった山﨑投手が脱落しましたが、昨日は三浦投手が先発......続きを読む»

オープン戦ロッテ戦5−7 雑感

この試合はまず山﨑投手の先発ローテーション最終テストであったわけですが、残念ながら合格の結果を出せませんでした。随所に良い球もあり、クリーンヒットはほとんどなく、打たれたのは内野安打であったり、コースヒットであったり、黒羽根捕手の捕球ミスや外野守備のミスもあって、見ていた印象は数字ほどは悪くなく、もう一歩何かが変われば何とかなりそうにも思えたのですが、明らかに不合格の結果でした。今後は2軍のローテー......続きを読む»

横浜スタジアム今季初見参 オープン戦西武戦4−4

今日いよいよ横浜スタジアムでのオープン戦が始まりました。 2015春季キャンプ:4日に本拠地初オープン戦 三嶋「悪かったらダメ」(カナロコ by 神奈川新聞) 2015/3/4 7:03 三嶋、ドラ1山崎康、番長…先発6番手争いは“一発勝負”(スポニチアネックス) 2015/3/4 7:01 久保、井納、山口、モスコーソが確定し、高崎も有力。最後の6人目を三嶋、ドラフト1位の山崎康(亜大)......続きを読む»

中畑監督のインタビューから、首脳陣の考えを読み解いてみる

昨日面白い記事を読みました。記者の視点が面白いというよりも、中畑監督が例によって、何もかもしゃべってしまっているから面白いのですが。ブログのタイトルを”読み解いてみる”などとおおげさなものにしましたが、本当は読み解かなくても、中畑監督は知りたいことをすべて話してくれています。 〈直撃インタビュー〉中畑監督「警戒は巨人より広島」THE PAGE 3月2日(月)15時0分 新人の山崎は面白いん......続きを読む»

倉本選手、9回2死から同点2点タイムリーツーベース 石井コーチの目の前で

今年の春季キャンプ最後の練習試合を締めくくったのは、この男でした。私の今季一押しの倉本選手です。広島との練習試合、2点差の9回裏2死2,3塁。投手は変則左腕の岩見投手。左打者から見ると、背中の方から来るような球筋ですが、このような左腕投手の球にも、全く逃げるようなところがないのが、倉本選手の長所のひとつだと思います。1球目の身体に向かって飛んでくるような内角の球をかわし、2球目を引っ張ってライトフェ......続きを読む»

今日でキャンプ終了。最後の練習試合とオープン戦の予定

今日でキャンプも終了。最後に広島と練習試合が予定されていますが、天気予報は雨。実施されるかどうか。 1 DH 石川 雄洋 7 2 CF 桑原 将志 37 3 RF 梶谷 隆幸 3 4 1B J.ロペス 2 5 3B A.バルディリス 52 6 SS 倉本 寿彦 5 7 2B 山下 幸輝 38 8 C 黒羽根 利規 9 9 LF 関根 大気 63 先発投手 山口 俊 11 昨日の試合で右手を......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:19913386

(12月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss