YOKOHAMA lover

年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

各球団の推定年俸総額と年俸ベスト5です。各選手の年棒は、とくに注意書きのないものは、サンスポの推定です。原則として出来高は、含めていません。

巨人 総額42億9780万円  1阿部慎之助 35 5億1000万円 2杉内 俊哉 34 5億円 3内海 哲也 32 4億円 4山口 鉄也 31 3億2000万円 5村田 修一 33 3億円

もうダントツの年棒総額第1位です。杉内投手は4年契約の4年目で今季と同じ年俸とし、まだ契約更改していない長野選手は一応今季と同じ年俸で計算しています。マシソン投手は2年契約の2年目で今季と同じ1億5000万円としました。アンダーソン、セペダ、メンドーサ選手の契約はまだのようですが、彼らは残留という報道もありましたので、一応昨年の年俸を合計に入れています。でもこの3人を入れても入れなくても、あまり変わらないぐらい、他球団を引き離す年俸総額です。

巨大戦力ですが、付け入る隙あるとすれば、年俸ベスト5までの、これまで巨人の顔だった選手たちが、今季は杉内投手を除いてはかつてほどの活躍ができず、来季は阿部捕手が1塁に転向するなど、さらなる戦力低下の可能性があることです。大田選手がようやく中心選手に育ちつつあることなど、プラス要因もありますが、目立った補強もなく、全体的には今季より戦力ダウンの感も否めません。

グリエル選手らを獲得できなかったことに対し、「補強費に上限があるというのはおかしな話だよな」と原監督がもらしたと言うのは、東スポの記事なので信憑性は怪しいですが、巨人がかつてのように、手段をつくして原監督をバックアップするのだという迫力は、やはり今オフは感じられないのは間違いありません。さしもの原巨人も過渡期を迎え、再来年の次期監督がもう視野に入ってきているのではないかと邪推したくなるほど、このオフは静かでした。

阪神 総額30億5550万円  1呉 昇桓    32 5億円 2マートン 33 4億5600万円 3メッセンジャー33 2億5000万円 4ゴメス    30 2億570万円 5西岡  剛 30 1億8000万円

鳥谷選手は入れていません。もちろんまだ鳥谷選手の残留や金子投手の獲得の可能性も残っているのですが、巨人と並んで資金が潤沢なはずなのに、現段階では巨人とは10億円の差がついてしまっています。資金があるのに、目指していた補強ができなかったとすれば、やはりフロントが責任を問われるところになるかも知れません。巨人が阿部捕手のチームなら、阪神は鳥谷選手のチームでした。4外国人選手の力は素晴らしいものがありますが、攻守に渡ってのすべての面での貢献は、やはり鳥谷選手がチームナンバー1であったと思います。金子投手を獲得でもしなければ、鳥谷選手が抜けるだけで、戦力ダウンと言わざるを得ないほど、鳥谷選手は大きな存在だったのではないでしょうか。もちろんダウンしてもまだ優勝争いができる戦力があるチームであることも確かですが。

広島 総額21億2130万円  1前田 健太 26 2億8000万円 2エルドレッド 34 1億900万円 3グスマン 30 1億800万円 4石原 慶幸 35 1億円 4梵  英心 34 1億円

前田投手は今オフのポスティングはないようですが、まだ契約更改しておらず、現状維持で計算しています。グスマン選手ら3人の新外国人選手の年俸は、違う時期に追加したものなので、為替レートの違いが出ているかも知れません。いずれにせよ、来季も12球団最下位の年俸総額ということになりそうです。これだけ資金を節約しながら、2年連続Aクラスですから、賞賛に値します。

緒方新監督は、”一発が打てる外国人より、キクマルが7人いてくれたらいい”と言っていますが、それは当たり前で、守備攻撃を含めた勝利貢献度(WAR)は、菊丸コンビが本塁打王エルドレッド選手を上回っています。菊丸コンビに田中遊撃手を加えた同学年の3人は、これから長くカープを支えていくでしょうが、前田投手は近い将来のMLB移籍が濃厚です。その意味では、来季優勝しないと、また何年も優勝のチャンスはないかも知れません。そのためには、割高になった外国人は解雇し、また新しい外国人も活躍して戦力を保った広島ですが、今度の新外国人選手たちも活躍してくれるかどうかが、大事になってくると思われます。菊丸コンビは、長距離打者以上にどのチームも欲しがる希有な存在で、そんな選手が7人も集まる訳はないですから。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望

hiro8035774さん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりだと思います。私も、補強費が十分あって、しかも優勝、日本一という結果を出しているのですから、費用対効果がいくら悪くても、それ自体は問題ないと思っています。

年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望

巨人の費用対効果が悪いと言われても・・・現在リーグV3中じゃ選手の年俸高くなってもしょうがないのではないのですか?

現在のV3の前も2年置いてV3してますし、2007年からずっと8年連続Aクラスでうちリーグ6回優勝ですから・・・

これだけチーム成績が伴ってて年俸が上がらなきゃ、選手は誰も巨人入りを望まないでしょう(笑)

年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望

popopopapapaさん、コメントありがとうございます。

費用対効果という点では、巨人はかなりマイナス評価になりますね。

年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望

巨人・・・。お金に見合った活躍してない・・・。これ見ると金子に4年20億って大丈夫って思いますね。まぁ俺が払うわけじゃないからいいか。

こんな記事も読みたい

金子に20億円!【虎番日記】

【野球】サガースキーとグスマン【仕事帰りにライオンズ【SGL】】

阪神優勝の鍵となる4人とは?藤浪開幕投手浮上&大和のポジションについて【阪神のGMになって最強チームを作ろう】

外人投手が1人のみ、というのはいつ以来か【温故知新ベイスターズ~2017】

年俸総額から補強を考える【YOKOHAMA lover】

外野陣はどうなるんですかね。【目指せCS!!中畑DeNA】

外国人選手補強終了。戦力の増加は可能か。【四国の地からベイスターズを愛す】

374†黒羽根離脱時に武山で打診したら飛び付く???【【鯨感】】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:1263
  • 累計のページビュー:19370081

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss