YOKOHAMA lover

改めて思う濱口投手の価値とラミレス監督の慧眼

このエントリーをはてなブックマークに追加

濵口投手はとにかくワンバウンド投球が多い。

10月19日のCSファイナルステージ第2戦。石田投手先発の第1戦を5回降雨コールドで落として、負ければ王手をかけられるという大事な1戦に先発したのが、濱口投手でした。7回128球で2失点に抑え、この試合では救援投手も節約できたため、第3戦では1人1殺のような贅沢なリリーフの使い方で広島を完封に抑えることもできたという、ファイナルステージの勝敗の分かれ目になった試合でした。とにかく大事な試合で128球も投げられるスタミナは、他の先発投手陣にはないことです。

この試合では四球もひとつしか与えませんでしたが、ワンバウンド投球は全128球のうち15球に上りました。ストレート、チェンジアップ、フォーク、スライダー、すべての球種でワンバンドがありました。ボールになるものもあれば、空振り三振を奪ったものもありましたが、髙城捕手を信じて腕を振り、総じて低めで勝負できていた証拠でもあります。

もうひとつこの試合で気がついたのは、逆球が少ないこと。さすがに110球を超えた7回には、多少逆球もありましたが、そして確かにワンバウンドもあれば、高めに浮く球もあるのですが、濱口投手はとにかく逆球が少ないです。これも特筆すべきことでしょう。

DeNA浜口、「山口俊の穴」埋めた大活躍の裏にラミレスマジックあり! AERAdot. 石塚隆2017.12.13 16:00

春季キャンプでラミレス監督は濱口投手を高く評価して、大方の低い評価を他所に、次のように語っていたそうです。

「ドラフト1位の浜口遥大には非常に期待をしています〜山口俊の穴は完全に埋まると思っています」 「まず、サウスポーでフォークとチェンジアップの両方を持っている選手は珍しいということ。それにけん制がうまく、クイックモーションに変化を持たせることができ、チームの中ではベスト。また、メンタルが強く、ランナーがいてもボールの質が変わらない。あとはスタミナがあること。100球を超えても147キロのストレートが投げられる」

そして、

まず、縦への変化のボールが多い浜口に対し、チームのキャッチャーの中でブロッキングが一番うまい高城俊人とコンビを組ませた

とのことです。

下の表は今季の主な投手の成績(DELTAより)です。

まず濵口投手のWHIPが悪いのに驚きます。WHIPは1イングあたりの与四球と被安打の合計(WHIP = (与四球 + 被安打) ÷ 投球回)ですが、ウィキペディアによれば、”先発投手であれば1.00未満なら球界を代表するエースとされ、1.20未満ならエース級、逆に1.40を上回ると問題であると言われる。”とあります。そのとおりなら、今永投手とウィーランド投手はエース級、濱口投手はそのWHIPが1.5ですから、大いに問題ありと言うべきなのでしょう。

ただし、WHIPでは単打とホームランが同じ価値として計算されるので、被本塁打の多い投手は、WHIPが示すほどは成績を残せません。残念ながら番長がそうでした。毎年リーグトップクラスのWHIPでしたが、いかんせん被本塁打が多かったです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ドラゴンズの松坂?【春夏秋冬ドラ応援】

先発ローテーション予想【アナグラム的分析ラボラトリ】

そして、ラミレスのクールさ【NPB 言いたい放題】

乙坂への期待と悩ましき喜び【NPB 言いたい放題】

セ、捕手ランキング(主観です)と、三人でNo.1捕手陣な横浜について雑感 2【いろいろ所持雑感】

セ、捕手ランキング(主観です)と、三人でNo.1捕手陣な横浜について雑感 1【いろいろ所持雑感】

来季への陣容が概ね固まったベイスターズ、奮起すべきは・・・ 諸々【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

中日左腕大野と捕手松井、他、取りとめもなく雑感 【いろいろ所持雑感】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:279
  • 累計のページビュー:19933345

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss