YOKOHAMA lover

新コーチングスタッフに思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

来季のコーチが発表されました。

既に報道で小出しに情報は出ていましたので、とくにサプライズはありません。

1軍のコーチは、日本シリーズ進出を果たした今季とほとんど変わっていません。私はラミレス監督以下、今季の1軍のコーチ陣にはかなり高い評価ができると思っていますので、納得の来季コーチ陣です。変わったのは、2軍監督となった万永コーチに替わって、永池2軍内野守備走塁コーチが1軍コーチになったのと、2軍バッテリーコーチだった藤田コーチが、新設されたブルペン担当バッテリーコーチに就任したことだけです。凡事徹底、あるいは来季はスモールベースボールを強化するとラミレス監督が語っていますので、永池コーチの責任は重大です。期待したいと思います。

私の期待していた石井琢朗コーチの2軍コーチ就任は、妄想で終わりましたが、2軍のコーチはかなり入れ替えがありました。投手コーチは、現役時代に十分な実績もあり、いろいろな経験もある川村コーチと大家コーチです。それに対して打撃コーチは嶋村コーチと柳田コーチ、バッテリーコーチは新沼コーチとブルペン捕手から転任した靏岡コーチという、比較的目立った実績のないコーチの就任となりました。しかし、実績だけでコーチとしての能力は分かりません。期待したいと思います。

しかしコーチの招聘は、ある意味選手の補強より難しいところがあります。選手ならドラフトで公平に獲得することもできますし、FAの資格を得るまでは、選手が勝手に他の球団に移籍することもできません。しかしコーチの招聘は自由競争ですし、望まれれば次のシーズンはは他のチームのコーチになることも可能です。DeNAはかつての暗黒時代と違って、コーチにとってもやりがいのあるチームになってきていますし、日ハムや広島に比べれば首都圏にあるという地の利にも恵まれているのですから、高い年俸を用意して大物コーチを招聘しようと思えばできないこともないかも知れませんが、球団の方針は違うようです。

第一にDeNAでは、コーチの人選は監督ではなくGMに決定権があります。監督が自分の人脈でコーチを連れてくることは、原則できません。そして、ファームでの育成も、球団としてGMに最終的な決定権がある統一した方針で行い、2軍の各コーチの判断だけで行われるのではありません。さらに、コーチも自前で育成しようという方針もあるようです。それらの理由で、大物コーチを招聘するということは、基本的にしない方針であると思われます。けしてコーチの年俸をケチっているはけではないでしょう。日ハムや広島でも、DeNAと同じような方針がとられているようで、この2チームにもやはり原則として大物コーチはいません。

しかし、高須前2軍打撃コーチの楽天移籍は、DeNAが解雇したというよりも、楽天に引き抜かれた可能性があるように思います。数年前大村打撃コーチがロッテに移籍したときときもそうだったかも知れません。大村コーチの補佐をしていた嶋村コーチと、強いときの中日を知っている(と言っても2軍にいることが多かったですが)柳田コーチにももちろん期待したいと思いますが、ここだけはやや後手に回った人事のようにも見えます。そんなことはないと思いたいですが。

いずれにせよ、これで来季の体制は決まりました。私はコーチ陣に関しても、年々進化してきていると思っています。来季のコーチ陣は、確かに完成型ではないでしょうけど、かなり期待できると思っています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

新コーチングスタッフに思うこと

baycatchersさん、コメントありがとうございます。

1軍の投手コーチがふたりともリリーフ出身というのは、私も最初は不安がありましたが、今はその点の不安はなくなりました。

ただ今季、勝つためにリリーフに負担がかかりすぎたのは、やはり心配です。しかしそれはコーチの問題ではなく、長い回を投げられない先発投手の問題、そしてそれ以上に本当の問題なのは、投手に余裕を与えるだけの点を取れない打線だと、私は考えています。

新コーチングスタッフに思うこと

コメント欄の桑原の盗塁についてですが、スライディングが上手くなればもっと成功率上がると思うんですよね。
石井琢朗氏みたくヘッドスライディングに変えるのも一つの手かなと

コーチ人事については、一軍投手コーチに変更が無い点が不満ですかね。
シーズン中投手起用で揉めてましたし、活躍した投手がウィーランド・濱口・パットン・エスコバーと新人ばかりで、井納・石田・三上・須田・タナケンは最後まで不安定でした。
継投の多い昨今の野球でベンチにいる投手コーチ一が一人ではキツイと思うんですよね。
坪井コーチをスコアラーにして投手総括コーチとして先発出身ベテランコーチを入れて欲しいです。
個人的な希望では川口和久さんがいいです。

新コーチングスタッフに思うこと

ksさん、コメントありがとうございます。

ロペス、筒香、宮﨑選手は仕方ないとして、それ以外の打者にはもっと走ってもらいたいです。その意味では、日本シリーズの桑原選手の再三の盗塁死も、1歩前進と考えたいです。まず企てなかれば、盗塁はできないのですから。来季はレギュラーシーズンの最初から、どんどん走って欲しいです。トライすることで、失敗することで初めて分かることもあるはずです。

新コーチングスタッフに思うこと

G.Gさん、コメントありがとうございます。

おっしゃる通りだと思います。

こんな記事も読みたい

終戦 ベイスターズありがとう【DeNAベイスターズウィークリー評論】

レギュラーシーズンを振り返って(2):リリーフ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

FA戦線に名乗りか?プロテクト枠を考える【DB.スターマンの憂鬱】

お知らせ【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

* 灯した火に薪がくべられ始めたストーブ・リーグ。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ベイスターズ、まだ日本一には届かない問題 【日本シリーズ2017 第6戦】【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

来季さらなる上を目指すために必要な補強について【YOKOHAMA lover】

日本シリーズの意味、日本一の価値について雑感【いろいろ所持雑感】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:19861604

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  5. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss