YOKOHAMA lover

What a wonderful year for us

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり悔しかったなあ。なぜか夜中に目が覚めて、瞬間悔しさがわき上がり、それが静まるともう野球を見られない寂しさがこみ上げてきました。でも、今年は11月まで野球を見られたのです。感謝しなければなりません。

昨夜の第6戦のスタメンを見たときに、白崎選手のDHには驚きましたが、妙な期待感もありました。それぐらい、ラミレス監督の選手起用が、このポストシーズンではことごとく当たっていました。もちろん、CSファイナルステージでの三嶋投手が、私はよく知らないのですが相手の先発の野村投手との因縁で起用されたわけではなく、早い回のロングリリーフ要員は最初から三嶋投手だという理由があったように、白崎選手の起用にも理由があったはずです。ポストシーズンに入ってからも、たまに代打で起用されても全く結果が出せず、日本シリーズ進出が決まったときも、ひとり笑顔のなかった白崎選手でしたが、期するものがあったはずです。ラミレス監督は、その白崎選手の何かに期待したのでしょう。

しかしそれだけでなく白崎選手にもソフトバンクの先発東浜投手とは”因縁”があります。2012年のドラフトでDeNAがまず1位に指名したのが、東浜投手でした。白崎選手は、抽選を外したDeNAが次に指名した外れ1位なのです。亜細亜大学と駒沢大学、同じ東都リーグで争った同学年のライバルでもありました。しかしプロでは、東浜投手がソフトバンクのエース格になっているのに対し、白崎選手は控え選手の立場です。おぼっちゃまと評されてきた白崎選手ですが、今季最後にして最大のチャンスに結果を出しました。同点となり、さらに逆転のきっかけとなった、特大のソロホームランに、ファンは歓喜しました。ラミレス監督は、死にかけていた白崎選手を蘇らせました。今季の悔しさと、そしてこの最後のチャンスで結果を出したことは、白崎選手を大きく成長させてくれるかも知れません。

白崎選手のホームランのあと、倉本、桑原選手が連続ヒット。ソフトバンクは左のワンポイント嘉弥真投手を、ここで使って来ました。そして今季犠打がひとつもなかった梶谷選手が犠打。もっともセーフティバントでしたし、ある意味当然の作戦です。そして代わった石川選手からロペス選手が2点タイムリーヒット。これで完全に流れはベイスターズの方に来ました。この時点では。しかしその後追加点が取れなかったのが苦しかった。

先発の今永投手には文句のつけようがありません。例によって本人は、自分に満足していないようですが、素晴らしい投球でした。ベイスターズにもこんなエースがいるんだと、誇りを持てる内容でした。相手の東浜投手も良い投球を見せていましたが、完全にそれを上回っていました。7 0/3で11奪三振、被安打はわずか2です。前回の第2戦に続いて、2試合連続の二桁奪三振でした。

しかし結局1歩届きませんでした。9回に同点ホームランを打った内川選手と、なんと3イニングを投げて抑えきったサファテ投手には、脱帽するしかないでしょう。でも選手たちはよくやってくれたと思います。戦力は誰が見たってソフトバンクの方が上だったのですから。それを6試合のうち4試合が1点差という接戦を演じてくれたのですから。

「What a wonderful year for us」「負けたのではなく、得るものが多かった一年だった」というのは、ラミレス監督の言葉です。それは選手たちにとってだけでなく、私たちファンにとっても同じです。

南場オーナーは、「一歩、届かず。しかし良くやりました。諦めないこと、工夫すること、信じ合うことの素晴らしさを示してくれた〜ファンの皆さんの声援が爆発的な力を引き出してくれました。〜この悔しさは来年、晴らします!」と言っていましたが、その言葉がすべてを語ってくれています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

死闘の果て。チームを心から誇りに思う。【ベイスターズファンの慟哭】

ここ1、2週間のドラゴンズ情報総まとめ!【ViVaDra!!】

山口翔君と前田智徳監督について【カープファンの構想と妄想】

ソフトバンク-DeNA IT 敗戦 Round6【NPB 言いたい放題】

日本シリーズ:17/11/04、対福岡ソフトバンクホークス【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

この2017年シーズンを忘れない! ベイスターズは最高のシーズンと夢を見せてくれた!!【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

セの中の蛙、ついにパシフィックを知る【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

たとえ順位は、3であっても 2017年のベイスターズ【素人目線のベイスターズ考察】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:19933345

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss