YOKOHAMA lover

敵地広島で1勝1敗 今日も勝って、秋を楽しみにしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日3連戦の第1戦は、先発今永投手が好投しながら、7回バティスタ選手に投じた1球の失投で、試合を失ってしまいました。相手の先発は野村投手、広島の強力打線を相手に、6回までは互角の勝負と言えたのに、残念な敗戦でした。しかしあそこで代打が逆転ホームランを打ってしまうということ自体、広島の底力とも言えます。また、今永投手だって7回を2失点ですから、立派なHQSです。投手力と打力の総合力で、広島に半歩上回られたというところでしょう。

そして昨夜の石田投手も好投でした。立ち上がりやや苦労して2回に2失点しましたが、ヒットはその回の2本を含めて3本しか打たれていません。違ったのは、相手の投手の力でしょうか。岡田投手もいい球を投げますが、野村投手に比べれば、いろいろな隙があります。今のベイスターズ打線は、それを逃しません。3回には桑原、石川選手の1,2番コンビの連打から、筒香選手が2点タイムリーツーベースで同点。5回にはツーベースのロペス選手を返す、宮﨑選手の見事なライト線へのタイムリーヒットで勝ち越し。宮﨑選手は今日3安打猛打賞ですが、ヒットの数以上に、この場面であれだけ難しい外角低めの変化球をヒットにする技術が驚異的です。

6回には相手のミスも絡んでさらに2点をあげて試合をほぼ決めましたが、そのきっかけは石田投手のランナー2塁での送りバントが、3塁線の絶妙のバントだったことにあります。確実にランナーをサードに送ったばかりではなく、岡田投手の焦りを誘って、エラーで自らも生きました。石田投手は今日3つの送りバントを決めており、チームのどの打者よりも、送りバントは上手いと思います。

その石田投手は8回表の打席にも立ち、これは8回まで投げさせるのだと思ったら、広島が代打バティスタ選手を出したのを見て、加賀投手にスウィッチ。これは見事な継投でした。8回表の打席をひとつ犠牲にしても右の代打を引き出し、右投手に代える。それも、加賀投手を準備していたのですから、バティスタ選手が出てくるのを、完全に読み切っています。広島がそれで代打の代打で左打者を出してきたとしても、ベイスターズとしては昨日痛い目に遭わされたバティスタ選手を無駄に使わせたことになるのですから、それはそれで大成功です。しかしさすがに広島もバティスタ選手にそのまま打たせ、こちらの思惑どおり、凡打に抑えました。

それにしても今年の加賀投手はこの数年の加賀投手と全く違います。加賀投手はストレート自体がシュートするので、1球速報ではしばしばスライダーと逆に動く球がすべてストレートと判定されていますが、昨夜はそのうちスピードが遅くて落差が大きめなものを、チェンジアップと判定していました。あるいは、DELTAではこれを、シンカーと判定しています。今年の加賀投手は昨年までとは比べものにならないぐらい、このストレート〜シンカーが良いのです。だから昨年まで苦手だった左打者も苦にしません。加賀投手の復活は、チームにとって、大きなプラスになっています。

パットン投手も2軍の試合ではバリバリ投げているのですが、さすがに苦手広島戦での復帰はなかったですね。パットン投手もオールスター明けには1軍に合流するでしょう。エスコバー投手もここまでは、無難に投げています。昨夜の広島は、ビハインドだというのに中田廉、九里亜蓮投手という、勝ちパターンでも投げられるリリーフが出てきて、追加点を与えてくれなせんでした。逆転の広島は、強力な打線とともに、リリーフ陣が支えているのでしょう。やはり近年のプロ野球では、リリーフが良いことが、ペナントレースを制する必要条件なのは確かです。そしてベイスターズのリリーフ陣も、揃いつつあります。

今日は相手の先発はジョンソン投手です。2番石川選手の故障が心配ですが、とりあえず左腕のジョンソン投手に対しては、田中選手がスタメンでしょう。石川選手の故障は山下選手にとってはチャンスになります。しかし、山下選手は昨日も2回あった打席でいずれも全くいいところがありませんでした。ラミレス監督のこれまでの選手起用を見ていると、山下選手の立場の選手がチャンスで結果を出さないと、次のチャンスは他の選手にを与えてしまいます。オールスター明けには石川選手は出場できるのでしょうか。それとも他の選手にセカンドのチャンスが与えられるのでしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

敵地広島で1勝1敗 今日も勝って、秋を楽しみにしよう

エコロジストさん、コメントありがとうございます。

横浜と広島の最も大きな違いは、選手層の厚さでしょう。流いシーズンを通すと、残念ながら横浜は広島に大きなリードを許すことになります。しかし短期決戦なら、横浜にもチャンスがなくはないように、妄想しています。

それにしても広島の戦力は羨ましいほどで、普通にいけばあと3年ぐらいは、セのどのチームも容易にその牙城を崩すことはできないでしょう。

敵地広島で1勝1敗 今日も勝って、秋を楽しみにしよう

bahamuruさん、コメントありがとうございます。

昨年のCSファイナルシリーズは、1,2戦をモスコーソ、三嶋投手で戦わなければならなかったので、苦しかったです。

敵地広島で1勝1敗 今日も勝って、秋を楽しみにしよう

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、獲らぬ狸の皮算用そのものです。

敵地広島で1勝1敗 今日も勝って、秋を楽しみにしよう

横浜と広島の大きな差は、試合を長いシ-ズンの1試合とみるか全ての試合で勝つと考えているかだと思う。

ゲ-ム差が大きくなっている余裕なのか、最近の広島は左右どちらの投手でも5番松山。7番安部という打順を崩さない。
開幕当初、左投手の時にはエルドレッド、新井、小窪と右打者を並べていた。
チ-ム方針としてレギュラ-第1候補として松山、安部を育てることに決めたのだろう。
だが広島は、バティスタと西川をレギュラ-の第2候補として競わせながら育てていくつもりなのだろう。

昨日の試合のポイントは、6回を岡田に任せたことと、その裏の1アウト1・2塁で松山に代打を送らなかったことだ。
ベンチには新井とバティスタがいただけにね。

本気で今日の試合だけを勝ちにいこうと考えるならレフトにエルドレッドかバティスタ、3塁に西川、ファ-ストに新井かエルドレッドにするだろう。
しかし、緒方監督は松山、安部を使うのだろうな。

こんな記事も読みたい

どうにかしようぜ!!【ホークスを見つつ、他のも見つつ…】

虎が倉敷で大勝【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

* 3犠打。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ラミレス監督のアクロバット采配問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

拙攻続きでも、投手陣が踏ん張り大きな1勝。【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

7.10 敗戦 様々な流れが集約された「1球」【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

7月10日 広島×DeNA 試合結果【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

辛い負けだけどだってほら中軸がチャンスで結果出てないし【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:19918495

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss