YOKOHAMA lover

2軍練習試合ネクセン戦 久保投手3回無失点、熊原投手5回2失点、石川、荒波選手マルチヒット

このエントリーをはてなブックマークに追加

外野は筒香、梶谷、桑原選手が確定。控えには乙坂、関根選手がリードというところです。昨年はそこに左の代打下園選手が加わりましたが、今季は佐野内野手が左の代打の1番手に浮上するかも知れません。乙坂、関根選手に代わって1軍昇格を狙っている外野手は、荒波選手と白根選手です。

内野はファーストロペス、ショート倉本選手が確定。宮﨑選手はセカンドとサードのどちらかは分かりませんが、その打撃で1軍は確実です。白崎選手も、サードのレギュラーが取れなくても、守備とパンチ力のある右打者として、1軍定着でしょう。予想以上の結果を出しているシリアコ選手は、外国人枠の関係で、さらにより以上の結果を出し続けなければ、1軍に残れないかも知れません。そこに佐野選手が左の代打としての存在感を高めています。守備のユーティリティとしては、柴田選手とルーキーの狩野選手の競争でしょうか。セカンドのレギュラー候補としては、田中選手もいますが、石川選手が調子をあげてくれば、入れ替わるかも知れません。

先発ローテーションは石田、井納、今永投手は確定として、そこに新外国人クライン投手とウィーランド投手が加わります。そうなれば、残るのは一枠だけです。もし外国人枠を野手のシリアコ選手が勝ち取るようなら、クライン投手とウィーランド投手は、どちらかひとりが2軍という可能性もなくはありません。そうなれば、二枠ということになりますが、どうなるでしょうか。そしてその一枠(ないしは二枠)を争っているのが、平良、熊原、濵口、砂田そして久保投手でしょう。

今日は宜野湾で2軍の練習試合ネクセン戦があり、久保、熊原投手、荒波、石川選手らが出場しました。さっきニコ生でその試合を見ることができることに気がつき、さっそくチェックしてみました。

4石川 6山崎 5網谷 9細川 DHG後藤 8荒波 7白根 3飛雄馬 2亀井

立ち上がりセンター前ヒットと網谷三塁手のエラーで、たった2球で無死1,2塁のピンチを迎えた久保投手でしたが、次の打者のサードゴロは網谷選手今度はちゃんと処理してゲッツー。久保投手「最初からそうやってくれよ」といった感じの苦笑い。後続を抑えて無失点で逃げ切ったのは、久保投手さすがでした。久保投手は3回を無失点。久保投手の1軍ローテーション入りも、十分ありです。

熊原投手は5回を2失点でした。いいときの熊原投手の投げっぷりは、やはり見ていて気持ちいいです。今季の1軍ローテーション争いは、消去法で仕方なく決まっていた数年前が嘘のような、本当の競争になっています。現時点では、先発6番手争いは平良投手が1歩リードというところでしょうか。私の理想は、1軍のローテーション5番手、6番手を久保、平良、熊原、砂田、濵口投手らが担い、いざとなったらいつでも代われるように外国人投手のひとりが2軍に控え、シリアコ選手が大ブレークしてサードのポジションを取ることですが、これは理想というより妄想ですね。

他にはルーキーの京山投手が1イニングを無失点。まるでベテランのように落ち着いたマウンドさばき。ストレートも変化球も制球よく、ストレートではバットをへし折ったりもしていましたが、その打球が外野まで飛んだり、打ち取ったように見えた球がフェンス際まで飛んだりしたのは、どういうものでしょうか。韓国の打者のパワーなのでしょうか。前者はセンター青柳選手がダイビングしてキャッチ、後者はライト細川選手がフェンス際でジャンプしてキャッチして、三者凡退に抑えました。高卒ルーキーがこの時期から実戦登板するだけでも、大したものです。

石川選手は初回先頭打者としてクリーンヒット。右肘が完治して送球が改善し、数年前のような打席での粘りが戻ればと、今日の石川選手を見ていると思ってしまいます。網谷選手もヒットで1,2塁。細川選手は見事なまでのフルスィングで空振り三振。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2軍練習試合ネクセン戦 久保投手3回無失点、熊原投手5回2失点、石川、荒波選手マルチヒット

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

熊原投手は2年目、完成度が足りないだけで、先発投手としての伸びしろはまだまだあると思います。昨日の失点も、不運な部分もあったように思われ、球は既に一級品だと思いますので、ピンチでの投球術やメンタル的なものが経験によって改善すれば、十分一軍のローテーションに入ってくるでしょう。

2軍練習試合ネクセン戦 久保投手3回無失点、熊原投手5回2失点、石川、荒波選手マルチヒット

この試合、現場で観てました。
熊原投手が光ってましたね。、低めにコントロールされた伸びのあるストレートと変化球。どれも素晴らしかった。
6回で途中仕事で抜けましたが、あの後に点を取られたのが信じられません。どうして点を取られたのか知りたいです。
もしかしたら長いイニングは向いてないのかも知れませんね。
久保投手は流石でした。特に何もないですね。この方が先発候補ですね。
打者では、期待の若手が続々出てワクワクしましたが、網谷選手は疲れたんですかね?ちょっと期待はずれでした。
細川選手もちょっとただ思いっきり振ってるだけという印象です。
中堅ベテランは流石でしたが、山崎選手はちょっと酷かったかなぁ?打撃練習も観てましたが、特徴が無くこのままだと厳しいかも知れません。

こんな記事も読みたい

vol.171 オープン戦開幕【ツバメ好きの黒猫日記】

オープン戦開幕【プロ野球の底力】

オープン戦開幕!その裏で、、、【鯨の遺伝子】

オープン戦開幕戦 平良投手の好投とシリアコ選手の”スリーラン”で、巨人に快勝す。【YOKOHAMA lover】

下位指名組&外国人選手の活躍で盛り上がりを見せたキャンプ【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

2.25 勝利。 オープン戦と言えども、勝つのは気持ちいい。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

キャンプ終了!ここまで順調!!【鯨の遺伝子】

春季キャンプ 見学15日目。 嘉手納ファームの練習見学へ行ってました【とりあえず、ベイスターズ】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:1272
  • 累計のページビュー:18800587

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss