YOKOHAMA lover

ベイスターズファンが見た今季ヤクルトの戦力

このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝するためには、上位の2チームを倒さなければなりませんが、3チームを例え僅差でも上回ればCSには進できます。その意味では、昨季Bクラスであった阪神、ヤクルト、中日が、今季どこまで戦力を伸ばしているか気になりがます。どのチームも、昨季の反省を踏まえて対応策をたて、補強もしてくるのですから、ベイスターズはそれを上回る必要があります。

一昨日は阪神の戦力を見て、数年後は若手野手がもっと力をつけて恐いチームになりそうですが、今季はまだ過渡期であり、いい勝負ができそうだと判断しましたが、一昨年の優勝チームであるヤクルトはどうでしょうか。

ヤクルトの年齢別戦力構成を見てみます。赤字が昨年戦力外になった選手、緑が今季の新戦力、斜体で示すのは育成選手、茶色は昨季の支配下登録から戦力外とした上で育成契約した選手です。また投手、野手の計で括弧内に示すのは、そのうちの育成選手の数です。なお表は私が作成したものであり、間違いがあるかも知れません。

一昨日のブログのRSWIN(投手がリーグ平均の投手に比べてもたらした勝利)とRCWIN(打線がリーグの平均的打線に比べてもたらした勝利)のグラフも合わせてご覧ください。

ヤクルト打線はずっとリーグのトップレベルを続けています。このチームはとにもかくにも投手の出来次第でしょう。横浜スタジアムもそうですが、ホームの神宮球場が投手にとって不利、打者に有利な球場であるので、投手だけの責任ではないかも知れませんが、RSWINは2011年以来、常にリーグワーストをベイスターズと争っています。それだからこそ、昨年のドラフトも6人の指名選手のうち5人までが投手で、あとは育成も含めて捕手ふたりということになったのでしょう。いや昨年だけなく、ここ数年のドラフトでは、原、竹下、風張、杉浦、石山、小川投手と、常に上位で即戦力を期待される投手を指名してきています。

一昨年2015年の優勝は、ロマン、オンドルセク、バーネット投手の勝利の方程式があり、ベテラン石川投手を筆頭に先発投手も踏ん張って、RSWINが例年よりずっと改善した結果です。それでもこの年のRSWINは、リーグ4位で平均以下だったので、もちろんリーグトップの打線があったからこそできたことすが。RSWIN+RCWINは、巨人、広島に次ぐ3位でしたから、意地の悪い見方をすると、2015年は混戦だったから優勝できたのだという言い方もできるかも知れませんが、僅差でも大差でも、優勝の価値に全く変わりはありません。ヤクルトは投手力さえ良ければ、いつでも上位にいける打線を持っているのです。

昨年の開幕前、ヤクルトからロマン、バーネット投手がいなくなってくれたことには、正直ほっとしたものです。さらにはシーズン途中でオンドルセク投手も去り、昨季のヤクルトのRSWINは前年に比べて大きく落ち込みました。それでは今季の投手陣はどうでしょうか。

実はこのブログでは、毎年杉浦投手が今年こそ出てくるのではないかと、警戒していました。昨年は、横浜ファンから見たライバルの戦力5 ヤクルトの優勝はDeNAのおかげだった(2016年01月09日 )

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ベイスターズファンが見た今季ヤクルトの戦力

 ヤクルトファンですが,非常に素晴らしい分析に,びっくりしました。他球団のファンの方がヤクルトについてこれほど詳細かつ的確な分析ができるというのは驚きです。単なる横浜ファンではなく,プロ野球そのものに興味を持たれて,日々,観戦・分析されている方とお見受けします。

 今年のヤクルトは,前年に引き続き投手陣に不安があり,新外国人がどれだけ当たりかにかかっていると考えています。例年通り,定期的に怪我人が出るとなると,夏場には最下位争い間違いなしになると思います。しかし,予想を裏切り,そんなことなく,クライマックス出場争い,欲張って優勝争いができると嬉しいのですが・・・。
 一昨年はカモにでき,昨年は終盤にコテンパンにやられてしまった(エリアンはどうしてヤクルト戦では派手に打つのでしょうか?)横浜戦がどうなるかで順位争いも違ったものになるのかも。ヤクルト・横浜戦で,好ゲームがたくさん出るよう祈っています。

 なお,年齢別戦力構成の表が,中日のものと差し替わってしまっているようです。お暇なときに戻していただけるとありがたいです。

ベイスターズファンが見た今季ヤクルトの戦力

若狭の浜っ子さん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりだと思います。あとは阪神については李大浩選手の獲得が本当にあるのかどうかということだけです。それがあると、ちょっといやですが。

でもベイスターズの選手たちの昨年のCS進出の経験は、想像していた以上に力になっていると思います。新戦力の獲得以上に、成長度で今季のベイスターズに期待しています。

ベイスターズファンが見た今季ヤクルトの戦力

福岡燕さん、コメントありがとうございます。

ベイスターズとスワローズで優勝争いができるといいですね。

ベイスターズファンが見た今季ヤクルトの戦力

lumiereさん、コメントありがとうございます。

もちろんヤクルトのAクラスの可能性は十分あると思います。期待できる投手が何人かいますので、その投手たちが期待に応えてくれるかどうかだと思います。

こんな記事も読みたい

* 今回の殿堂入りで思うこと。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

専門学校の教壇に立つ元プロ野球選手・湯上谷竑志氏インタビュー その2【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

特別企画 「野球史」 ♯1 北海道 プロ野球球団構想【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

FOR REAL 見てきました。【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

来期はどう起用する?宮崎選手の難しい立ち位置【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

ベイスターズファンが見た今季阪神ガイガースの戦力【YOKOHAMA lover】

新しい横浜の文化が横浜スタジアムから始まる【YOKOHAMA lover】

ベイスターズニュース 1月11日号【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:502
  • 累計のページビュー:19914544

(12月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss