YOKOHAMA lover

山口投手退団の報に、めらめらと闘志がわく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

山口投手の退団が正式に発表されました。

もっとがっかりすると思っていたのですが、それほど落ち込んでいません。むしろはっきり決まるまでのやきもきしていた期間の方が辛かったです。FA宣言してからかなり時間がたっているので、少しずつ心の準備ができていたのかも知れません。あるいは、ファンフェスティバルにも納会にも参加し、時間はかかりましたがしっかり態度を表明して、出て行くにせよ残るにせよ堂々としていて欲しいという、ファンとしての最後の希望には応えてくれたからかも知れません。

報道を見る限り、ベイスターズへの未練を振り切ってまで退団を決めたのは、やはり年俸の金額のように思います。山口投手には残って欲しかったですが、マネーゲームに加わらなかったことについては、私は球団を支持します。どうせ退団が決まったからには、山口投手が巨人と中日を天秤にかけて、どんどん年俸をつりあげていくのを見ることも、楽しんでやろうと思っています。

今感じているのは予想していたような落胆ではなく、むしろ闘志に似た気持ちです。

今季その完成されたかたちを見せ始めた山口投手は、過小評価されがちですが、故障さえなければおそらく今後の3年間毎年15勝する力があることを、今季の投球で示しました。カープ時代の前田投手や、楽天時代の田中投手、あるいは日ハムのダルビッシュ投手らとは、実績では比べものになりませんので笑われるかも知れませんが、チームにとっての重要度という視点で言うと、ベイスターズファンにとっての山口投手の重みは、それらの大エースたちと同様にも思えます。ベイスターズは大きな戦力を失いました。前田投手の去ったカープとダルビッシュ投手の去った日ハムは、次の年に優勝しました。田中投手が去った楽天は、次の年は、前年の優勝から一気に最下位に転落しました。来季のベイスターズは、どちらの道をたどるのでしょうか。

同県人で高校時代から将来を嘱望されていた山口投手が、ベイスターズに入団したことは喜びでした。翌年ルーキーの年の6月、1軍デビュー戦で5回表2死まで走者を1人も出さない好投で、6回2被安打1失点という内容で初勝利を挙げたときには、将来のエースになることを確信しました。

さすがに高卒ルーキーがそのまま勝ち続けられるほどプロは甘くありませんでしたが、4年目の2009年、21歳にして開幕からリリーフとして1軍に定着し、好投を続けてシーズン途中からクローザーとなり、51試合の登板で5勝4敗18セーブ防御率3.27という成績をあげました。何と言ってもわくわくしたのは、奪三振68、奪三振率11.12という数字です。こんな投手はそうそういません。2009年と言えば、第二次大矢政権の最終年、この年も前年に続いて最下位となり先が見えない中で、私にとって山口投手は唯一の希望となりました。

翌年尾花監督にかわっても、最下位それも勝率が3割3分というようなダントツの最下位が続き、さらにはチームの中心選手だった内川選手、村田選手が相次いでチームを去り、この頃は文字通りの暗黒時代でした。その中で山口投手は連続30セーブをあげています。2012年、DeNAベイスターズになりましたが、やはりこの年も5年連続の勝率3割台での最下位に沈みました。この年の山口投手は22セーブで3年連続30セーブは逃しましたが、チームがリードして終盤を迎えることが少なく、セーブ機会があまりなかったためもあります。このあたりから私は、山口投手を先発で投げさせたいと思い始めました。

翌年2013年になると、リリーフに失敗することが多く、クローザーをソーサ投手に取って代わられました。一部のファンから罵声を浴びせられるようになったのも、この頃からでしょうか。私はクローザーとしてあれだけ貢献した山口投手に対する声があまりに理不尽に思え、このブログの中で何度も山口投手を擁護する記事を書きました。擁護するとともに、精神的にもっと成長して欲しいという希望も書きました。この頃の山口投手のことは、本当はやればできるのに人様にご迷惑ばかりかけている息子のように感じていたものです。また、リリーフとして結果を出せなくなった山口投手に、先発に再転向してエースになって欲しいとも思い始めました。もともとリリーフは一時的なものだったはずなのに、チーム事情からクローザーをやらざるを得なくなったのだし、毎年春のキャンプではリリーフ投手であるにもかかわらず200球以上を投げる日があり、多くの球数を投げるスタミナがあることは分かっていたからです。そして2014年途中から、実際に先発に転向して結果を出したのでした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2014年t
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

山口投手退団の報に、めらめらと闘志がわく。

若狭の浜っ子さん、コメントありがとうございます。

そうですね、それが誰であれ、ワンマンチームには限界があります。

むしろ選手全員がレベルアップし、先発投手とリリーフと野手の守備と打撃がかみ合うチームの方が、強いのだと思います。

山口投手退団の報に、めらめらと闘志がわく。

流星群疾風の如くさん、コメントありがとうございます。

私も山口投手の穴を埋めてくれるのは、三嶋投手だと期待しています。

でも私は、ストレートとフォークで三振を取る山口投手の亜型から脱却し、ストレートとスライダーとチェンジアップで高率よくアウトを取れる新三嶋投手への変身が完成したときこそ、それが可能だとも思っています。

山口投手退団の報に、めらめらと闘志がわく。

Machoさん、コメントありがとうございます。

私も三嶋投手にはかなり期待しています。来季のローテーションに確実に入ってくる投手だと思っています。

「山口投手退団の報に、めらめらと闘志がわく。」へのコメント

コメント失礼します。

私も悲観はしていません。

コメ主様の仰る通り、若く力のある投手が多くいます。

山口だけのワンマンチームでは無いのです。

先発は井納、石田、今永を軸に久保康、期待のウィーランド、ベールを脱ぐのか飯塚、開花を期待する三嶋等、楽しみな人材が揃いました。

中継ぎも田中健、須田、三上、パットン、砂田(先発より中継ぎ向き)、熊原、小杉と揃っています。

最後は山崎です。

と、挙げるだけ挙げましたが、質、量とも申し分無いと思います。

長文失礼しました。

こんな記事も読みたい

非常に残念だ-山口投手について【DeNAベイスターズウィークリー評論】

山口俊、退団。今までどうもありがとう。【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

祝*新人王高山選手【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

道はここで分かれる。山口選手との別れ。【ベイスターズファンの慟哭】

オフの話・番外:山口選手について(2)【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

* 続・黒田クンがカープに残したモノ、三浦クンがベイスターズに残したモノ。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ウィンターリーグ第2戦速報 青柳選手1ヒット1打点1得点、熊原投手代走レフト守備で、9回逆転勝ち【YOKOHAMA lover】

契約更改11月28日 須田投手の最大の評価、梶谷選手もアップ、国吉投手はダウン【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:874
  • 累計のページビュー:19915955

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. DeNAの功罪と最大の危機
  7. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss