YOKOHAMA lover

筒香嘉智とは何者か3 ”つくられた左打者”の理論を越えたホームランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球の歴代本塁打記録ベスト20です。

順位 選手 本塁打 実働期間 試合 打数 1 王 貞治 868 (1959-1980) 2831 9250 2 野村 克也 657 (1954-1980) 3017 10472 3 門田 博光 567 (1970-1992) 2571 8868 4 山本 浩二 536 (1969-1986) 2284 8052 5 清原 和博 525 (1986-2008) 2338 7814 6 落合 博満 510 (1979-1998) 2236 7627 7 張本 勲 504 (1959-1981) 2752 9666 7 衣笠 祥雄 504 (1965-1987) 2677 9404 9 大杉 勝男 486 (1965-1983) 2235 7763 10 金本 知憲 476 (1992-2012) 2578 8915 11 田淵 幸一 474 (1969-1984) 1739 5881 12 土井 正博 465 (1962-1981) 2449 8694 13 ローズ 464 (1996-2009) 1674 6274 14 長嶋 茂雄 444 (1958-1974) 2186 8094 15 秋山 幸二 437 (1981-2002) 2189 7997 16 小久保 裕紀 413 (1994-2012) 2057 7474 17 中村 紀洋 404 (1992-2014) 2267 7890 18 山崎 武司 403 (1989-2013) 2249 7148 19 山内 一弘 396 (1952-1970) 2235 7702 20 大島 康徳 382 (1971-1994) 2638 8105 20 原 辰徳 382 (1981-1995) 1697 6012

多くは右打者で、左打者も王さんを筆頭にもともと左利きの選手が多く、右投げ左打ちの”つくられた左打者”は、金本さんぐらいしかいません。もちろん、松井秀喜選手はMLBの成績も入れた日米通算ではベスト10に入るし、20位以下には、小笠原、阿部、掛布選手というビッグネームが入って来ますが、それでも右投げ左打ちのホームランバッターは、やはり少数派です。

横浜・筒香はニュータイプ?理論を超えた本塁打王を目指す!NumberWeb2010/01/19 

「右投げ・左打ちは体の自然な動きに逆らっている」 「右投げ・左打ちは利き腕が右になるわけですけど、バットを振る時に使う筋肉とボールを投げる時に使う筋肉は使うところが違う。ここに無理が生まれる」

私は素人なので理論的には説明できませんが、つくられた左打者がホームランバッターとして大成することは、めったにないのだということは分かります。その常識を、筒香選手は覆そうとしています。

あの松井秀喜が苦しみつづけ、筒香嘉智が克服した「欠陥」とは?NumberWeb2016/08/05

落合さんが松井選手を評してこんなことを言ったことがあるそうです。

「アイツ(松井選手)にはバッターとして重大な欠陥があるからな」「あの打ち方じゃ、逆方向に強い打球は絶対に飛ばせない。ゴルフでいうスライス(左打ちなら弱々しく左方向に曲がっていく球)しか出ないんだ。」

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

筒香嘉智とは何者か3 ”つくられた左打者”の理論を越えたホームランキング

gorillapotatoさん、コメントありがとうございます。

返答が遅くなりました。申し訳ありません。

日本人初のスイッチヒッターのホームラン打者。見てみたかった気もします。

でも、松井選手がついに克服できなかったという、右投げ左打ちの打者のウィークポイントを完全に克服し、プロ野球史上最高の右投げの左打者になっていくのも、見てみたいです。筒香選手にはそれが可能と思わせる、スケールの大きさがあります。

「筒香嘉智とは何者か3 ”つくられた左打者”の理論を越えたホームランキング」へのコメント

「左投手でも苦にしない」なんて
こんな低レベルな枠にはめてほしくはなかったですよね。

筒香には日本人初?の
スイッチホームラン打者になって欲しかったし、なれましたよね。
これもまたTBS時代が残した負の遺産なのかもしれませんよね。
大谷君より年下だったらもしかしたら、
左打者に専念なんて小さくまとめようとはしなかったかもしれません。

残念です。

松井秀喜も引退後左打者に専念したことを悔やんでましたからね。

左打者は有利なんて簡単に言う時代は終わりつつあるのかもしれませんね。

こんな記事も読みたい

鯨の遺伝子的妄想ドラフト2016 vol.2【鯨の遺伝子】

横浜最強の部隊【毎日明日を信じる大洋ファンのブログ2】

追い込まれてきましたが・・・2010シーズンのこともあるし【南の島からホークスを応援する】

ラミレス監督とベイスターズ【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

だから野球を愛する者は三浦大輔を愛す[9月19日~25日]【ベイスたんのブログやよ!】

検証 TBSベイスターズとは何だったのか?【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

筒香嘉智とは何者か2 異次元の勝負強さを持つ打者【YOKOHAMA lover】

人事を尽くして【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

ブロガープロフィール

profile-iconhamatom

1978年、球団が横浜に来て以来のファンです。当時は東京から応援していましたが、今では横浜市民です。
  • 昨日のページビュー:6239
  • 累計のページビュー:19376319

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 人的補償に小林太投手、楽天にユーキリス 今朝のニュースから
  2. 巨人からの人的補償を予想する
  3. ドラフト全選手への指名あいさつが終わり、スカウトを評価する
  4. 巨人からプロテクトリストが届く 人的補償に伴ういくつかの疑問
  5. 日ハム←→巨人電撃トレード DeNAの今後の補強は?
  6. 年俸総額ランキングから見る、来季セ・リーグの展望
  7. DeNAの功罪と最大の危機
  8. 2011年のドラフトとは何だったのか 紅白戦の飛雄馬、渡邊、桑原、高城選手を見て
  9. 白根選手とソフトバンクの3軍制
  10. 戦力外と補強を妄想する

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss